カテゴリ:はな( 27 )

ジニアと千日紅




産直のお店で買った花は安くて、新鮮。

まるで、野菜と同じですね。




ジニア、百日草。

f0374092_18544878.jpg

色鮮やかでカラフル

太陽の下で育っているので

花の向きもばらばら。



f0374092_21552497.jpg


他に千日紅も買いました・





この花も大人になってから好きになった花





f0374092_18473881.jpg



f0374092_18453318.jpg


そして夏野菜も買いました。



f0374092_22010568.jpg

[PR]
by teineinakurasi | 2018-08-07 22:03 | はな | Comments(4)


f0374092_22473755.jpg
聖林寺(奈良県桜井市)

桜の記事に紛れてアップし忘れてしまいました。

花の時季は過ぎてしまっていますが。。。



創建は奈良時代に談山妙楽寺の別院として藤原鎌足の長子が建てたとされています。


国宝十一面観音菩薩は、大神神社の神宮寺より移され

岡倉天心などによって開扉されて以降

人々を魅了するようになりました。




f0374092_22542515.jpg
はるかに三輪山を望みます。



春の花が咲き淡い優しい景色が広がっています。



f0374092_22562947.jpg



f0374092_23044353.jpg



f0374092_22570250.jpg

この回廊を行くと

十一面観音菩薩に対面できます。


天平時代の作で木芯乾漆像

八頭身の均整のとれた仏身で

白洲正子氏も絶賛の観音菩薩像です。






f0374092_23024014.jpg





f0374092_23020742.jpg

落ち椿も綺麗




f0374092_23033247.jpg


4月5日

聖林寺にて。。。


****************************************



f0374092_22104541.jpg




いよいよusaさんの圧倒的。桜2018

5月19日今週の土曜日ですね。

みなさんのが投稿される今年の桜、日本中北から南まで

一斉に美しい桜で繋がるのを楽しみにしています。







[PR]
by teineinakurasi | 2018-05-18 14:50 | はな | Comments(4)

4月下旬、フラワーアレンジメントのレッスンでした。

マンションで開かれているアレンジメント

今回は春から初夏の花を使って

グリーンやブルー系の花を使った爽やかなアレンジ

f0374092_17064923.jpg

カップ咲きのバラや

母の日にあわせてグリーン系のカーネション

左側に斜めに活けた薄紫色の花は

宿根草のスイトピー(ブルーフレグランス)


一本奥に立っているのは丁字草

右側斜めの白い花は

グラジオラスの仲間、「トリステス」




f0374092_17114619.jpg



f0374092_17090105.jpg
真ん中あたりから左側斜めに活けている薄紫色の花は

リューココリーネ

5月は爽やかなブルー系

グリーン系、ホワイトのお花の出番がふえますね。


************************************

5月1日は、すずらんの日ですが

今年は用意することができませんでした。


*****************************
f0374092_17263142.jpg

先週買ったアルトロメリア

ユリ科の植物です。


ピンクや黄色のは、自分の好みではないので

白を買いました。

花のもちもよく

綺麗に咲いてくれています。



久々に自宅のインテリアの写真ですが


リビングのコーナー

いつもなら、月ごとにしつらえ変えたりしているのに

4月は気持ちの余裕がなく

まだ帰省前のまま。。。の状態でしたが

(イースターの飾り物がまだ片づけられてなくて。。。)

GW中になんとかしなくては。。。と思いようやく



初夏らしくなったでしょうか。。。

f0374092_00491539.jpg




ベランダの薔薇が咲きました。




f0374092_00520130.jpg


クレマチスや

ラベンダー

ゼラニウム



f0374092_00495300.jpg

アレンジに使った薔薇も

弱ってきたのでドライにしました。





f0374092_00503122.jpg




f0374092_00510991.jpg

アレンジの残りの元気な花は短く切って

鉢に活けて

もう一度愉しむことにします。



f0374092_00514321.jpg

宿根スイトピーは、

和の器に入れて

那須のSHOZO ROOMSで買った

和のお盆。



いろいろなシーンで使えそうです。・




[PR]
by teineinakurasi | 2018-05-14 18:05 | はな | Comments(6)

鎌倉の桜 明月院

鎌倉の桜

建長寺を後にして向かったのは、

明月院

紫陽花で有名なお寺です。

桜は、紅枝垂れがあともう一息。。。

(撮影3月27日)




f0374092_21351976.jpg


枝垂れ桜を見ていた年配のご夫婦

旦那さんが奥さんに

紅枝垂れが咲いていると華やかでもっときれいのだけれど

後も少しなんだな。。。残念だ。。。と

しきりに話されていて

(私も心の中で、同意していました。)


f0374092_21355108.jpg

ご夫婦で明月院によく来られているのでしょうか。

そばで見ていても微笑ましいご夫婦でした。



f0374092_21040412.jpg

紫陽花の時と違い、参拝客もまばらなので

まったく人が入らずに撮れることもあるのです。

参道の階段脇には、もう新芽が芽吹き始めたあじさいが緑色が鮮やかになってきました。

右側の黄色の木が山茱萸

その左側のうっすらピンク色が紅枝垂れ

山門の屋根にかかったうっすらピンク色の木も紅枝垂れ。

今週末ぐらいには、もう咲いているでしょうか。。。



f0374092_21083555.jpg

レンギョの黄色が鮮やかに色づいていました。

山門のしつらえも


いつもながら、境内の草花で彩られています。


f0374092_21362147.jpg


f0374092_21102391.jpg

春の丸窓

少しずつ木々の芽吹きも始まり萌黄色の季節も間近です。


4月始めまで、北鎌倉は吊るし雛の飾りがお寺やお店、などで飾られていて

明月院も吊るし飾りがありました。



f0374092_21131503.jpg

方丈庭園には、美しい生け花があり


貝母百合の花も

咲いていました。




f0374092_21365873.jpg

俯いて咲きます。


f0374092_21371325.jpg



すみれの花


f0374092_21374286.jpg



木瓜


f0374092_21163598.jpg

雪柳

f0374092_21380896.jpg


椿




f0374092_21165804.jpg

イロハもみじの新芽も出始めました。


f0374092_21383020.jpg

山つつじ


f0374092_21175014.jpg

山茱萸


f0374092_21173524.jpg

馬酔木

明月院に行く途中の径で咲いていました。

桜は少し時季が早かったけれど、

春の花にたくさん出会えた明月院でした。





[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-30 18:46 | はな | Comments(6)

クリスマスローズ


クリスマスローズ



マンション住まいのわが家には、あまりご縁がない花だと思っていました。

お花屋さんでも(水揚げが悪いので)

あまり見かけることもなく、

以前、実家に帰省した時

母の友人の方から

「お母さまに供えてあげてね。」と仰って

いただいたことがあったクリスマスローズを思い出しました。

うつむき加減でどちらかと言えば、控えめな花だと思っていた花が

花束にしていただくと華やかになるのだと。。。

先日出先で、クリスマスローズの花束が売っていました。

さっそく家に帰って生けました。

f0374092_18032444.jpg



f0374092_18040448.jpg

アンティークのビシェに入れると

絵になります。



f0374092_17552362.jpg



f0374092_18031363.jpg
テーブルへ移動した時に

落ちた花粉も

星形の模様みたいで、かわいくて

普段なら、すぐごみ箱に捨ててしまうのですが

こういう景色も

自然な感じでいいものだなと思いました。



[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-19 21:53 | はな | Comments(6)

ミモザ


3月に入り、昨日の春の嵐、

春のような気温、近所の梅の木の蕾も一気に開花してきました。
次々と花が咲く季節なのに、花の写真を撮りたい、でかけたいと思うのですが

花粉症なので、外に出るのが段々と億劫になってしまいます。
この症状が5月半ばまで続きます。

3月

ミモザの花が出回る時期ですね。
f0374092_18331569.jpg

先週、
ミモザの花を買いに地元の花屋さんを3軒回ったのですが
今年は、冬の寒さが厳しく
ミモザの花が不作だそうで、花屋でも品薄状態が続いているそうです。
野菜の高騰と同じく
草木や花も成長が遅れたり、寒さで枯れてしまったり、
週末、野菜の買い出しに行った時
ミモザの花、2束売っていたので買いました。
以前の春先に買った時とは違い花つきも少し悪い状態でしたが
2束買ったので小さなリースを1個作り、
花が少ない分、少し華やかさにかけますが、
今年もミモザのリースを作れて満足です。

f0374092_18401366.jpg

花瓶にも生けることができました。


f0374092_18403001.jpg
3月8日は、ミモザの日

国連が定めた「国際女性day」にちなんで

イタリアでは、男性から女性にミモザの花束を贈る習慣があります。







小さい春、み~つけた!

[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-02 19:03 | はな | Comments(2)

春を感じる花生け



f0374092_21412665.jpg

先週は、マンションのサークルのフラワーアレンジの日

一年に5回生花のアレンジ、2回は布花作りを習っています。

一年で一番の楽しみは、2月の春の花が豊富な時期。

f0374092_21431313.jpg

今回はリサイクルガラスの花器で

生け花の「投げ入れ」を習いました。
土台になるグリーン系のエンドウ豆やコデマリで
土台を作ってそこに生けると
花も倒れずに生けられるという手法
「オアシス」という吸水スポンジを使ったアレンジメントとは違って
枝ぶりや枝の流れや茎の長さを生かして花を生けるのは
初めての試みで難しかったけど
家にもって帰ると
お部屋の気温が何度か上がるくらい
春を感じます。

f0374092_21513463.jpg



f0374092_21490328.jpg


f0374092_22421361.jpg



f0374092_22580970.jpg

ボウルに入っている水仙の布花
中断、左
ライラックの布花
中段、右側

水仙の絵柄のボウルに
咲き終わった花の花びらを乾燥させて

退色していく様子も愛おしく

花を最後まで愉しみます。





小さい春、みーつけた!


[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-21 20:20 | はな | Comments(2)

冬のベランダ

久しぶりにホームセンターへ

花の苗を少しだけ買いに行きました。
f0374092_17051516.jpg


ビオラや、ムスカリ、プリムラポリアンサスの苗を

水苔で巻いて

麻布を敷いたガーデニンググッズに入れ


f0374092_16374823.jpg


15年以上ベランダの風雨にさらされながらも

花の鉢や、ガーデンニングの鉢を置いて

愉しんでいた木のテーブルも

経年変化で昨年、壊れ

ベランダの掃除もかねて処分し

年末には、殺風景だった我が家のベランダ。


新年になって、なんとなく一区切りが過ぎると

やはり、花がないのは、寂しい。

古い籠に

水仙やラナンキュラス、ムスカリの苗を入れて土を加えて

「春を呼ぶ」バスケットを作りました。

f0374092_16404149.jpg

春の球根、

ヒヤシンス、今年は水栽培をやめて

土で育てることにしました。

アネモネも少し芽もでてきました。


f0374092_16402792.jpg




f0374092_17034854.jpg


写真の蕾がしっかりついたヒヤシンスは、

買ったもの、芽だし球根。

私が植えたヒヤシンスは(写真には写っていませんが)

やっと芽が出てきたばかりです。


f0374092_17040997.jpg


ビオラもこれから春にかけてどんどん

咲いてくれることでしょう。


あと数日で大寒。

寒さが一番厳しい季節ですが

着実に植物は春の準備を始めています。






「くらし」部門に応募します。






第2回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-16 16:34 | はな | Comments(8)

早春の花とキルト



お正月の花と入れ替わり、

街のお花屋さんには、早春の花が出始めました。

チューリップやラナンキュラス、ヒヤシンスや水仙 、アネモネ、 etc...


これから、3月ごろまで愉しませてくれます。

先日、買い物帰りにチューリップを買いました。

f0374092_16320072.jpg

春というと、ピンク色のイメージがありますが

私自身、ピンク色は大好きなんですが

早春は、何故か黄色の花を選ぶことが多いです。

自然の中でも、

福寿草や、蝋梅や、サンシュユ、マンサク、菜の花、

など

早春に先駆けて咲く花は、

黄色が多いのです。


f0374092_22191254.jpg

まだしつけをかけた制作途中のパッチワークキルトですが

ダイニングテーブルの上に

敷いて

チューリップを生けた水差しを置くと

春が来たような。。。気分になるから不思議。



f0374092_16311590.jpg


このパッチワークキルトのパターン名は

「おばあちゃんの花園」

今年の春には完成できるように

キルティングがんばらなくては。。。




玄関に置いていましたが


数日後、好きな方向を向いて

また、違った花のように見えます。

春に咲く花は

太陽の光が好きなんですね。




f0374092_17584531.jpg




「くらし部門に応募します」



第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-15 16:01 | はな | Comments(8)

新宿御苑 菊花壇展


f0374092_18463997.jpg


新宿御苑菊花壇展

皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ菊花の展示です。

11月1日~15日

菊が渡来したのは奈良時代末から平安時代初めと言われ

室町、江戸時代に発達を遂げて

明治元年

皇室の紋章に定められました。



f0374092_18445511.jpg


新宿御苑の回遊式日本庭園に

上家(うわや)と言われる建物を設け

特色ある菊花を観賞できるようになっています。



f0374092_18523907.jpg

「大菊花壇」

菊の代表的な品種で
花びらが花の中央を包み込むように丸く咲くのが特徴。





f0374092_18532664.jpg


f0374092_18534540.jpg

*********************


「肥後菊花壇」

肥後(熊本地方)で作られた

一重咲きの古典菊

武士の精神修養として発達してきました。



f0374092_18582129.jpg

肥後菊の場所は日当たりがよくて。。。

上手く撮れませんでした。



f0374092_18583249.jpg

***************************************


一文字菊、管物菊花壇(くだものぎく花壇)


f0374092_21131698.jpg


一文字菊は

花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊

花の形からご紋章菊と呼ばれています。




f0374092_21072801.jpg



管物菊は、筒状に伸びた花びらが放射状に咲く大輪菊。

花の形から糸菊と呼ばれています。



f0374092_21145981.jpg


**************************************

江戸菊花壇


f0374092_21153877.jpg


************************************


伊勢菊

伊勢地方で発達した菊で
縮れた花びらが垂れ下がって咲きます。



f0374092_21270304.jpg



*********************************

嵯峨菊


京都の嵯峨野で発達した菊で

f0374092_21275248.jpg

細い長い花びらが真っ直ぐ立ち上がって咲きます。



f0374092_21362324.jpg




***********************************

丁子菊



f0374092_21282827.jpg


花の中心部が盛り上がりアネモネ咲きと呼ばれています。



************************************

懸崖作り花壇


f0374092_21292801.jpg

野菊が断崖の岩から垂れ下がって咲く姿を模して

1本の小菊を大きな株に仕立てる技法で

「懸崖作り」と呼ばれています。




**********************************


大作り花壇


f0374092_21291276.jpg
初冬に出てきた芽を

一年がかりで枝数を増やし、1株から100輪の花を円形に仕立てる技法で

「大作り」と呼ばれています。

********************************


初めて見る菊や仕立て方

地方で発達した菊など

なかなか、このような立派な

大規模の菊花展は、見ることができません。



芝生の広場には菊の形を

たくさんの菊の寄せ植えで表現して美しい。

菊は、どうしても仏花のイメージがありますが

中国から伝わり、日本古来から親しまれてきた花。

一年中、お花屋さんでは、ありますが

菊が一番美しいのは11月。



今回、秋晴れの下

美しい菊を愛でることができました。








f0374092_21321204.jpg



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by teineinakurasi | 2017-11-07 21:55 | はな | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura