人気ブログランキング |


京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23162206.jpg


帰省の後、諸々の用事があり、家でゆっくり過ごす時間がとれなかったのですが

先日は、

朝からのんびりと過ごせる一日があって

写真の整理やクリスマスの飾りつけをして

久しぶりに、のんびりと

午後の珈琲タイムを過ごせました。

京都のお友達さおりさんから送っていただいた

京都の老舗、スマート珈琲の豆を

ドリップして

今年の秋にopenした京都の洋菓子のお店の

マドレーヌとフィナンシェをいただきました。


そして、ずっと以前から気になっていたけれど

手にするチャンスがなく

憧れの

北欧のヴィンテージ クロニーデンのC&S



こちらもさおりさんからのバースデープレゼントです。



京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23083794.jpg

北欧の森を描いた



シックで落ち着いた森の木の柄。

東山魁夷さんの絵に出てくるような北欧の森や

京都好きの私は、京都の北山杉を連想してしまいます。


手触りも優しくて軽くて使いやすく

さおりさん、ありがとうございます。



京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23124959.jpg



京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23130712.jpg

スマート珈琲のパッケージは、とてもおしゃれ。

木のオブジェは

昨年神戸で買ったオーナメント。

帰省の時によく立ち寄る北野のお店です。



京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23135595.jpg


京都の有名洋菓子店のオーナーが今年、定年を迎え

引退されました。

息子さんが新たに錦市場の近くで

新店をopenされたそうです。

 N’importe quoiさんの焼き菓子です。

(ナンポルトクワ)




京都の焼き菓子と珈琲、北欧の器_f0374092_23014301.jpg



暮らし部門に応募します。









by teineinakurasi | 2018-12-08 21:08 | カフェタイム

喫茶「静香」


京都五花街で一番古い歴史をもつ北野の上七軒で

芸妓をしていた女性が1937年に開いた喫茶店です。

京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15371126.jpg




京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15395277.jpg

一年後、静香さんが手放したお店を現オーナーの先代が買い取り


アールデコ様式に改装。


京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15435999.jpg


京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15441310.jpg



京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15442507.jpg


京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15444399.jpg


京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15453000.jpg


座席も

手摺のついた優雅な椅子


腰壁も昔懐かしいスタイルです。



京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15465632.jpg


私はレモンティーとミルクレープ


京都カフェめぐり 喫茶 静香_f0374092_15474575.jpg


さおりさんは、カプチーノと、ミルクレープ


レトロな空間で

おしゃべりも弾み、

京都での紅葉を巡った一日も終わりに近づきました。


今年は、春、初夏、初秋の奈良

晩秋の京都と

一緒に散策する機会に恵まれ

感謝しています。

今回の帰省の京都市内紅葉散策はこれで終了。

いつも3日ほど、あちこち回ります。

今年は一日だけになってしまいましたが、

何よりも、人混みを避けてお友達と

ゆっくり紅葉狩りとカフェめぐりをできて大満足でした。





旅行、おでかけ部門に応募します。







by teineinakurasi | 2018-12-07 17:04 | カフェめぐり

ランチの後、大徳寺界隈で

花屋を営む「みたて」さんへ

マガジンハウス社の「プレミアム」という月刊誌で

花と季節の歳時記の

コラムを毎月掲載している「みたて」さんを知り、

鎌倉の東慶寺で「餅花づくり」や東慶寺の花で生ける

「花生け」などのワークショップに参加したこともありました。





京都の大徳寺方面に行く機会があれば

訪ねてみたいと思っていました。

今年の6月から鎌倉東慶寺のギャラリーも終了して

11月末から12月にかけての

「みたて」さんの花のしつらえを見ることが難しくなっただけに

今回お店に行くことができて嬉しい。



「みたて」さんは

大徳寺に深く関係する「千利休」の茶道の精神

「見立て」という言葉からお店の名前を決めたと伺っています。

見立てとは。。。

(物を本来のあるべき姿ではなく、別の物として見るという物の見方)




今回ランチした「さらさ」さんからも近かったので

さおりさんに案内してもらいました。




お正月の餅花があれば、購入したかったのですが

翌日のイベントで出される為お店では、買えないようで

京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15194227.jpg

「みたて」さんオリジナルの正月飾りや



京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15210342.jpg


豆盆栽が並んでいました。


京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15220136.jpg



写真が、手振れかピンボケでお見苦しいです(汗)




晩秋の枝ものや草花


京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15223299.jpg




京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15231178.jpg



近くだったらお花も買って帰りたかったのですが


お正月の苔飾り

「敷き松葉」を注文しました。



京都散策 花屋「みたて」_f0374092_15241318.jpg


お店の前に

縄で留められている枝ものは

実が突羽根のような形で珍しい植物です。


一人では、道などがわからないので

さおりさんに連れて行ってもらい、感謝しています。

年末に届くお正月用の「敷き松葉」

楽しみです。






旅行おでかけ部門に応募します。





by teineinakurasi | 2018-12-06 17:06 | 京都

午前中

妙心寺へ紅葉を見に行ったあとは

午後はカフェめぐりをしました。


京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10324913.jpg

観光雑誌やテレビでもよく紹介されている

さらさ西陣さんへ

さおりさんに連れて行ってもらいました。

以前からとても行きたかったお店です。

開店前に着いたので

好きな席を選ぶことができました。

海外からの個人旅行の人も

多く、ネットなどで情報を得て

少し街中から離れている場所でも

たくさんの人で賑わっています。



築80年の元銭湯をリノベーションした和製のマジョリカタイルが美しく

立派な天井、「千と千尋の神隠し」の銭湯を彷彿させる唐破風の屋根。

レトロな佇まいは、

そこかしこに昔の銭湯の名残があります。



京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10393449.jpg

真ん中の仕切られた壁

私たちが座ったマジョリカタイルの席から、一段低くなっているのが

脱衣場

入口から少し入ったところが「番台」になるのでしょうか。


京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10442756.jpg


和製

マジョリカタイルと

ピンクのソファー、ゴッホのポスター

とても馴染んでいます。





京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10415245.jpg


マジョリカタイルが貼っている席は。

銭湯の壁

真ん中の白い壁が男女のしきりの壁の部分




京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10453049.jpg

タイルが貼られた部分には

脱衣籠が置いてあります。



京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10470478.jpg



京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10531037.jpg



和製マジョリカタイル



京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10475315.jpg


食事は、鶏肉の照り焼きと

半熟卵のランチプレート




京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10490066.jpg

ランチも無国籍スタイルで

リーズナブル。

珈琲も美味しくいただきました。


京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10494794.jpg


京都カフェめぐり さらさ西陣_f0374092_10510507.jpg


黄色のもみじが色づいていました。

食事をした後は、


以前から行ってみたかった

京都のお花屋さんに行きました。



旅行、おでかけ部門に応募します。







by teineinakurasi | 2018-12-05 11:01 | カフェめぐり


妙心寺 塔頭 桂春院は、

妙心寺の中でも通年公開されている寺院です。



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22320867.jpg




もみじと苔が美しいお庭は、春は緑が清々しく





秋は、紅葉と燃えるように美しい。



真如の庭


錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_19581666.jpg



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22270211.jpg





錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22291478.jpg



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20375577.jpg




錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22262461.jpg

「侘の庭」

露地庭園



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_19584280.jpg


錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22313629.jpg

お茶室から


「真如の庭」の紅葉が見えます。




今年の紅葉は遅いそうで

グラデーションの色づきが始まったばかり。





錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20001934.jpg





錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20003751.jpg

お庭から方丈の眺めも美しい。



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20014965.jpg


苔に散り紅葉





錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22322127.jpg



赤く色づいている木もありました。



錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_22342908.jpg

杉木立に苔、楓







錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20024148.jpg

石畳と楓、松

石畳のアプローチが素敵なので撮りましたが

「看板」が残念。




時折、観光客が訪れますが

こちらも美しいお庭をゆっくりと眺めながらの拝観ができる寺院です。





錦秋の京都 2018 ②桂春院_f0374092_20401323.jpg



生け花も晩秋の風情でした。



旅行、おでかけ部門に応募します。






タグ:
by teineinakurasi | 2018-12-03 20:52 | 紅葉

今年も、紅葉の時季、

京都を訪ねることができました。

さおりさんと京都の花園駅で待ち合わせをして

目的地の妙心寺 大法院へ。

春と秋の一年に2回の特別公開。

(11月末で終了)



妙心寺 大法院



錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17253953.jpg

客殿を囲む庭園は「露地庭園」と云われ

「露地」とは茶室に付随する庭のことを意味し

仏教でいう「清浄」世界を表しているのだそうです。





錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17252578.jpg



真田幸村の兄、真田信之の菩提寺。




錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17313949.jpg


美しいお庭を眺めながら

お茶をいただきました。




錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17504011.jpg




今回は、開門一番に入ることができて

しばらくの間、貸し切り状態。

お茶とお菓子をいただいて

写真を撮って。。。

ゆったりとした時間を過ごせました。

三連休前の平日で、京都の中心部より

少し離れていたので運がよかったというしかありません。

(三連休の嵐山では、渡月橋を渡るのに20分以上かかったという大混雑だったのです。)


今年の京都の紅葉は、11月の冷え込みが少なかった為

例年よりも紅葉は遅いとのこと。

私が住む神奈川は台風の

塩害の影響で綺麗な紅葉が期待できないので

京都の紅葉は、美しく、感動的でした。



いろいろな方向や角度から

美しい紅葉を愉しめます。



錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17354318.jpg

説明、ガイドの方が

障子を開けたら、


錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_22081676.jpg





錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17353060.jpg


蹲と紅葉。。。の風景



錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17365022.jpg


水紋が美しい。



錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17380497.jpg





錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17385301.jpg


散りもみじも好きです。



紅葉が終盤になっても

京都は散り紅葉が愉しめます。




錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17402382.jpg


お庭の裏も少し散策しました。



錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17405234.jpg

京都の庭園は、

散った紅葉も風情があって。。。

ずっと眺めていても飽きない景色です。




錦秋の京都 2018 ①大法院_f0374092_17420759.jpg



ドウダンツツジの紅葉も綺麗でした。





今よりまだまだ写真が未熟な頃です。

↓↓↓




旅行、おでかけ部門に応募します。





タグ:
by teineinakurasi | 2018-12-01 18:03 | 紅葉

紅葉の季節に。。。



11月も今日で終わり。


紅葉の季節、また、一つ年を重ねました。



桜が咲く、心浮き立つ春も好きですが、

この年齢になると、春よりも秋の佇まいや空気感が

自分には、しっくりときます。

紅葉の季節に新たな私の一年が、始まります。



紅葉の季節の愉しみ、11月下旬



京都は錦繍の候を迎えます。


今年も、楽しみにしていた帰省。


紅葉の季節に。。。_f0374092_23065069.jpg



露地庭園と呼ばれる

洛北の禅寺の塔頭へ友人と行きました。

心穏やかな時を過ごしました。






紅葉の季節に。。。_f0374092_21545870.jpg


例年どおり、数日かけて京都の寺社をいくつも散策するということは

今年はできませんでしたが、

人混みを避けたお寺に行き、

美しいもみじを堪能しました。


紅葉の季節に。。。_f0374092_23092341.jpg


別の日には、父親と


南京都、西方浄土の庭園へ。





紅葉の季節に。。。_f0374092_21552940.jpg



太陽も少し西に傾きかけ始め


光に照らされた三重塔は、

永遠の世へと誘うような

美しさでした。


紅葉の季節に。。。_f0374092_22203954.jpg


奈良の古刹へ



2か月前、見事に咲き誇っていた

紅色の萩も

黄色に葉の色が移り変わって

ナンキンハゼの白い実が鈴なりなって、冬の訪れを知らせてくれていました。




紅葉の季節に。。。_f0374092_22020314.jpg



古都の秋をそれぞれに愉しむことができました。


紅葉、落葉、散り際も美しい

紅葉の季節に。。。_f0374092_23114001.jpg


毎年、毎年、

古都の紅葉を見て

この一年もありがとうと

ひとつき早いですが

思うのです。


紅葉の季節に。。。_f0374092_22044552.jpg



これから10年後、自分はどうなっているのだろうか。

10年前は、今までのことを振り返ったり、

その後のことを考えても深く思うことはなかったけれど

今はいろいろな思いが巡っていきます。


一日、一日を大切に過ごしたい。




京都の紅葉、帰省のおでかけ、カフェめぐり、少しずつアップしていきます。




旅行、おでかけ部門に応募します。





by teineinakurasi | 2018-11-30 09:09 | 季節のこと


迎称寺の萩



京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21214683.jpg


土塀と萩



京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21212171.jpg




京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_16061896.jpg







京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21204929.jpg




京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21222135.jpg




京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21234821.jpg




真如堂と萩


京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21123805.jpg



京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_15493220.jpg


京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_15501088.jpg



京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_15503278.jpg

真如堂でも萩の写真を

たくさん撮ったのですが、

お昼もかなり過ぎていたので、エネルギー不足?で

ボツ写真ばかりになってしまいました。。。



真如堂と「黒谷さん」金戒光明寺とは

目と鼻の先。

途中、芒が咲いている場所を見つけたり


京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21302462.jpg

京都 迎称寺、真如堂 萩_f0374092_21291668.jpg

昔から京都と言えば、一番に来たところ。

なつかしい。

真如堂を出た頃から雲行きが怪しくなって。。。

あわてて、四条まで出て、昼食をとることに。

この日は水曜日で目あてにしていたお店が休みで選んでいる時間もないし

行き当たりばったりで適当な店に入ったら、見事に失敗してしまった。。。

そして、思うことがあって、清水の焼き物屋さんに行ったけど

いい出会いはなくて。。。残念。



静かだった、鷹峯や真如堂界隈から

一転、賑やかな八坂、清水さんの観光エリアに来ると

人の多さにびっくり。



産寧坂界隈の写真をSNSで投稿されたコメントに

「日本でありながら、日本でない場所」と。。。

なるほど。。。納得しました。

雨が降ってきたので、清水エリアの写真は撮りませんでした。



駆け足でしたが

初秋の京都の散策も終わりました。


ブログを始めた頃、

初めて京都の紅葉の美しさに感動した頃

まだ2008年、10年前です。


















by teineinakurasi | 2018-10-13 16:20 | 京都

光悦寺を後にして

途中、親戚の墓参をしてから洛東

真正極楽寺(真如堂)へ向かいました。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15181536.jpg


少し色づき始まっていました。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15053535.jpg

本堂

11月のピーク時には、たくさんの観光客で賑わいます。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15041124.jpg

手水舎の周辺も色づき始めています。












↑のブログは、紅葉の時季の山門で

朱塗りの門と紅葉に染まる11月下旬



10年前、私が初めて行った真如堂。

今までは、一日分のお寺めぐりを数日に渡って記していますが

当時は、簡単に一日分で終わっています。

写真も簡単に撮っていただけでした。

今こうしてみるとショボイブログです。。。(汗)







9月はまだもみじも青々しているところの方が多いです。

京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15145780.jpg


そして、夏の名残りの芙蓉も。。。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15162662.jpg



向こう側に見えるのは、三重塔


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15402510.jpg


八重咲きの芙蓉




京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15171279.jpg

三重塔は、少しグラデーションが始まったばかり。。。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15453900.jpg

参道は、少しずつ色も変化しています。

京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15434795.jpg

本堂前はまだ緑が少し薄くなった様子。。





京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15433350.jpg

池の周囲も少しずつ。。。


京都 真如堂 真正極楽寺 初紅葉_f0374092_15493839.jpg


お寺の外では、藤袴も少しだけ咲いていました。



次回は真如堂の萩。





by teineinakurasi | 2018-10-12 18:01 | 京都

京都 光悦寺 初紅葉


京都、鷹ヶ峯

光悦寺で

光悦寺垣と初紅葉を見てきました。



京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13203637.jpg

光悦寺は

美しいアプローチで知られています。


京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21134454.jpg

紅葉の頃は、激混みですが、

初秋は参拝客も数人。

静謐な雰囲気を好んで訪れる方が多いようです。


京都の北

鷹峯三山を見渡すことができます。

この一帯を徳川家康が

本阿弥光悦に与えた土地で

この場所に、種々の工芸に携わる職人と

共に住居を構え、芸術村を営んだことが知られ

琳派の源流と云われています。

尾形光琳、俵屋宗達、とともに琳派の創始者で、

書家、陶芸家、漆などの工芸作家、茶人として

マルチな才能を発揮し、日本の文化や芸術に多大な影響を与えた人物である。




京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21234317.jpg








由緒ある茶室や庭園にある

竹垣と言えば、建仁寺垣と光悦寺垣でお馴染み。


「光悦寺垣」

鎌倉のお寺でも見ることができますが

やはり、本物の光悦寺垣は、

どこから眺めても四季折々に美しさが変化し

それぞれの風景が異なります。



紅葉が始まりかけた光悦垣。

京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21105875.jpg

鷹峯は少しずつ、木々の色も変化して


秋を代表する萩や芒とも風情を感じます。



京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13212164.jpg

萩の花が美しい光悦寺垣





京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21203077.jpg



芒と光悦寺垣

京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13342257.jpg


京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13330829.jpg



京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13351582.jpg


京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13390649.jpg


本阿弥光悦は茶道においても

一流儀に固執することなく
古田織部や
織田有楽斎に

教えを受け多くの茶人と
親交をもち
茶道の奥義を深め

境内には

京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13240775.jpg

茶席がいくつかあります。


京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13242849.jpg

待合の窓ごしにも緑が美しい・・・



本阿弥庵茶席は

京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21213032.jpg

京都市内を見渡す場所に建てられています。




京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13205607.jpg

京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13382946.jpg




京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_13224344.jpg




本阿弥庵茶席の前方には

鷹ヶ峯三山が

見渡すことができます。


京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21263758.jpg



鷹峯、鷲ヶ峰、天ケ峰



京都 光悦寺 初紅葉_f0374092_21132406.jpg



そして

帰り際にもう一度、アプローチを


撮りました。。。






by teineinakurasi | 2018-10-11 13:57 | 京都