人気ブログランキング |

タグ:鎌倉 ( 137 ) タグの人気記事

鎌倉散歩 新店と移転

予約投稿です


先日、友人と鎌倉のお料理教室に行きました。




教室が始まる前、ぶらりプチ鎌倉散歩

(今回もスマートフォンで)


f0374092_18151511.jpg

大磯で人気のアジアン料理のお店

PHO RASCALが

鎌倉へ移転

連日行列の人気、開店前に並んで一巡目に入ることができました。


ベーシックなチキン・フォー

ライムを絞って

鶏とハーブの心地よいハーモニー

爽やかだけど、旨味とコクもしっかりあって。。。

違うフォーも食べてみたい。

サイドメニューの

春巻きと煮卵もオーダーしました。


大満足のランチをいただいた後は

ランチ前に気になっていた

若宮大路にあった移動花屋さんguiさん

長野の花農家さん片桐さんのお花をもって

一日限定の花屋さんとワークショップを

鎌倉コバカバさん前でopen



ピンクのアナベルと深みのある紫陽花が気になっていました。



f0374092_18270234.jpg

この日は夕方までお料理教室があるので

持ち歩かなければならないことをお話したら

丁寧に紫陽花の水揚げの処理をしてくださった店主さん

以前、東京のテレビ局のアナウンサーとして10年間、活躍され、その後

フラワーアーティストとして再出発

都内や鎌倉を中心に移動花屋さんとして活動されています。


f0374092_18273265.jpg

前田有紀さん





その後御成り通りへ移動して

チョコレート専門店に行ったのですが

それは、また後日に。


f0374092_00195177.jpg


お料理教室の先生のアトリエの下に

フランスブロカントのお店

Five from Groundさんがあります。

フランスアンティークでも

どちらかというと渋い系のテイスト

乳白色のお皿やカトラリー、古書など

今回、7月いっぱいで

鎌倉から北海道へ移転されるそうで。。。

残念、

7月半ばまでセールなので

小物を少し買いました。

中の撮影はNGなので外観のみ

f0374092_00251478.jpg

寒い時季は、イベントでアンティークを売りに

来られるそうです。



鎌倉も新しいお店、移転するお店があり

出逢いもあれば、別れもある。






by teineinakurasi | 2019-07-13 15:00 | 鎌倉

Garage Bluebelle


鎌倉散策を終えた後は、

久しぶりに小町通りの路地を入り

線路沿いにあるTea Roomへ

以前は、古民家カフェでしたが昨年リニュアルした Garage Blluebelleさんへ


スコーンセットをいただきました。


f0374092_17481982.jpg


アンティークの椅子や電気スタンドは、

古民家カフェの時と変わらぬまま。


f0374092_17520461.jpg


↓↓↓

古民家カフェだった頃





靴を脱いでお家に上がるスタイルは同じです。




f0374092_17513146.jpg




f0374092_17583476.jpg




f0374092_17584960.jpg


庭にやって来るスズメたちも

以前と同じように、餌を啄みにやって来ます。





建物は、新しくなっても

どこか懐かしい雰囲気は変わりません。



イギリスの旗ユニオンジャックが目印



f0374092_18041397.jpg

かほさんのしあわせcafe時間のタグ

お借りしています。





by teineinakurasi | 2019-07-11 18:08 | カフェめぐり | Comments(6)

鎌倉 寿福寺





f0374092_21133043.jpg



鎌倉五山第三位

格式のある禅寺 寿福寺

参道の石畳は、「桂敷き」で

鎌倉随一美しい参道と云われ

約300メートルの長さだそうです。

寺を創立したのは北条政子、開山は栄西。

寺の奥にある墓地には、北条政子や源実朝の墓があります。




f0374092_21130277.jpg





f0374092_21261158.jpg


苔の緑が美しい。



f0374092_21294058.jpg





f0374092_21300469.jpg






f0374092_21303601.jpg





f0374092_21310219.jpg


あじさいもひっそりと

咲いていました。



f0374092_21325968.jpg





by teineinakurasi | 2019-07-10 21:36 | 鎌倉 | Comments(6)

英勝寺 竹林



昨日から引き続き

鎌倉 英勝寺の初夏の風景

書院の窓に

緑のリフレクション



f0374092_18331098.jpg





f0374092_18333611.jpg



鎌倉で竹林のお寺と言えば

報国寺ですが

数年前とは、違ってとても賑やかになってしまい


静寂を求めて竹林に行くので

最近はこちらのお寺に行っています。


f0374092_18363244.jpg




f0374092_18365625.jpg


緑も梅雨の雨で

豊かになり、



f0374092_18362375.jpg



f0374092_18443181.jpg






f0374092_18384805.jpg



ちょっとした森林浴


f0374092_18391892.jpg



萩の緑も濃くなってきました。




f0374092_18421711.jpg



f0374092_18424037.jpg



まだまだブルーのあじさいも色鮮やか




f0374092_18414544.jpg





by teineinakurasi | 2019-07-09 18:48 | 鎌倉 | Comments(4)

鎌倉 英勝寺 あじさい


f0374092_22531722.jpg


鎌倉のあじさいも終盤を迎えています。

↑のあじさいは、

扇ヶ谷の海蔵寺の帰り道で出会ったあじさい。


あじさいは、咲き進むとガクの色が変化し

アンティークカラーになっていく様子も好きです。


7月2日撮影

f0374092_22560930.jpg



向かったのは鎌倉の尼寺、「英勝寺」

前のブログで紹介した海蔵寺からは、歩いて

7,8分の場所

横須賀線の線路沿いにあり、この地は

旧太田道灌屋敷跡、

それ以前は源頼朝の父、義朝の住居があった場所とされています。

源氏発祥の地、

徳川家康が源氏の血筋であることを理由に先祖の地である

鎌倉の復興に務めたそうで

家康の寵愛を受けた「お八」後の「お勝」



お勝が出家し「英勝院」と改め

後にこの地に寺を建てたのが英勝寺なのです。





f0374092_22595797.jpg



初秋には、彼岸花が咲き、多くの参拝客が訪れますが

あじさいの時季は穴場かもしれません。

まだまだ色鮮やかに咲いていました。



f0374092_23013108.jpg




f0374092_23014830.jpg




f0374092_23020984.jpg


写真を撮っていると騒がしい鳴き声がして

蛙でもないし、なんだろうと

上を見上げたら「台湾りす」でした。



f0374092_23022612.jpg


木の枝を走る様子は

よく見かけますが

鳴き声を聞いてリスだと認識したのは、初めて。

外来種なので

観光客は喜びますが、

地元の人には歓迎されません。




f0374092_23043538.jpg



f0374092_23084539.jpg



f0374092_23090370.jpg



f0374092_23093535.jpg

6月は賑わいを見せた鎌倉も

7月になると

あじさいの季節も終わりに近づいたのか、

この日は平日だったので

とても静か


f0374092_23095987.jpg


アガパンサスも咲いていました。



f0374092_23103491.jpg


英勝寺

あともう少し続きます。。。


umiさんの「ゆるっと紫陽花fes」

タグお借りしています。






by teineinakurasi | 2019-07-08 14:58 | 鎌倉 | Comments(6)
f0374092_14244006.jpg

明後日は七夕


7月2日鎌倉鶴岡八幡宮へお詣りに行きました。

今月は、私にとって特別な月になるので

心新たに、お詣りしてきました。



6月は、賑わいをみせた鎌倉の街も

7月初めの平日の午前中は、

参拝客も少なめで静かです。





f0374092_14274945.jpg



段葛もいつも溢れんばかりの人の波ですが。。。

午前中の早い時間は

空いていました。




f0374092_14291243.jpg





f0374092_14292865.jpg


7月は七夕祭りがあるので


吹き流しが飾られていつもの佇まいよりも


華やかになります。






f0374092_14302226.jpg





f0374092_14295218.jpg


源氏池の蓮は白



平家池の蓮はピンク色


f0374092_14310510.jpg



f0374092_14312217.jpg


神の使いである白い鳩も


弁天様が祀っている小島で仲良く暮らしています。



f0374092_14322051.jpg



f0374092_14323922.jpg


木の短冊や梶の葉を模ったものに

願い事を書きました。





f0374092_14333770.jpg


巫女さんにお祓いをしてもらってから



f0374092_14341395.jpg


縄に結びます。



f0374092_14344525.jpg



f0374092_14345820.jpg



f0374092_14384617.jpg


鎌倉銘菓の「鳩サブレ」の豊島屋さんも


七夕の飾り付けがされていました。






by teineinakurasi | 2019-07-05 11:59 | 季節の行事 | Comments(8)


f0374092_10185766.jpg


北鎌倉と鎌倉の中間地点にある谷戸に囲まれた

扇ヶ谷の海蔵寺

f0374092_10270347.jpg


今回は、鶴岡八幡宮の七夕に行った後

訪ねました。





7月初めの鎌倉は6月のあじさいの大混雑が嘘のような

静けさが戻ってきていました。

f0374092_10255809.jpg


この時季はあじさいの色も少しずつ変化を見せて

退色してきたりしているのもありますが

またそれも趣きがあって私は好きです。



f0374092_10262726.jpg

どちらかと言えば、湿度が

高めの場所なので

草木も緑が濃く



f0374092_10350142.jpg

あじさいは、額あじさいが中心


こちらのあじさいは、「恋路ヶ浜」

葉っぱに白い班が入って

とても涼し気です。





3月の枝垂れ梅が咲く頃以来です。

↓↓↓



あじさい以外の初夏に咲く花




+++++++++++++++++++



海蔵寺は

四季折々の花を愛でることができ

お庭も美しく北鎌倉のお寺と同様に、よく訪れます。




f0374092_10235781.jpg


今回、私の好きな花

夏椿が少し咲いていました。




f0374092_10244205.jpg

苔に落ちた散り椿


風情があります。


f0374092_10304213.jpg



京都の有名なお寺には、到底敵いませんが

鎌倉でもこういう風情ある景色が見られるようになってきたのは

私にとっては驚きと同時に嬉しいこと。




f0374092_10322387.jpg


今年はノウゼンカズラの咲き具合が

いまひとつのようです。

昨年と同じ時季に行きましたが

花の咲くのが遅いのでしょうか。





f0374092_10332774.jpg

昨年ノウゼンカズラが満開の時

↓↓↓





f0374092_10371774.jpg


そして7月と言えば


桔梗


f0374092_10374901.jpg



6月から7月にかけて咲く

あじさいや夏椿、半夏生、桔梗


私が大好きな花がコンパクトなお庭ですが


観賞できて

大満足の一日でした。


鎌倉のお寺には、こうした

やぐらがあちらこちらで見られます。




f0374092_10381012.jpg



このお寺は特に

梅雨時はシダに覆われて独特な雰囲気になります。



f0374092_10382867.jpg



f0374092_10505092.jpg


夏萩も少し咲いているのか、

花びらも落ちていました。

秋になると

萩の寺として多くの人が訪れます。






by teineinakurasi | 2019-07-04 11:00 | 鎌倉 | Comments(6)

鎌倉 海蔵寺 半夏生


前日のブログ記事は

野生の半夏生の群生でしたが

今日は、昨日行ってきた7月の鎌倉 海蔵寺の半夏生

本堂の後ろの庭園

f0374092_10513280.jpg



拝観者は

やぐらがある場所から

少し眺めることができます。



f0374092_10514914.jpg



f0374092_10522605.jpg






f0374092_10510116.jpg







f0374092_10520466.jpg


池には睡蓮も。。。





f0374092_10511418.jpg



木々の緑、

苔の緑、緑のグラーデションを

眺めることができます。




f0374092_10522605.jpg





f0374092_10532224.jpg


扇ヶ谷と呼ばれる

谷戸に囲まれた

静かなお寺、

四季折々の花が少しずつ境内を彩って

拝観者を愉しませてくれます。

最近はウエディングの前撮り隊に遭遇することが多かったのですが


この日は、訪れる人も少なく

静かな時間を過ごせました。


私が鎌倉散策初めた頃は

(私が知らなかっただけなのか)











半夏生が咲く寺院はあまりなかったのですが

最近少しずつ増えてきました。



昨日は小町通りの入口にある花屋さんにも

半夏生の鉢が植えてあり

鎌倉は、そういう風情を好む人が多く住む場所なんだなと思いました。






by teineinakurasi | 2019-07-03 11:17 | 鎌倉 | Comments(6)

極楽寺のあじさい



f0374092_22113784.jpg

極楽寺

カラフルなあじさいに囲まれています。


陽射しが強くて。。。あじさいも

元気がありません。




f0374092_22140963.jpg



日陰のあじさいは、元気






f0374092_22144312.jpg


成就院もそうでしたが

この界隈は、「うず紫陽花」が多いです。




f0374092_22153725.jpg


睡蓮




f0374092_22165004.jpg





f0374092_22170756.jpg




f0374092_22172348.jpg





f0374092_22174856.jpg


駅の近くまで来ました

野生のあじさいの群生





f0374092_22182665.jpg


お寺に咲くあじさいも綺麗ですけど


ワイルドなあじさいも

惹かれます。


f0374092_22184059.jpg

この色鮮やかな

ワイルドなあじさいの道路隔てた反対側は

夜になると無人駅になる

小さな駅ですが

テレビでよく登場する鎌倉で有名な駅




f0374092_22190380.jpg


駅にも紫陽花の鉢植えが。。。


あじさいの街、鎌倉。

鎌倉は海、山、寺社、至る所で

美しい色や形を変えて

それぞれの場所できっとお気に入りのあじさいに出会えるはず。

毎年鎌倉のあじさいを見に行きたくなるのです。




極楽寺界隈は鎌倉を舞台にしたドラマや映画がいくつかあります。

なつかしいドラマでは

「俺たちの朝」や

最近のドラマは、

「最後から2番目の恋」

映画では、是枝監督の

「海街ダイアリー」



f0374092_22193670.jpg


最後は、やっぱりこの風景を撮らなきゃ、少し粘って待ちました。






f0374092_22203462.jpg

これで、6月の鎌倉あじさい散策は終了です。






7月もまだ紫陽花が咲いているお寺もあるので

本格的な夏になるまでに

梅雨の鎌倉の写真を撮りに行けるといいなと思っています。







by teineinakurasi | 2019-06-29 22:55 | 鎌倉 | Comments(6)

成就院のあじさい sanpo



江ノ電の長谷駅から極楽寺にかけての

あじさい散策

坂ノ下エリアで休憩した後は

海の見えるお寺へ

f0374092_10561614.jpg

成就院




数年前参道整備の為




f0374092_10564960.jpg


しばらくあじさいは見ることができなかったのですが



2010年、あじさいが沢山咲いていた頃の成就院

↓↓↓




f0374092_10571912.jpg


昨年あたりから

少しずつですが、あじさいも増えてきました。




f0374092_10580178.jpg

参道には渦あじさいや


f0374092_10584767.jpg

葉っぱに白い斑が入った

恋路ヶ浜も咲いています。





f0374092_11013143.jpg


境内は、紫陽花は少ないですが

お花のしつらえが可愛い。


f0374092_11024048.jpg



f0374092_11030384.jpg





f0374092_11032411.jpg




大好きな半夏生も咲いていました。

f0374092_11040737.jpg



半夏生は、曇り日や小雨の日が似合いますね。。。






f0374092_11004555.jpg


坂の上からもう一度

海とあじさい


長谷寺の風景とは

また違っていますが、

海街、鎌倉の壮観な眺めでした。


あじさいめぐりもいよいよ最終章です。




by teineinakurasi | 2019-06-28 21:27 | 鎌倉 | Comments(10)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura