如月

2月になりました。

1月は、なんだかあっという間に過ぎてしまったような。。。



f0374092_16321939.jpg

今日は、ようやくお正月や和の飾り物を片づけて

2月らしい冬のインテリアに替えてみました。

白い棚を数少ない北欧グッズでまとめてみました。





f0374092_16331413.jpg



ポットはイギリス製ですが

暖かみのあるポットウォーマーと一緒に

ちょっとしたお茶のコーナーのイメージで。。。





f0374092_16335196.jpg






f0374092_16361379.jpg




1月お正月飾りを片付けてからは

和のイメージのものを置いていました。


お花は水仙





f0374092_16372014.jpg




先日、歯医者の帰り

お寺の門前のお花屋さんでチューリップを3本(白系2本、黄色一本)買ったら

お店の人がピンクのチューリップをおまけしてくれました。




f0374092_16404224.jpg


シナモンロールが美味しそうだったので

買ってしまった。。。





f0374092_16413761.jpg


和紙でできた

雪の結晶、窓ガラスに貼りました。


雪がめったに降らないので

気分だけでも。。。。



f0374092_16430955.jpg


昨年12月に受けた

京都検定試験が受かりました。

東京でも試験会場があるので

久しぶりに大学の大きな教室で試験を受けました。


何年ぶりでしょうか。。。



来年は次の級へチャレンジです。


↓↓↓にも

東京国際キルトフェスティバル 小関鈴子 モードな世界を更新しました。




更新を通知する


by teineinakurasi | 2019-02-01 16:49 | 日々のこと | Comments(8)

f0374092_17221046.jpg

冬は、乾燥しているので

秋にドライになった花が

まだ、色褪せずに残っています。


花が少ない時季なので

冬ならではの愉しみ。






f0374092_17234312.jpg


f0374092_17250109.jpg

RARI YOSHIOさんの週めくりのカレンダー

以前の写真なので、

6日までになっていますが。。。(汗)




実際は、今週のものに替えています。





f0374092_17252955.jpg


こちらは、ドライフラワーではありませんが

秋の終わりに買ったバラの実

まだまだ鮮やかな赤です。


クリスマスからお正月、そして1月も

少しだけ、和小物をかけてみたり

新春らしく、(下手ですが私の手作りの刺繍)

梅の花の刺繍の額も出してみました。



by teineinakurasi | 2019-01-15 06:21 | インテリア | Comments(6)

冬の寄せ植え


冬に向かって花の苗を少しだけ買って

クリスマスからお正月にかけての寄せ植えをしました。


シクラメンと葉ぼたん、プリムラと

早春や冬の花をメインに

バックに柔らかい色の葉や花で高さを出しました。


今年はめずらしくオリーブが何個か

実りました。



f0374092_22232581.jpg


f0374092_22235726.jpg

小さな鉢にはビオラ



f0374092_22241872.jpg


チューリップと水仙、ムスカリも植えました。

昨年からの球根は

もう芽がでてきています。


夏の間、ベランダは水やり程度で後は

放置状態だったので反省。

帰省中、息子が水やりをがんばってやってくれたので

寄せ植えも元気で、ムスカリは、

球根の芽が、もう出てきました。


暮らし部門に応募します。




by teineinakurasi | 2018-11-29 17:59 | 暮らし | Comments(4)

秋の花生け


先月、

秋の花を使って花生けをしました。



秋桜、ジニア、スプレ菊、ベロニカ

落ち着いた秋色です。


f0374092_16473567.jpg


夏の暑い時季は

花を生けることもあまりなかったので

秋になって涼しくなると

花に触れると気持ちも穏やかになります。




f0374092_16500362.jpg


花を生けたら

その周辺も念入りに掃除をして

インテリアも

少し変えてみました。

秋冬仕様のクッションを出しました。



f0374092_16505291.jpg


お気に入りのロイドチェア




f0374092_16520376.jpg




******************************


秋色紫陽花

「水無月」


いつも、よく通っているお花屋さん

「水無月」のいいのが入ったからと

電話があり、

リーズナブルな価格で買えました。

ありがとうございます。


f0374092_16532682.jpg



************************


このダリアは

10月のアレンジメント教室で

使ったもの。

アレンジの先生の伝手で

八ヶ岳のお花屋さんが生産したダリアを使っての花生けでした。




f0374092_16541634.jpg



f0374092_16543137.jpg




くらし部門に応募します。





by teineinakurasi | 2018-11-02 19:31 | はな | Comments(6)

November


f0374092_16064115.jpg

今年も残すところ二か月。

10月生けたダリア

空気が乾燥しているので

枯れながらもいい色合いになりました。

枯れた花を飾るというのは、邪道かもしれませんが

春のような明るい色の花を生けるよりか

自然の流れのままに

愉しみたいと思います。



f0374092_16112713.jpg


今日買い物に行ったら、ハロウィン飾りは取り外されて

クリスマスの飾りもちらほら。。。


f0374092_16125187.jpg

この季節にぴったりのお皿に

木の実を並べてみました。


f0374092_16143004.jpg

最近はメールやライン

友人同士では、簡単に済ませてしまいますが

遠方の友人や目上の方に季節の便りを出すことがあるので

そういう時は

季節の絵柄の便せんや封筒を使います。


切手も手紙を受け取った時にほっこりした気持ちになってもらえるように

季節限定のものを選んで買っています。


紅葉や木の実、秋を綴った美しい切手を見つけました。


f0374092_16184133.jpg


くらし部門に応募します。




by teineinakurasi | 2018-11-01 16:24 | 季節のこと | Comments(2)

奈良 元興寺 秋の花々



石仏と彼岸花


f0374092_23102905.jpg



僧坊前には、たくさんの石仏があり

夏は桔梗と石仏が美しい。

そして秋は萩と桔梗が、咲いています。




f0374092_23064338.jpg




f0374092_23081744.jpg




f0374092_23100208.jpg


f0374092_23084558.jpg



f0374092_23163812.jpg


桔梗と白い萩の組み合わせも清楚な美しさ



f0374092_23093872.jpg


手水舎の花あしらい



f0374092_23111058.jpg

竜胆


f0374092_23113689.jpg


f0374092_23120124.jpg



f0374092_21503576.jpg


藤袴


秋の花々を

一度にたくさん見ることができる貴重なお寺です。



f0374092_23122375.jpg

ここは、元興寺内の休憩エリア

後ろにある塀は、元興寺の萩を刈り取ったものを

京都の職人さんが塀に仕立てたものだそう。


萩の枝の有効利用ですね。







by teineinakurasi | 2018-10-19 20:02 | 奈良 | Comments(2)

今年の中秋の名月

お彼岸前に帰省しました。

中秋の名月の前の日に

父と近くの公園に行き

芒をとって、買ってきたリンドウやワレモコウと

一緒に実家の庭に咲いていた花と一緒に生けました。

f0374092_21384423.jpg

母が生前京都の産寧坂辺りの焼き物屋で買ってきたウサギの人形。

月を描いたお盆と一緒に飾りました。

数日前に、一人で京都の街に行く機会があり

雨が降るなかその焼き物屋さんまで行きましたが

残念ながら定休日でした。

母が亡くなってからも数年お店のウインドウに飾ってありましたが

つがいのウサギのもう一匹はきっと誰かの元に行ったのでしょう。

まだ売っていたらもう一匹を連れて帰り

つがいにしてあげたかったのですが、残念です。

母も次回京都を訪れた時の楽しみに一匹だけしか

買わずにいたのだと思います。



昨日

台風接近の為、実家の庭の掃除や片付けをしていた時に

ふと目にとまった、木槿の花。

夏の盛りの頃と違い、花も小ぶりです。

一日花なので、

夏用の茶器に生けてみました。

父も喜んでくれました。

f0374092_21391820.jpg





by teineinakurasi | 2018-09-29 06:40 | 季節のこと | Comments(8)

四季折々の花が咲く東慶寺


夏と秋の花が同居していました。




f0374092_16524341.jpg


秋桜



f0374092_16474757.jpg

こちらは、高砂芙蓉


f0374092_16495257.jpg

女郎花と芒


f0374092_16502028.jpg

ヒオウギ


f0374092_16522223.jpg


f0374092_16531529.jpg


ホトトギス



f0374092_16534231.jpg



大毛蓼



f0374092_16542511.jpg


f0374092_16550276.jpg


彼岸花



f0374092_16552729.jpg


角トラノオ

f0374092_16561695.jpg


こちらの花は名前がわかりません



f0374092_16564236.jpg


f0374092_16573197.jpg


薄紫色の小さな花が群生して咲き

とても綺麗でした。




f0374092_16582203.jpg


東慶寺の萩は、まだもう少し先のようでした。






by teineinakurasi | 2018-09-21 17:06 | 鎌倉 | Comments(8)
敬老の日の三連休、残暑が残る鎌倉です。

風情のある北鎌倉へ。

小さな秋を見つけに行きました。

もうすでに入口の総門近くのもみじは、少し色づき始めていました。



f0374092_14155231.jpg





f0374092_14160589.jpg


11月下旬になると色づきが最高潮になります。



f0374092_14165841.jpg

鎌倉五山の禅寺。第三位

堂々とした山門です。


f0374092_14185798.jpg

円覚寺の塔頭、



f0374092_14273699.jpg

松嶺院、こちらのお寺は楚々とした茶花や山花が咲いていました。






f0374092_14272067.jpg

桔梗と萩


f0374092_14280488.jpg


秋の和花はしっとりとした美しさが素敵です。


f0374092_14285350.jpg




f0374092_14435279.jpg





f0374092_14291327.jpg


ワコモコウ



f0374092_14474998.jpg


シオン菊




f0374092_14293150.jpg


白い彼岸花も最近はよく見かけるようになりました。





f0374092_14365743.jpg



「紫式部」の仲間の木みたいですが

実が白いです。




f0374092_14295804.jpg


f0374092_14300945.jpg



カリガネソウ

初めて見ました。


f0374092_14314917.jpg

秋の花と言えば


秋明菊


f0374092_14322168.jpg


白と紅色が混ざった萩。




f0374092_14334938.jpg




f0374092_14375908.jpg


秋の可憐な花を眺めていると

暑さも忘れてしまうほど。。。


それにしても鎌倉も意外と萩の花が多いです。


昔、奈良時代には、「萩」の花が一番ポピュラーで

和歌にもたくさん詠まれたほど

萩の花に対する「秋」への思いが強かったのでしょう。

暑かった今年の夏ほど

(冬から桜を待つ思いと一緒で)

夏から秋を待つ「萩」の花に託す思いが、強かった年はありません。


萩の花を見て気温は暑いけれど

陽射しの強さ、吹く風の優しさに少しばかり秋を感じた一日でした。






by teineinakurasi | 2018-09-18 14:52 | 鎌倉 | Comments(2)

秋草

f0374092_17071054.jpg


女郎花、小菊、竜胆

スーパーの花売り場で、秋の花をそれぞれ買い、

籠へ。




f0374092_17083631.jpg

今朝は、

お香を焚きました。



f0374092_17094500.jpg


籠の中には、丼ぶり型の器に水を入れています。



f0374092_17105048.jpg


25年ぶりの

猛烈な勢力の台風。

西日本に上陸し、夜には、日本海に抜けるそうですが

しばらくは、風と雨に

注意が必要ですね。

被害が少ないことを祈るばかりです。




by teineinakurasi | 2018-09-04 17:15 | しつらえ | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura