熱海梅園

先週の三連休、熱海に
あたみ桜を見に行ったあとは
「熱海梅園」に行きました。
日本一早咲きの梅で知られる「梅まつり」
早咲きの「梅」はほぼ満開で
温暖な熱海は、春がすぐそこまで来ています。

梅を見に来る観光客もいっぱいで
梅園では、売店や歌手のショーなどがあったりと
とても賑やか。

f0374092_23231462.jpg



f0374092_23223924.jpg



f0374092_23243696.jpg




f0374092_23272291.jpg
白梅、紅梅

それぞれが咲き誇り梅の香りが漂います。

f0374092_23284432.jpg

f0374092_23311746.jpg

八重咲の梅かわいいです。

f0374092_23285947.jpg


韓国風の庭園にも

f0374092_23293424.jpg

水辺のそばには

中咲きのしだれ梅
「呉福しだれ」も蕾が膨らみ、
咲き始めているものもありありました。

f0374092_23295814.jpg


f0374092_23304726.jpg


f0374092_23322960.jpg

人工の滝の近くでも紅梅が綺麗に咲き


f0374092_23334590.jpg


咲き始めの梅のかわいいこと♪


f0374092_23341687.jpg



小さい春、み~つけた!





[PR]
# by teineinakurasi | 2018-02-17 12:42 | | Comments(10)

白みそフォンデュ



3連休、二日目

料理本を参考に、白みそフォンデュを作りました。

f0374092_00250573.jpg

(赤坂の「分とく山」野崎洋光さんの料理本を参考)








今度は、和風のフォンデュです。





材料は西京みそ、無調整豆乳、ご飯を
フードプロセッサーにかけて

とろとろの状態にし電子レンジで過熱してから、
お好みの具材をつけていただきます。

f0374092_00274244.jpg

(私の指が写っています。2月なのでヴァレンタインネイルです)


f0374092_00283097.jpg


海老、生麩、はんぺん、季節の野菜

蕪、椎茸、紅色大根、ブロッコリ、芽キャベツ


f0374092_00302423.jpg

十六穀米のおにぎりと

水菜のお吸い物を添えました。



f0374092_00320522.jpg

梅の季節なので

梅のお皿や小物を飾ってみました。

f0374092_00323270.jpg

冬は、温かなメニューが増えますね。




HOTな食べ物教えて!




HOTな食べ物教えて!



[PR]
# by teineinakurasi | 2018-02-16 12:45 | 料理 | Comments(4)

あたみ桜

三連休に日帰りで熱海に行ってきました。
テレビで「あたみ桜」を中継しているのを見て
満開だし行ってみようということになりました。

早咲きの桜と言えば「寒緋桜」
そして、静岡の河津桜が有名ですが
あたみ桜という桜があることを初めて知りました。

f0374092_22133094.jpg
市内の中心部に流れる糸川遊歩道沿いに

あたみ桜の桜並木があります。

あたみ桜は、明治の頃イタリア人によってレモンやナツメヤシとともに
熱海にもたらされた木だそうで、
現在は市の木として指定されているそうです。


f0374092_22335156.jpg



f0374092_22160163.jpg

桜の木にはたくさんのメジロがやってきて

花の蜜を吸いに桜の木の間を飛び交っていました。


f0374092_22170871.jpg

最初は桜を撮ろうと思っていたのですが、

いつの間にか、メジロを撮るのに夢中になってしまいました。

f0374092_22180928.jpg
木の上でじっとしていなくて
直ぐに、飛んで行ってしまうので
なかなか思うようには撮れません。


f0374092_22282553.jpg



f0374092_22212623.jpg




ちょうど川沿いのビルでピンク色のビルがあり

f0374092_22363785.jpg

桜とマッチしていました。


f0374092_22232254.jpg


f0374092_22234180.jpg

f0374092_22240537.jpg

花も満開から少し過ぎたところでした。

海の近くまで行ってみました。

f0374092_22290472.jpg

この日は、気温も10度以上、上がって

春のようなほっとする暖かさでした。


f0374092_22305984.jpg

海の近くにも

「あたみ桜」が咲いていました。

あたみ桜は、一番早く咲く桜だそうで

これから、寒緋桜や、河津桜と咲いて

本格的な桜のシーズンになっていくのでしょうね。




小さい春、み~つけた!

[PR]
# by teineinakurasi | 2018-02-15 16:03 | | Comments(8)
f0374092_22361684.jpg


英国スタイルの食器

会場には、現代のもの以外にヴィンテージのものや

ティーポットや紅茶のコレクションも展示していました。


今回も写真をざざっと紹介します。




f0374092_22375554.jpg



f0374092_22384816.jpg





ウエッジウッド
f0374092_22391327.jpg





ロイヤルクラウンダービー
f0374092_22394309.jpg



バーレイ
f0374092_22405657.jpg



f0374092_22441472.jpg


ハロッズ
f0374092_22444146.jpg



ヴィンテージ
f0374092_22454045.jpg



**********************


ヴィンテージのC&S



f0374092_22471399.jpg

イギリスの女性陶器デザイナー

日本でも1990年代ブームになりました。

私もスージークーパーがきっかけで

イギリスの陶器からアンティークに興味をもつようになりました。

左側のグレイのウエッジウッド社から日本限定で発売されているシリーズ「グレンミスト」



ロイヤル・アルバート社や(右側薔薇模様)

シェリー窯
f0374092_22505268.jpg

f0374092_22533742.jpg

左側、ピンクは、スージー・クーパー

ボーンチャイナで作られたシリーズ

クロス・ステッチの模様の薔薇のシリーズは

実家で母が集めていたものと同じです。



f0374092_22575007.jpg

シェリー窯は現在はありませんが


パーシー・シェリー、フレデリック・リードなど様々な革新的な磁器のシリーズを生み出しました。

1925年から40年代まで最盛期を迎え各国に輸出されましたが

戦後一旦再開されましたが1966年窯は閉鎖

数人のデザイナーによって生み出される

アールデコや風景画、花柄などの作品が優雅なティータイムを演出します。


f0374092_23074849.jpg




f0374092_23081317.jpg

f0374092_23111899.jpg

ミントン、

(右側)スージークーパー

スージークーパーは、年代ごとに

陶器のデザインも著しく変わり

初期はアールヌーボの要素が強く、

色もはっきりした色合いだったりしましたが

スージーが陶器デザイナーとして開花したころの作品は、代表的な

「ドレスデン・スプレイ」や「パトリシア・ローズ」などの象徴される

女性らしい淡い優しい色使いや植物のモチーフを使い

代表的な作品が多いです。

私も、最初はそういうスージーのデザインが好きなんですが

最近はその後の少しシックで抑え目な色調や

ボーンチャイナとコラボした作品にも惹かれます。

ただ、アンティークは出会いもあるし、お値段も張るので

なかなか自分の手元にはありませんが。。。

ヴィンテージの食器には、

現代ものにない、朽ちで風化した美しさ、優しさがあります。





[PR]
# by teineinakurasi | 2018-02-14 11:40 | テーブルコーディネート | Comments(2)

Valentine 

もう、2月の半ばにさしかかりました。

最近日々、あっという間に過ぎてゆき

そして明日はValentine dayなので

3連休最終日、ガトーショコラを焼きました。


f0374092_00190451.jpg

f0374092_00122266.jpg

今年は、いつも参考にしているレシピを少し変えて

小麦粉は全く使わずココアで代用、

溶かしたチョコレートとバター、卵、生クリーム、ココアだけで

濃厚なガトーショコラです。

膨らみが少し悪かったところが、残念でした。

しっとりとした感じがフォンダンショコラのような感覚です、。。。



f0374092_00171528.jpg

友チョコにいただいた

オードリーのグレイシア


f0374092_00194737.jpg
オードリーは、

パッケージや箱、袋までかわいいですね。

横浜のデパートでは、いつも行列ができています。。。




f0374092_00205685.jpg


友チョコにいただいた

ベルアール京都別邸
(ショコラ雅)

日本の四季を表現した美しいチョコレート

一粒のチョコの中に和と洋の素材が入っています。

さすが、京都のチョコレートですね。


f0374092_00234646.jpg
わが家では、地元神奈川の平塚にある生チョコ専門店のシルスマリアの

チョコを買いました。

夫へは、ウィスキー(竹鶴)の生チョコ

私には(あまおう)の生チョコ



友チョコでいただいた

オードリーのショコラ

メランジュどショコラフリュイ


f0374092_00270807.jpg

美味しいチョコとガトーショコラに囲まれた

HAPPY VALENTINE!!になりました。



[PR]
# by teineinakurasi | 2018-02-13 11:02 | お菓子作り | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura