タグ:開化堂 ( 2 ) タグの人気記事

f0374092_11565702.jpg


saoriさんと次に向かった場所は



2016年、5月京都の老舗の茶筒店「開化堂」がopenした

Kaikadou

昭和の初めに市電の車庫兼事務所をリノベーションし、

1階にはカフェ


f0374092_12071718.jpg


f0374092_12080013.jpg




f0374092_12021081.jpg



2階にはギャラリーができました。


ギャラリーへ向かう階段も昔の面影の残した造りです。



f0374092_12041475.jpg



1階の入口近くには、茶筒が展示され

経年で色がどのように変化していくのかが

こちらの棚では、一目瞭然でわかります。

銅、真鍮、ブリキ

三種類の金属が使われた茶筒

銅のように色がすぐに変化するものもあれば

ブリキは20年以上かかるそうです。

こちらのお店の茶筒の特徴は、気密性に優れているところ。


f0374092_12091478.jpg

新品の茶筒


f0374092_12095421.jpg

昭和の古い建物は、天井が高く、

窓からの光もそぞぎ、とても明るく

白木の家具や

茶筒や、銅製品が映える

美しいインテリア


f0374092_12113877.jpg


f0374092_12115486.jpg

お砂糖入れも開化堂製



f0374092_12121888.jpg

茶筒からオリジナルのコーヒー缶

お店のオリジナルコラボ商品がまた魅力的で

中川ワニさんのコーヒーと信三郎帆布のバッグ

そして開化堂の茶筒の三点セット


f0374092_12144237.jpg

水だしアイスコーヒーと

チーズケーキか最中か

迷った結果、最中に決定!!

クリームやガムシロップ入れも

開化堂製

素敵。。。



f0374092_11563808.jpg

神戸まで、帰るのは、とても名残り惜しいけど

また、帰省したときは、おしゃべりしようね。

楽しい一日ありがとうございました。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-08-23 11:13 | カフェめぐり | Comments(4)

コーヒーグッズ

以前は紅茶党だった私ですが、

最近コーヒーも同様に好きで

年齢を重ねてブラックコーヒーを飲めるようになりました。


f0374092_15025459.jpg


ここ数年友人と都内の東日本橋

都内 浅草 田原町




横浜 元町


北鎌倉
横浜 港北







京都






横須賀などのカフェめぐりをしていて

一昨年の秋、横須賀のtsukikoya
という

カフェに行き、カフェの2階にあるアトリエで

カッコイイカフェグッズを見て以来、

挽いた豆だけでなく自分も時々

豆を挽いてコーヒーを入れることが好きになりました。

f0374092_15434711.jpg


友人からいただいたケメックスのコーヒーメーカー


opaのケトル、北欧のものです。



茶筒に見えますが

これは、京都の開化堂さんの

コーヒー入れです。

京都のことが好きになってから、寺社や文化、工芸品などにも

興味をもつようになり、

長い間、ずっとほしくて。。。

東京でも六本木のミッドタウンや

高島屋などデパートに行けば買えるのですが

買う時には京都のお店で買いたかったのです。

一昨年五条方面に行くことがあり、

少し足を伸ばして

念願の開化堂さんに行ったのは、もう1年半も前になります。

開化堂のお店の方が

「この茶筒自体が冷凍庫のような役割をしてますので

けして冷凍庫には入れないでくださいね。

そして毎日やさしく触って育ててください」と言われました。

数年、経ったら、私色に育ってくれるでしょうか。


f0374092_15030696.jpg
おやつにいただいたのは

桜のクグロフをベリーのデニッシュパイ





コヒー用の茶筒には、軽量用の

コーヒースプーンがつきます。

f0374092_15035047.jpg

恥ずかしながら、初にお見せします。

築年数の経ったキッチンですが。。。


最近北欧のケトルをお迎えしました。

友達に一番ほしいキッチン雑貨は?と聞かれて

ケトルがほしいけど

「理想のケトルに出逢えない。。。」と

いつも漏らしていたのですが

1年ほど前ネットでこのケトルを見つけたのですが

ずっと欠品中で

ようやく何年経ったことでしょう。

理想のケトルがわが家にやってきました。

映画「かもめ食堂」にも登場したケトルです。

これなら、注ぎ口が細いのでコーヒーも淹れることができます。



それぞれ大切に使っていきたい宝ものです。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-04 15:40 | カフェタイム | Comments(10)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura