あたみ桜

三連休に日帰りで熱海に行ってきました。
テレビで「あたみ桜」を中継しているのを見て
満開だし行ってみようということになりました。

早咲きの桜と言えば「寒緋桜」
そして、静岡の河津桜が有名ですが
あたみ桜という桜があることを初めて知りました。

f0374092_22133094.jpg
市内の中心部に流れる糸川遊歩道沿いに

あたみ桜の桜並木があります。

あたみ桜は、明治の頃イタリア人によってレモンやナツメヤシとともに
熱海にもたらされた木だそうで、
現在は市の木として指定されているそうです。


f0374092_22335156.jpg



f0374092_22160163.jpg

桜の木にはたくさんのメジロがやってきて

花の蜜を吸いに桜の木の間を飛び交っていました。


f0374092_22170871.jpg

最初は桜を撮ろうと思っていたのですが、

いつの間にか、メジロを撮るのに夢中になってしまいました。

f0374092_22180928.jpg
木の上でじっとしていなくて
直ぐに、飛んで行ってしまうので
なかなか思うようには撮れません。


f0374092_22282553.jpg



f0374092_22212623.jpg




ちょうど川沿いのビルでピンク色のビルがあり

f0374092_22363785.jpg

桜とマッチしていました。


f0374092_22232254.jpg


f0374092_22234180.jpg

f0374092_22240537.jpg

花も満開から少し過ぎたところでした。

海の近くまで行ってみました。

f0374092_22290472.jpg

この日は、気温も10度以上、上がって

春のようなほっとする暖かさでした。


f0374092_22305984.jpg

海の近くにも

「あたみ桜」が咲いていました。

あたみ桜は、一番早く咲く桜だそうで

これから、寒緋桜や、河津桜と咲いて

本格的な桜のシーズンになっていくのでしょうね。




小さい春、み~つけた!

[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-15 16:03 | | Comments(8)

f0374092_15463871.jpg

2017年
写真で振り返ることにしました。

春夏秋冬

マンションインテリアの味気なさを少しでもカバーし

季節感を感じられる空間にしたいと思っています。

生活雑貨など決して少ない方ではなく

どちらかと言うと多い方かもしれません。


今流行の断捨離やミニマムライフに逆行していますが。

ものがないのも味気なく、

私にとっては、生活に潤いがないように感じてしまいます。

適度にものがあって大がかりな模様替えをしなくても

雑貨やファブリック類で

一年を心地よく楽しめたらなと考えています。

10年ほど前にブログを始めたのは、インテリアやアンティークなどを通じて

共通の話題を共有できればなと思ったのがきっかけでした。

今は、家を整えるという基本から、

趣味のお菓子作りや写真、

そして旅行、散策

いずれにしてもカメラは私の大事な相棒です。


***************************

最近は、食べ歩きをする時間も増えて

もともと好きだったお料理にも

楽しくなり、

カメラを一眼レフに変えたことで

写真がクリアに写せるようになって

少しお料理やお菓子作りを頑張った日の記録として

写真におさめることにしています。



f0374092_15500287.jpg

そしてお料理を作ると

テーブルも美しく整えたくなるのです。

今年はのおせちは、

初めて市販のものを買いました。

節分は恵方巻。

3月はひなまつりのちらし寿司

4月、京都で買った竹かごで

お花見弁当を作りました。

5月は新緑、お豆さんを使って作った新緑のメニュー

海老の皮や出汁を使って作った海老カレー






お菓子も買うのも外食するのも好きですが

家で作るのも好き。

f0374092_15503534.jpg

1月は京都の長久堂の花びらもち。

2月はバレンタインのチョコレートケーキ

3月は、いちごやオレンジを使って

イチゴのパフェやフルーツサンド、イチゴのミルフィーユ

オレンジのタルト




f0374092_16492094.jpg
チェリーやベリーを贅沢に使ったタルト

今年初めて作った栗の渋皮煮

簡単に三層のゼリーが作れる市販のゼリーを使ったコーヒーゼリー


f0374092_16502259.jpg
市販のパンやガレットデロワ、

桜の塩漬けで作ったクッキー

友人からいただいた京都のクッキーの詰め合わせ

リンゴのワイン煮で作ったりんごのパイ




f0374092_16504318.jpg
市販の和菓子も盛り付けに工夫すると

お店でいただくような雰囲気に

夏から秋にかけては、和菓子。

葡萄ゼリーは我が家の定番。




f0374092_17025576.jpg


秋から冬にかけては

秋のフルーツを使ったお菓子を。

お月見には、秋らしい和菓子やうさぎの形をしたお饅頭


ハロウィンには

かぼちゃのパイやかぼちゃのプリン


クリスマスは、奈良で買ったシュトーレンと


わが家の定番キルシュトルテ


「暮らし部門に応募します。」




第二回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-30 17:13 | 日々のこと | Comments(2)
f0374092_21534834.jpg
新宿御苑

八重桜がたくさん咲き誇り

東京でも4月末までお花見ができます。


f0374092_00032621.jpg


f0374092_21545030.jpg



f0374092_21532992.jpg


御衣黄桜

咲き終わりですが

咲き始めは薄い緑色

咲き進むと白に変わり

ピンクも加わり

最後まで楽しませてくれますね。



f0374092_21560413.jpg


兼六園菊桜希少な桜です。

金沢の前田藩が京都御所から承った歴史のある桜です。

花びらが150~200枚ほどあり

菊のような形状の八重桜

花はほかの八重桜に比べて

少し地位様で葉っぱの下にたくさん花をつけているので見逃してしまいそうですが

この桜を目的に来られているご夫婦がいらっしゃって

教えてあげたら喜んでおられました。

花の中心がほんのり赤くてかわいいです。

兼六園に咲く兼六園菊桜は二代目で

初代(天然記念物)は枯れてしまいましたが

当時の佐野藤右衛門さんが

初代の桜の命を繋ぎ

「接ぎ穂」というやり方で現在も

兼六園で咲き誇っているそうです。








f0374092_21530647.jpg

関山(かんざん)

濃い深緑色の葉に

花も濃いピンク色が特徴


f0374092_21554991.jpg
鬱金(うこん)桜

咲き始めは

緑色で色が白に変わり

最後はピンクに





f0374092_21521603.jpg

f0374092_21520099.jpg
♪この木なんの木♪

(昔のCMに出てきそうな木の形)

気になる、気になる。。。木ですか・

それは、大きな八重桜の木


f0374092_21511904.jpg

関山桜がブランコしているみたい。。。



f0374092_21501086.jpg

まりのようにまんまる


f0374092_21490809.jpg

普賢象桜でしょうか。
(ふげんぞう)

八重桜は桜の終わりの時季に咲くので

ソメイヨシノみたいに

注目されませんが

種類も豊富で華やかですね。

f0374092_21505010.jpg

こちらでは沢山の桜の散った花びらを

花吹雪にする人でいっぱいです。

若い人たちだけでなく

主に海外の観光客かな。


f0374092_00022690.jpg



f0374092_00015817.jpg

散り際も

散った後も美しい。

また、来年に会いましょう。



私の桜ショット&お花見弁当
[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-30 14:48 | 東京 | Comments(4)

おつきあいいただいた

今年の春の桜、

いよいよ最終章になりました。

半木の道から岡崎、そして

平安神宮 応天門をくぐり、

境内へ

本殿の白虎楼の向うに側に見える

紅枝垂れ桜

都の優雅な桜と云えば

「平安神宮の枝垂れ桜」が思い浮かびます。



その優雅な佇まいは

桜の美しさに酔うという言葉が一番あてはまるかもしれません。



f0374092_21354081.jpg


紅の雲と

「細雪」に谷崎潤一郎が表現し

f0374092_21385380.jpg
天から覆い被さるような

一面の紅枝垂れ


今年で三度目ですが、桜の色も濃く紅色に近い状態でした。

この日は午前中、曇り空だったのですが

平安神宮に行ったら

雲が晴れて

青空も見え、

観光客も思ったよりも少なくて

ゆっくりと庭園を見ることができました。

その美しさにため息ばかり。。。


f0374092_21430044.jpg


平安神宮の桜は

3種類の桜の見方があると云われ

2番目の写真のように

仰ぎ観る桜、枝垂れる桜、水面に映る桜




f0374092_21433847.jpg

青丹の社殿に映える

紅枝垂れ桜の美しさに心打たれます。


f0374092_21444753.jpg



f0374092_21450984.jpg

ソメイヨシノや紅枝垂れ、大島桜など

いろいろな品種が美しく融合しています。


神泉苑は、作庭家

小川治兵衛氏によるもの。

池泉回遊式庭園


東神苑まで来ると



枝垂れる桜を

あらゆる角度から眺め


f0374092_21503561.jpg


栖鳳池に出てくると


今度は水面に映る桜


向うに見える泰平閣と一緒に

枝垂れる桜を眺めながら



f0374092_22023572.jpg




簾にかかる桜の愛らしさ



f0374092_21521194.jpg






f0374092_21525149.jpg



このあたりにさしかかると



庭園もそろそろ終わりに近づき



f0374092_21514229.jpg


栖鳳池に映りこむ水面の桜色に

立ち去り難い気持ちになります。


f0374092_21531783.jpg



神苑の外側から白虎楼と八重紅枝垂れ



f0374092_21534871.jpg



f0374092_21542381.jpg



左近の桜は、少し花の時季も終わりを迎えていました。


f0374092_21550131.jpg


今年の私の京都の桜も

これで終わりです。


父と見た桜、思い出と共に見た桜

京都のお友達と見た桜

今年も沢山の美しい桜を魅せてくれて

ありがとう。

次回は東京新宿御苑の

八重桜です。




私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-29 11:08 | 京都 | Comments(8)

京都 半木の道 2017 春



京都 半木の道

賀茂川沿いに

続く800mの紅枝垂れ桜の道

桜守
佐野藤右衛門さんが作られたそうです。


f0374092_16320399.jpg


全て八重紅枝垂れが植えられ

簾ごしに枝垂れ桜が掛かり

京都ならではの風情を醸し出しています。




f0374092_16350122.jpg


北山から北大路までの道を

対岸のソメイヨシノの桜の道と一緒に眺め

道行くひとたちは、

それぞれに記念写真を撮り

今年の京都の桜を満喫している様子。



f0374092_16295228.jpg




f0374092_16363344.jpg


洛北の桜は洛中よりも少し開花が遅く

帰省中に

見ることができるかどうか心配していましたが

咲き始めの八重紅枝垂れ桜は

瑞々しく紅色が濃くて

こんなにも美しいものなのかと

今までここ5年間、

京都の桜を見続けてきましたが

今年が最高の色でした。






雪柳がこんなにたくさん群生していました。


f0374092_16384805.jpg



f0374092_16415898.jpg

川べりをランニングしたり、

自転車に乗ったり、

飛び石を飛んだり、

心安らぐ風景がここにあります。



この桜は少し花びらが細い糸桜

今まで見た時は、

色が白っぽくなっていましたが

咲き始めはこんなに濃いピンク色なんですね。


f0374092_16440276.jpg
こちらの風景を見るといろいろな想いが重なって

涙が溢れてきます。

父も久しぶりに来れて本当によかった。。。






f0374092_16443280.jpg

後世までもずっと残してほしい桜の風景です。




More 半木の道を歩いた後は、岡崎へ
[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-28 06:20 | 京都 | Comments(6)


f0374092_21434714.jpg
京都の桜、後篇です。


私は、4月6日に岡崎から祇園にかけての桜を見ました。



4月12日

今年の春の京都は、二度目です。


父にとっては、今年初めての京都の桜。

私たちにとって、2012年、母と最期に観た桜は

やはり印象深く残っているので

今回は、府立植物園~半木の道~平安神宮のコースにしました。


府立植物園には

JRの京都駅から地下鉄烏丸線に乗り換えて「北山」で下車

半木の道も「北山」の駅から10分ほと歩くと

北山の橋に出ます。


鴨川の流れを聞きながらで桜を見ました

府立植物園は、

枝垂れ桜も、桜も種類が多く

広々とした敷地にのびのびと育ち、

お寺で見る桜とは違った印象で

春の植物との競演もあり、桜の園といった印象です。

撮影 4月12日


f0374092_21493222.jpg

f0374092_21512241.jpg

咲き始めの紅枝垂れは、なんと言っても紅色が濃くて

美しい。。。


f0374092_21521045.jpg


白い枝垂れや紅枝垂れの競演


f0374092_21525068.jpg
緑も加わって

f0374092_21541096.jpg



f0374092_21543249.jpg

f0374092_21545844.jpg

ソメイヨシノ


f0374092_21553197.jpg

八重紅枝垂れ桜


f0374092_21555536.jpg
こちらは、なんと

アメリカの桜です。


桜のほかにも

チューリップも見ごろを迎えていました。

植物園は、広くて

他にもみどころがたくさんありますが

今回次の目的地

(半木の道)に行くために
しだれ桜のところと山桜のところだけ見ました。



f0374092_21564320.jpg

f0374092_21565878.jpg

f0374092_21583249.jpg
半木の道の

紅枝垂れの桜の道は

次回更新します。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-27 11:55 | 京都 | Comments(6)

お花見弁当 2017

関東では、染井吉野はすっかり葉桜になり、今はふわふわ可憐な

八重桜の季節になりました。

でもこの時季、関東近辺では、もうお花見や桜気分の人も少なくなっていますが、

まだまだ八重桜も見ごろなので

私のブログは、しばらくお花見気分が続きますが、

ご容赦くださいね。



先週の日曜

お花見弁当を作りました。

f0374092_00393325.jpg


昨年京都で買った竹かご

豆皿や小鉢にお料理を入れて

京風お花見弁当です。


残念ながら、この日は桜の花を手に入れることができなかったので

桜のコースターや

造花の桜の花びらなどを散らしてみました。。。



f0374092_00453374.jpg


*手前の桜の花びらのお皿には 鯛の昆布〆

*ぼんぼり型の小鉢には わけぎとホタル烏賊のぬた

*桜色のお皿には 出汁巻き卵、菜の花のからし和え、スナップエンドウ、海老、桜の生麩

生麩の田楽木の芽添え

*奥の桜の花びらのお皿、苺

*若竹煮

*鰆の味噌漬け



春慶塗りの重箱にも詰めてみました。

桜湯を添えて。。。


f0374092_00424431.jpg


箸置きもさくら




f0374092_00420327.jpg


御飯は、季節の筍を

炊き込んで「筍ごはん」にしました。




f0374092_00401547.jpg



母が作った縮緬細工も飾りました。



f0374092_00394821.jpg



f0374092_00435588.jpg



f0374092_00454471.jpg


松江のお茶菓子を添えて

春らしい色のお干菓子です。






昨日鎌倉のお花屋さんで八重桜を買い


家で、八重桜のお花見。

明日はお天気も良さそうなので

八重桜を見に行こうかしら。。。




f0374092_16050590.jpg





私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-22 21:23 | 和食 | Comments(0)

祇園白川の桜 2017 春

円山公園の桜に別れを告げて

最後に訪れたのは、祇園白川

少しずつ

日も暮れ始めて

花街の町家の明かりが灯り始めると

昼間の桜とは、また違った

艶っぽさを魅せてくれます。



f0374092_21294895.jpg


紅白の枝垂れが

ちょうど見ごろで、

祇園を愛した歌人「吉井勇」の歌碑が建っています。

「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる」

f0374092_21354096.jpg


ここ数年何度も京都に来ているけど

こんなタイミングよく両方きれいな時に来たのは初めてのような気がします。

祇園白川は、清水寺や他の寺社とともに

京都屈指の観光スポット

柳とからめて撮りたかったけど


最近は写真撮るのも至難の業

かなり体力、精神力が必要。

私は忍耐力がないので難しい。


巽橋付近の染井吉野

f0374092_21372617.jpg

f0374092_21580490.jpg


f0374092_21461656.jpg
八年前訪れたときは、

もう少し静かな界隈だったので

ここ数年でこちらの雰囲気も随分と変わりました。




f0374092_21313171.jpg

今年は人出の混乱を回避するために

ライトアップは中止になったとか。。。



f0374092_21342120.jpg


灯りが

水面にゆらゆら映り、風情があるこの界隈も



撮っている最中は、いろいろな言語が飛び交っているんです。

京都にいながら、ここはどこ?状態です。



f0374092_21564595.jpg
柳がいい感じに屋根にかかって


カフェも祇園白川にお店を出すと

こんな粋な店構えに。。。




f0374092_21445321.jpg

最後は、四条通に出る前に

ソメイヨシノが綺麗だったので

4月6日、最後の京都の桜。。。




さおりさん、桜とともに

想い出に残る一日ありがとうございました。







私の桜ショット&お花見弁当


[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-21 22:38 | | Comments(4)

円山公園の桜 2017 春

f0374092_22043171.jpg
祇園円山公園の桜

数年前は、弱っていましたが、桜守佐野藤右衛門さんのご尽力で

枝ぶりも

美しい形を取り戻し花もたくさん咲き、元気な姿に戻りました。


f0374092_22075471.jpg
一重白彼岸枝垂れ桜


元々、八坂神社にあった樹齢200余年の樹を移植したもの

その後枯れてしまったので桜守佐野藤右衛門氏の父が

種から育てた樹を移植したそうです。

樹齢90年近く経ち、一度は、弱りかけていた樹を

藤右衛門氏が守り抜いてこられたからこそ

こうしてまた華やかな姿に蘇ったのかと

私は感慨もひとしおでした。


f0374092_22100086.jpg

この近くでは、たくさんの人達がお花見をし、写真を撮り、一年の数日間の美しい姿を楽しみにして

年々賑わいを増しています。

その様子をずっと見守り続ける円山公園の枝垂れ桜。

この桜が辿ってきた道を少しでも多くの人に知ってもらえたらと

願うばかりです。




私の桜ショット&お花見弁当


[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-21 21:28 | | Comments(0)
岡崎界隈散策の後は、

高台寺へ

豊臣秀吉の妻、北政所が秀吉の菩提を弔うために建て

余生を過ごしたお寺です。

帰省中にもスマホで投稿しましたが、

一眼で撮った写真でもう一度投稿します。

紅葉の頃は、何度も行ったことがあるのに
桜の頃は初めてです。

こちらの紅枝垂れ桜は、早咲き

方丈庭園に咲き誇る

一本桜は、圧倒的な存在感でした。

花の色も咲き始めなのか

紅色も濃くて、白砂の庭園によく映えます。
f0374092_21012416.jpg


お堂の中から座ってお庭を見ることができるので

桜に対峙して写真を撮れるのが、いい点です。


f0374092_21073634.jpg


f0374092_21101234.jpg

f0374092_21105604.jpg

白砂まで枝が伸びるくらい

色も形も

見事な桜、


f0374092_21124585.jpg

f0374092_21131324.jpg
障子の間から

眺めるのも又風情があります。

f0374092_21151478.jpg


方丈庭園に入る前から

その美しさは伺いしることができます。

f0374092_21150064.jpg

こちらは、入口付近の桜

名前はわかりませんが、少し八重咲きのような

濃いピンク色でした。

遠くに祇園閣が見えます。




f0374092_21174566.jpg
苔もたっぷりと敷かれて

桜の根を覆っているので

夏の暑い京都でも植物を暑さから守ってくれるのでしょう。

そして、たくさんに人が踏みつけられたり、触られたりしないので

このような桜の美しい形を留めておけるのですね。。。






高台寺は広いお寺なので周囲を

ゆっくりと散策しました。


f0374092_21185502.jpg


馬酔木の木がたくさんありました。


f0374092_21195447.jpg
馬酔木というと奈良のイメージ



f0374092_21204309.jpg

楚々とした白椿


f0374092_21211390.jpg

京都では、「落ち椿」という光景は

寺社に行くと

普通に見られてうらやましい。

土の上より、苔の上の椿は風情があっていいですね。

さおりさんに

高台寺の駐車場の端から

八坂の塔と京都タワーツーショットが見えると教えてもらいました。

なるほど、望遠レンズではないけど

うっすらですが、京都タワーが見えますね。

祇園のランドマーク的な八坂の塔(法観寺)

f0374092_21230852.jpg

すでに、このころ5時を周り

鐘の音も鳴って、ライトアップも始りました。


f0374092_21245487.jpg
産寧坂を降りた辺りは、相変わらず人の波は絶えません。

そして、次は、

祇園の円山公園へ行きました。







私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-20 22:29 | | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura