カテゴリ:椿( 4 )

f0374092_16423711.jpg

日光椿(じっこうつばき)

京都指定天然記念物

お庭に入ってすぐの場所に咲いています。

真っ赤な花びら、太陽のような形で。。。



f0374092_16450663.jpg



f0374092_16455051.jpg


椿の花にも目がいきますが、

苔のお庭の落ち椿。

鎌倉のお寺では、椿の花はあっても

苔がなかったり、土の上に落ちていて少しがっかりすることがあります。

京都でしか、

こういう風景を

あまり見ることができないので夢中になって

苔の美しさや椿に

カメラを向けてしまいます。


f0374092_16461663.jpg



f0374092_21391662.jpg



f0374092_16530674.jpg


池水式回遊庭園



ちょっとした休憩する場所も

京都らしい演出

赤い傘に椿が似合います。



f0374092_16463650.jpg



f0374092_16523292.jpg


桜の花びらが雪のようです。





f0374092_16554679.jpg



f0374092_16561424.jpg





f0374092_16545881.jpg




f0374092_16552393.jpg




f0374092_16564581.jpg




孔雀椿

f0374092_16570416.jpg




f0374092_16580195.jpg

落ち椿が綺麗。。。




f0374092_16582397.jpg


こちらの椿は

「月光椿」

日光、月光、両方とも趣のある椿です。


生前母と神奈川県にある「武相荘」という白洲次郎、正子邸のお庭で

見て以来「月光椿」は

印象深く心に残っています。




f0374092_21414393.jpg


さあ、出口に近づきました。

名残り惜しいけれど

また、椿の季節に、再訪したいです。






[PR]
by teineinakurasi | 2018-04-20 16:57 | 椿 | Comments(4)

谷の御所

霊鑑寺 門跡寺院

f0374092_17504562.jpg


3月24日~4月8日まで春の特別公開。

後水尾天皇の皇女を開基として創建

代々の皇女が住職を務めた尼門跡寺院です。

別名「谷の御所」とも呼ばれ

後水尾天皇が椿を好まれ、境内には

日光椿、月光椿、散り椿など30種類の椿が植えられています。


f0374092_17500245.jpg



f0374092_17485833.jpg



門をくぐるとまず最初に目に飛び込んでくる

大きな椿の木は

「霊鑑寺散り椿」

f0374092_17585375.jpg




f0374092_18005063.jpg

苔には、散った椿の花びらが

絨毯のように敷き詰められた状態です。

椿は、花ごと落ちることで知られていますが、

五色散り椿のように

こちらも花びらが散る椿です。

桜が美しい時季と重なりますが

冬から始まって

桜が咲く頃、椿がもっとも美しい時季。




f0374092_17572462.jpg

「椿の寺」に相応しく

美しい椿のしつらえで

参拝客の心を捉えます。



f0374092_18032920.jpg


f0374092_18050093.jpg


竹に生けられた椿の花

その美しさにしばし立ち止まり

魅了されます。



f0374092_18051736.jpg

椿のお寺ならではの花あしらい。



f0374092_18061231.jpg

手水鉢には、椿の花が美しいしつらえ




f0374092_18090184.jpg

紅白の椿。。。


さあ、これからお庭の中に入っていきます。





[PR]
by teineinakurasi | 2018-04-19 15:23 | 椿 | Comments(6)
法然院

伽藍特別公開

椿の庭

f0374092_17075423.jpg

こちらには、(五色散り椿、貴椿、花笠椿)

三種類の銘椿が植えられています。


f0374092_17305359.jpg




f0374092_17222888.jpg

(花笠椿)



f0374092_17085607.jpg

椿は、花ごと落ちるので

「落ち椿」と呼ばれていますが

このお庭には、花びらが散っています。


五色散り椿、散った花びら。。。



f0374092_17244415.jpg

(五色散り椿)



一本の木に赤や白、ピンク、絞り模様が入ったものがあります。





f0374092_17274831.jpg

方丈庭園


こちらの蹲にも椿のしつらえ

桜も散り始めています。






f0374092_17293488.jpg

苔蒸した趣きのある手水鉢






f0374092_17300209.jpg


f0374092_17320842.jpg

青銅の

手水鉢には

色とりどりの椿が浮かべられていました。



f0374092_17333048.jpg


椿の花の種類の多さに驚かされます。



落ちた姿も、愛おしい


f0374092_17340951.jpg




f0374092_17343317.jpg

ハート型の花びら




f0374092_17215486.jpg




f0374092_17353328.jpg



f0374092_17361010.jpg

中庭

窓ごしに椿を見る。



f0374092_17363638.jpg



f0374092_17365790.jpg


そして


椿が終わると


今度の主役は、

新緑が始まった青もみじです。




f0374092_17380578.jpg


京都のお寺を訪ねるようになって

椿の美しさや

魅力に、気づかせてもらうようになり。。。


翌日実家の庭の椿を

母に供えました。


f0374092_00263780.jpg



f0374092_00265595.jpg





[PR]
by teineinakurasi | 2018-04-18 13:04 | 椿 | Comments(4)

法然院


f0374092_15525850.jpg

静謐で

しっとりとした佇まいが好きで

京都を訪れる機会があると、何度かこちらのお寺には足を運びました。

春夏秋冬、それぞれの季節に

趣きがあって大好きなお寺です。





f0374092_15542278.jpg


春の参道には、

落ち椿の風情が、なんとも風流で



f0374092_15552875.jpg

数年前に新しくなった茅葺き屋根の山門も苔むして

少しずつ昔の趣きを取り戻してきました。

杭の上にも

この時季ならでは

落ち椿が出迎えてくれます。

f0374092_15572687.jpg


f0374092_15592910.jpg

白砂壇を両方入れて

撮りたかったのですが、タイミングが合わず。。。

f0374092_17054098.jpg



それでも絶え間ない参拝客の切れ目になんとか

1枚撮れました。



f0374092_15581669.jpg


椿の時季、恒例の花あしらい。。。




4月1日~7日まで特別公開が行われていました。


今回は、本堂に入り、

ご本尊阿弥陀如来坐像や狩野永徳の襖絵

方丈庭園や椿の庭を見学することができました。

美しい椿や

椿のしつらえは、後日。。。








[PR]
by teineinakurasi | 2018-04-17 14:49 | 椿 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura