人気ブログランキング |

カテゴリ:甘味処( 3 )

f0374092_09074536.jpg

京都烏丸駅から徒歩数分六角通り沿いにある


「大極殿 栖園」



創業明治18年の老舗の甘味処

築140年の京町家

紅殻の外観が京都らしい美しい佇まいです。


三年前の夏、義妹と祇園祭の帰りに

こちらで月替わりの「琥珀ながし」をいただきました。

その時は、夏の暑い時季、祇園祭後祭の日で

2時間並んでようやく座っていただくことができました。



琥珀流しの蜜は月替わりで

その時は4月~12月までだったのですが

今では、通年、月替わりで愉しむことができます。



1月は白みその蜜がかかった

お正月らしい一品。

クリーミーな白みそが優しい甘さでとっても美味。

金時人参を添えて紅白で華やかです。



f0374092_09155982.jpg



f0374092_09182204.jpg

さすがに平日の冬の京都、午前中だったので

店内はまだ席にも余裕があり

坪庭近くの席に座ることができました。




f0374092_09201777.jpg

1月は、白みそ、2月はココア、3月は甘酒の蜜だそうです。





f0374092_09213720.jpg


お正月飾りの餅花も飾っていました。


f0374092_09235802.jpg


f0374092_09243190.jpg


f0374092_09245678.jpg


美しいお干菓子や和菓子


お友達は、お抹茶と上生菓子。

夏に来た時は、若者や家族連れ、カップルなど

甘味とは結び付かない年齢層で賑やかでしたが

冬の京都は、

甘味好きの落ち着いた年代の方が多くて

みなさん、琥珀流しを愉しまれていた様子。


f0374092_09260902.jpg

季節ごとに変わる暖簾も

楽しみのひとつ。

こちらは、日の出かな。。。



f0374092_09263282.jpg


京都在住なら

毎月月替わりの琥珀流しをいただいて、コンプリートしてみたいです。


更新を通知する



by teineinakurasi | 2019-01-25 09:43 | 甘味処 | Comments(4)

自由が丘 古桑庵



古桑庵


以前からずっと行ってみたかった甘味処。

なかなか、一人では近くまで行っても

入るきっかけがなくて

友人と今回初めて行ってきました。


f0374092_22410090.jpg





古桑庵(こそうあん)

桑の古材で作ったお茶室だったそうで

夏目漱石の娘婿、小説家の松岡譲氏が命名したそうです。

自由が丘の賑やかな通りから少し奥に入ったところにあり

自由が丘の喧騒を忘れるような、日本家屋

お庭もしっとりとした和のお庭です。

外国人観光客も多く

私たちが通された茶房では、

外国の方が、半数。

マナーも心得て、靴をぬいだ後は、持参の袋に入れて

裸足(サンダルだったので)から靴下カバーに履き替えてから上がるという、

そういう知識をもって日本情緒のある店を選んで来ている心がけが素晴らしいなと感心しました。

子供も騒ぐことなく、家族全員、正座して食べていたのには、驚きました。

日本人として恥ずかしくなるぐらい、

郷に入っては郷に従えという

西欧系の方たちでした。

f0374092_23092239.jpg





f0374092_23090212.jpg

窓から眺める、風景も和みます。




f0374092_23100137.jpg

私たちがいただいた甘味は、

古桑庵風白玉抹茶ぜんざい

初めていただく抹茶ぜんざい、お茶と甘味の融合で

とても美味しくいただきました。



f0374092_22421812.jpg

これからは、

気軽に自由が丘散策で

歩き疲れたら寄ってみようと思います。






by teineinakurasi | 2018-07-14 17:47 | 甘味処 | Comments(6)

北鎌倉 こまき

北鎌倉での寺社散策も終わって


ちょっと駅前の和菓子屋、「こまき」さんで

ひと休み。。。

f0374092_17570754.jpg

落ち着いた雰囲気の店内

紫陽花の頃、お店でいただいたこともありますし、

以前、鎌倉の大佛茶寮でもこちらの和菓子をいただいたことがあります。


上品な店主の奥様と娘さんが切り盛りされています。


f0374092_18000281.jpg

お抹茶と生菓子をいただきました。

1月は「紅梅」


f0374092_18004545.jpg


お抹茶茶碗は、干支の「戌」の模様。

今月限りで、次は、12年後。

めったに出会えることがないお抹茶茶碗でいただけて

これも茶道の世界でいう

「一期一会」


f0374092_18025461.jpg

年始のしつらえも美しく


f0374092_18033059.jpg

私が気になったのは


入口近くの小さなガラス張りの飾り棚。

奥様のお話によると

戌の年賀状は、

今年三代で襲名披露した歌舞伎の

松本白鳳氏がこちらのお店を御贔屓にしている縁で

送られてきたものだそうで、

戌の絵は松本白鳳氏、直筆だそうです。


f0374092_18043752.jpg

こちらのかわいい、戌の人形は

奥様の知人である京都の三条のお人形店を営む方からのいただきものだそうで

とてもかわいい戌の置物。


f0374092_18050075.jpg

そして、漆の菓子盆にのった

お菓子は、こまきさんの1月の生菓子「紅梅」


美味しいお茶と和菓子をいただき、

ほっこりした気持ちになったのは、

空腹が満たされたということだけでなく

奥様との会話の中で感じとられた優しさでしょうか。


とても心和む素敵な時間でした。


f0374092_18135915.jpg


最初、蝋梅を観に北鎌倉を散策した記事を更新していましたが

翌日の午後から雪になり

その翌日晴れてから写真を撮りに行ったので時系列がバラバラになってしましました。

1月21日撮影です。





旅行おでかけ部門に応募します。



第2回プラチナブロガーコンテスト


by teineinakurasi | 2018-02-02 16:59 | 甘味処 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura