タグ:テーブルコーディネート ( 50 ) タグの人気記事


f0374092_21071025.jpg
梅の花、咲く頃

久しぶりにわが家に友人をお招きしました。
季節のいい時は、鎌倉や、都内へ一緒に出掛けるのですが
さすがに寒い2月は、散策も出かけることも
遠のいてしまいます。

友人は、パンを焼いてもってきてくれました。
ありがとう。

友人の好きなキルシュ・トルテを焼き
今回は洋風の温かなメニューでおもてなし。
お料理とケーキのメニューは決まっていましたが
テーブルコーデのテーマをどうするか、考えました。

今年私にとっては、後のブログにも更新する予定ですが
梅に対する特別な思いがあって。。。
長年、仲良くしてきた友人とのお別れで観た梅など
いろいろ頭に巡ることがあって
わが家に梅の木はないけれど
梅をテーマにしてみたかったのです。

梅のお花をかたどった器や白やピンクのお皿、
梅の花の紙ナプキンなど、梅のお干菓子など。
梅尽くしで。。。

f0374092_21145167.jpg
一見してスイーツのようなピンク色のお料理は
温かなミックス野菜のスープ。
今年は、野菜が高いのですが、
貯蔵方法に気を付けて
新鮮な産直野菜をまんべんなく使いこなすように
心がけています。

紫大根、白ねぎ、蕪、カリフラワーなどの野菜をミックスさせて
ブレンダーでスープを作りました。

牛乳と粉チーズで風味漬けすると野菜の甘さを乳製品のコクとで
コンソメキューブを入れなくても
十分野菜の旨味がしっかりでます。
スープに浮かべた梅の型抜きしたお花は、
紫大根と聖護院大根を薄味の出汁で煮ました。

春を呼ぶ、ピンク色、梅の形の大根

冬は、温かな煮込み料理や、スープが一番体を温めてくれます。


梅の形の入れ物には、
イチゴ
f0374092_21143379.jpg
メインは、豚の塩漬けを柔らかく煮て、キャベツと蕪もトロトロです。


f0374092_21224357.jpg

ティータイムは、

彼女の大好きなキルシュ*トルテ

冬は、やっぱりチョコレートのケーキが美味しいです。


f0374092_21244610.jpg


f0374092_21250254.jpg
スージー*クーパーのC&Sで
ひとあし早く春の気分で。。。


f0374092_21253496.jpg
ナプキンも梅の柄、
和のお花のナプキンも売っているのですね。

外でお食事するのも楽しいけれど

温かな家で、気兼ねなくおしゃべりできるのは、愉しい。
今週は少し気持ちも落ち込んでいたので
久しぶりに大笑いしたような。。。気がします。


f0374092_21342537.jpg

梅のお干菓子は、鎌倉の豊島屋さんの「天神さま」

毎年梅の時季に出る定番のお菓子です。

そして梅の絵はがきは、

数年前「型紙展」で買ったもの。

一見して日本のものに見えますが

以前イギリスのリバティプリントが作った型紙を現代に復活させたもの。

桜や椿も好きだけど梅も好き。

四季がある日本に生まれてよかったと思う今日この頃。

別れて旅立つ友を想い、
また近くで温かく接してくれる友に感謝し、
ネットで通じて繋がる友にも
日々のコメントに励まされ元気をいっぱいもらって
ブログを続けていける力をもらっています。

ありがとう。



HOTな食べ物教えて!


[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-22 10:42 | 日々のこと | Comments(3)
f0374092_22361684.jpg


英国スタイルの食器

会場には、現代のもの以外にヴィンテージのものや

ティーポットや紅茶のコレクションも展示していました。


今回も写真をざざっと紹介します。




f0374092_22375554.jpg



f0374092_22384816.jpg





ウエッジウッド
f0374092_22391327.jpg





ロイヤルクラウンダービー
f0374092_22394309.jpg



バーレイ
f0374092_22405657.jpg



f0374092_22441472.jpg


ハロッズ
f0374092_22444146.jpg



ヴィンテージ
f0374092_22454045.jpg



**********************


ヴィンテージのC&S



f0374092_22471399.jpg

イギリスの女性陶器デザイナー

日本でも1990年代ブームになりました。

私もスージークーパーがきっかけで

イギリスの陶器からアンティークに興味をもつようになりました。

左側のグレイのウエッジウッド社から日本限定で発売されているシリーズ「グレンミスト」



ロイヤル・アルバート社や(右側薔薇模様)

シェリー窯
f0374092_22505268.jpg

f0374092_22533742.jpg

左側、ピンクは、スージー・クーパー

ボーンチャイナで作られたシリーズ

クロス・ステッチの模様の薔薇のシリーズは

実家で母が集めていたものと同じです。



f0374092_22575007.jpg

シェリー窯は現在はありませんが


パーシー・シェリー、フレデリック・リードなど様々な革新的な磁器のシリーズを生み出しました。

1925年から40年代まで最盛期を迎え各国に輸出されましたが

戦後一旦再開されましたが1966年窯は閉鎖

数人のデザイナーによって生み出される

アールデコや風景画、花柄などの作品が優雅なティータイムを演出します。


f0374092_23074849.jpg




f0374092_23081317.jpg

f0374092_23111899.jpg

ミントン、

(右側)スージークーパー

スージークーパーは、年代ごとに

陶器のデザインも著しく変わり

初期はアールヌーボの要素が強く、

色もはっきりした色合いだったりしましたが

スージーが陶器デザイナーとして開花したころの作品は、代表的な

「ドレスデン・スプレイ」や「パトリシア・ローズ」などの象徴される

女性らしい淡い優しい色使いや植物のモチーフを使い

代表的な作品が多いです。

私も、最初はそういうスージーのデザインが好きなんですが

最近はその後の少しシックで抑え目な色調や

ボーンチャイナとコラボした作品にも惹かれます。

ただ、アンティークは出会いもあるし、お値段も張るので

なかなか自分の手元にはありませんが。。。

ヴィンテージの食器には、

現代ものにない、朽ちで風化した美しさ、優しさがあります。





[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-14 11:40 | テーブルコーディネート | Comments(2)

Valentine 

もう、2月の半ばにさしかかりました。

最近日々、あっという間に過ぎてゆき

そして明日はValentine dayなので

3連休最終日、ガトーショコラを焼きました。


f0374092_00190451.jpg

f0374092_00122266.jpg

今年は、いつも参考にしているレシピを少し変えて

小麦粉は全く使わずココアで代用、

溶かしたチョコレートとバター、卵、生クリーム、ココアだけで

濃厚なガトーショコラです。

膨らみが少し悪かったところが、残念でした。

しっとりとした感じがフォンダンショコラのような感覚です、。。。



f0374092_00171528.jpg

友チョコにいただいた

オードリーのグレイシア


f0374092_00194737.jpg
オードリーは、

パッケージや箱、袋までかわいいですね。

横浜のデパートでは、いつも行列ができています。。。




f0374092_00205685.jpg


友チョコにいただいた

ベルアール京都別邸
(ショコラ雅)

日本の四季を表現した美しいチョコレート

一粒のチョコの中に和と洋の素材が入っています。

さすが、京都のチョコレートですね。


f0374092_00234646.jpg
わが家では、地元神奈川の平塚にある生チョコ専門店のシルスマリアの

チョコを買いました。

夫へは、ウィスキー(竹鶴)の生チョコ

私には(あまおう)の生チョコ



友チョコでいただいた

オードリーのショコラ

メランジュどショコラフリュイ


f0374092_00270807.jpg

美味しいチョコとガトーショコラに囲まれた

HAPPY VALENTINE!!になりました。



[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-13 11:02 | お菓子作り | Comments(8)
TABLEWARE FESTIVAL 2018

2月4日~12日まで東京ドームにて開催されました。


今年はイギリスの食器の特集でした。

友人と食器の祭典へ。

今回はコンデジのみの撮影です。

画像も多いのでざざっとご覧ください。。。

展示ブランドの説明は、パンフの中の文章を抜粋しています。


スポード

世界で初めてボーンチャイナを量産に成功。
英国陶磁器の世界的ブームをもたらしました。
1806年英国王室御用達を拝命
「ブルーイタリアン」は、歴史的ロングセラーになりました。


f0374092_22123250.jpg

私が好きなバーレイ社の食器が、チケットの写真に使われたり、

開催前から楽しみにしていました。



バーレイ

バーレイ社は1851年William Leighによって1851年設立されて
銅板転写方法で陶器を生み出してきました。
原料を英国製にこだわり、英国内の唯一の工場で
全ての製品を手作りで製造。
手彫りの銅板転写で商品一つ一つで絵の位置や色濃淡が異なります。


f0374092_22030819.jpg
リーガル・ピーコック
(Black)

今回の出店の際に作られらたブラックのシリーズ


f0374092_22082263.jpg

バーレイ キャリコシリーズ

バーレイ社は1851年WIlliam Leighによって1851年設立されて

銅板転写方法で陶器を生み出してきました。


*********************************


Heartley Greens & Co

ピアスド・ウェア



f0374092_22134500.jpg



*********************************************

ウェッジ・ウッド


英国陶工の父「ジョサイア*ウェッジウッド」によって
1759年に創立された英国王室御用達ブランド
上品なデザインと品質で世界を魅了し続けています。

f0374092_22194965.jpg


f0374092_22164693.jpg


f0374092_22193615.jpg




*****************************

ハルシオンデイズ


1950年に創設され、3つの英国王室御用達を所有する
格式高いブランド
f0374092_22212091.jpg

***********************************:


エインズレイ


1775年創設以来、ヴィクトリア女王、エリザベス2世を始め
多くの皇族、貴族に愛されてきたブランド。


f0374092_22240006.jpg


******************************



デンビー


英国国内で200年以上製造するストーンウェアブランド。
オーブンから冷凍庫まで使用できる耐久性のある
実用的な食器を作っている。

f0374092_22231876.jpg

*****************************



ロイヤル・ドルトン

1815年に誕生したロイヤルドルトンは
1901年に王室御用達の栄誉を受けた歴史あるロイヤルブランド。
デザイン性と機能性を兼ね備えた食器が揃っています。



f0374092_22250231.jpg


*********************************


エマリッジ・ウォーター


英国陶磁器発祥の地、ストークオントレントにて
1985年から創業を始めた。
実用的ながら日々の生活に温かさをもたらす食器づくりをしている。



ファクトリーを訪れた
キャサリン妃もマグカップの型押しを体験したそうです。



f0374092_22254828.jpg



f0374092_22261179.jpg


************************



リチャード・ブレンドン

プロダクトデザイナーであるリチャード・ブレンドンがロンドンを拠点に2013年創立。
現代的なデザインに伝統的な職人の技術を結集。


f0374092_22273461.jpg


************************


ロイヤル・クラウンダービー



英国ダービー州に1750年創業。
国王ジョージ3世より「クラウン」を
ヴィクトリア女王より「ロイヤル」の名を賜る唯一の陶磁器ブランド。



f0374092_22291422.jpg


************************


ウィリアム・ヨーワード クリスタル

f0374092_16344628.jpg

英国の伝統と歴史を彷彿させるジョージ王朝のエレガンスをモダンに蘇らさた。

美しく機能性に優れたクリスタルコレクション。
英国王室御用達ブランドの正式認定を受ける。



f0374092_16312247.jpg


テーブルウエァ展レポは

まだまだ続きます。

次回は、イギリスのヴィンテージ食器とポット




[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-12 16:40 | テーブルコーディネート | Comments(2)
f0374092_16464808.jpg


週末、次男がいる土曜の昼は、次男が好きな

パスタ率が高いです。

週末の午前中に、買い出しに行くので

帰ってから、荷物を運んだり、冷蔵庫に入れたり

てんてこ舞い。

最近、野菜が高いので

頭が痛いけど

ブロッコリ、キノコ、芽キャベツ、蕪、エビを入れて

アンチョビで風味をつけます。


f0374092_16481456.jpg


f0374092_16545290.jpg

男性陣は、あまり好みませんが、金柑の甘煮も添えて、、、




f0374092_16541822.jpg

**********************************


f0374092_00272944.jpg

別の日は

アボカドとエビのクリームパスタ


f0374092_00285179.jpg



f0374092_00291204.jpg

1月に鎌倉に行って


見つけたピザ屋さん

ピザは食べなかったのですが、

自家製チーズを買えるというので

モッツアレラチーズを購入。

フレッシュなので

市販のものと違って柔らかくて

爽やかな味。



f0374092_00293755.jpg


セッティングは、

ちょっと面倒って思われるかもしれませんが

平日は、簡便に済ませてしまう分

週末の食事の時間は大切にしたいと思います。







[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-11 15:43 | 暮らし | Comments(4)

冬の温かい料理

f0374092_17010916.jpg


今年の冬は寒い日が多いですね。


今日のお昼は

蒸籠を使って野菜を蒸していただきました。

黄色の人参、ブロッコリ、蕪、サツマイモ。

「分とく山」の野崎洋光さんの料理本を参考に

作りました。

野菜につけるポン酢は、リンゴの果汁と醤油と酢を使っています。


f0374092_17054174.jpg



f0374092_17060029.jpg

椿の花に見立て

マグロを重ねて椿のお花のように

黄色は、卵黄を裏ごししました。

こちらの椿のマグロも

野崎さんの料理を参考にしました。



f0374092_17101936.jpg



f0374092_17072405.jpg

次男が、名古屋のお土産に

きし麺を買ってきてくれたので

きし麺にほうれん草、そして関西のかまぼこ「梅やき」も添えました。

関西のかまぼこは、父が送ってくれたもの。




f0374092_17091256.jpg

バーニャカウダーや、チーズフォンデュのときも

蒸し野菜にしていただくので

冬は、蒸し野菜が美味しいです。


「くらし部門に応募します。」





第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-28 17:16 | 暮らし | Comments(6)

昨日は、大寒。

これからいよいよ寒さも本番になります。

週末、土曜日の昼食は、

チーズフォンデュをいただきました。

冬野菜をあらかじめ、

茹でたり、蒸したりして火を通しておき、

他に、フランクフルトやバゲットを

食べやすく切って

温めたチーズにつけていただきます。

チーズはグリュエールチーズとエメンタルチーズを使いました。

にんにくを陶器の鍋に擦りつけて

電子レンジ細かく切ったチーズと片栗粉を入れて

2分ちょっと待てば、柔らかくなり、ちょうど食べごろ

キャンドルの火で保温すれば温かく食べられるます。



f0374092_22364337.jpg



f0374092_22354089.jpg


マッシュルームを

チーズに浸した瞬間、。。。




f0374092_22360293.jpg



f0374092_22340072.jpg


バゲットは、地元のパン屋さんのですが、

2年前にできたお店で、パンのバリエーションも多く、最近お気に入りのお店です。

今日は久しぶりに、大好きなハードなパンをいただきました。




f0374092_22295341.jpg
黄色のお皿には、

黄色の人参、紫色の人参、紫大根、プチトマト、フランクフルト

奥の白いお皿には

芽きゃべつ、ブロッコリ、レッドパプリカ、フランクフルト



f0374092_22281316.jpg

今日はスーパーで買った

啓翁桜とチューリップ



f0374092_22403094.jpg


冬は暖かなお料理が美味しいですね。






第2回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-21 17:01 | 料理 | Comments(8)

f0374092_15230787.jpg

早いもので

お正月の三が日も今日で最後。

昨日は、鎌倉へ初詣に行ってきました。

その時の写真は、また後日。

今日はお正月のおせち料理の余り物を

ワンプレートの大皿に盛り付けました。

お重の中にまとめて出しても良いのですが

ワンプレートにすると

見た目も華やかになって残り物の感じが薄れます。

f0374092_15241770.jpg

きんとんも茶巾しぼりのようにすると

見た目も可愛くなります。

残ったサーモンは、千枚漬けで巻いて。。。

生野菜も少し添えたら

彩りも華やかになりました。




f0374092_15271525.jpg

二日目に作るのは、

京風の白みそのお雑煮


f0374092_15280594.jpg


中に入れるのは、大根、里芋、金時人参


年末、表参道に行った時に

お友達と新潟の物産館に行ったら

丸餅が売っていたので

懐かしくて買いました。

関東では、角形のお餅が多く

丸餅はあまり見かけません。

最近は、地方のいろいろな食材が東京でも揃うようになったので

便利になりました。



f0374092_15285016.jpg

小さい頃は、白みそが苦手でしたが

大人になると

甘くてクリーミーな味にはまっています。

最近は、白みそを料理の調味料がわりに入れると

コクが出ます。


f0374092_15302137.jpg


そして


お正月の和菓子は

父が毎年送ってくれる

京都長久堂の初釜の和菓子

「お花びら餅」

f0374092_15324506.jpg

久しぶりにお抹茶を立てて

いただきます。

離れて住む父に感謝。






f0374092_15330447.jpg

(料理、お弁当部門に応募します)


第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-03 15:44 | 料理 | Comments(6)

2018 お節料理


f0374092_21404577.jpg




昨年は夫が正月早々、出張で不在だったのでお節を初めて作らなかったのですが


今年は、例年のように作りました。





お煮しめを中心に

最近は酒の肴になるようなものも少しずつ。


f0374092_21381436.jpg


f0374092_21413526.jpg

蒲鉾

伊達巻きは、手作り

はも板、やうずら卵の入ったお花の形のや、紅白の蒲鉾は、関西のもの。

白いつるつるした蒲鉾は山口県のもの、

ピンク色のは、地元神奈川の小田原蒲鉾

地元産のは、すぐに手に入るので

故郷関西の蒲鉾が、なつかしくて見つけると買ってしまうのです。




f0374092_21443786.jpg


お正月は、かわいい豆皿でお正月気分がアップします。




f0374092_21454213.jpg

柚子釜は、蕪とサーモンとイクラを入れて柚子の酸味でさっぱりと

いただきます。

左下のハムのような料理は、

チキンローフ、


真ん中の右側は、

紅玉リンゴのきんとん

栗きんとんと比べてさっぱりしています。

真ん中、中央

お刺身と鯛の昆布〆

上段、左端の煮しめ

昔、働いていた時は時間がなくて

筑前煮のように全部一緒に煮ていましたが

今は、時間があるので

野菜ごとに味付けを変えて作っています。

今年は大根が美味しくできました。





f0374092_21520018.jpg


(料理 お弁当部門に参加します。)



第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-02 18:58 | 料理 | Comments(6)

クリスマスの食卓 2017



f0374092_23233776.jpg

クリスマスの食卓

毎年必ず作るドイツのケーキ
キルシュ・トルテ

わが家の定番のケーキ


f0374092_23264778.jpg

今年はクロスもツリーに合わせて

テーブルクロスは、

ナチュラルなベージュに赤のラインが入ったもの。

八角形のクリスマスの絵柄は、

新婚当初に買ったもの。

そのころから(内容は違いますが)

クリスマス料理は、私にとって一年に一度、

豪華に作ったお料理。

お正月は帰省したらおせちは、手伝うだけでよかったので

クリスマス料理は家族のためだけにに下手ながら

頑張っていたんだなと。。。




f0374092_23271355.jpg


前菜は市販のものを使いました。



ゆで卵のファルシーは絞るとオシャレに見えます・


f0374092_23284771.jpg



真鯛とサーモンでカルパッチョ


f0374092_23293921.jpg



ローストビーフは、少し奮発して葉山牛で作りました。




f0374092_23303761.jpg

三浦半島産の野菜も使って

紅芯大根、黄色や紫色の人参は、蒸すと甘くて美味しいです。



蒸し野菜、バーニャカウダのソースでいただきます。

生クリームとにんにく、アンチョビ、塩、小麦粉で手軽にできます。

f0374092_23322819.jpg



f0374092_23353196.jpg

若い人向きにローストチキン(レッグ)や

蕪のスープも作ったのですが

写真を撮るのを忘れてしまいました。



昨日は、朝はケーキ作り、廣から夕方までクリスマス料理で

キッチンに立っていましたが

美味しい、美味しいと言って食べてくれるので

久々に充実感がありました。




「お料理お弁当部門」


第2回プラチナブロガーコンテスト





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-25 23:54 | クリスマス | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura