カテゴリ:料理( 29 )



f0374092_21074032.jpg

7月のブログテーマ

「おすすめ夏レシピ&おでかけ夏グルメ」の記事を投稿して

京野菜のおばんざいの記事を選んでいただきました。



エキサイトブログカフェ

こちらで紹介していただいています。








京野菜は、父が京都に行った時に買って帰り、送ってくれたもの。

賀茂ナスや万願寺唐辛子を使って

おばんざいや、明石の鱧で湯引きを作りました。

大好きな京都の食材で作ったお料理の記事を選んでいただき

光栄で、父にも喜んでもらえました。

編集部の皆様ありがとうございました。



その商品が先日、我が家に届きました。


f0374092_23121359.jpg



さっそく、試してみました。

包丁、ナイフ、スライサー、ピーラー、シャープナーのセットです。


色は好みの色を選択できるということなので

私はグレイを選びました。



f0374092_23544019.jpg

セラミックの調理器具は、使ったことがないので

興味深々。

包丁を持った感想は、

とても軽いということ。

驚きました。



冷蔵庫の野菜を使って切れ味や使い心地などを試してみました。

まずは、包丁

バターナッツかぼちゃのスープを作りました。

南瓜系のお野菜は、硬いのですが

切れ味はしっかりと切ることができ

使い易いです。

まな板の下にふきんで固定して動かなようにすると

軽いということも不安なく使えます。


f0374092_23193658.jpg

バターナッツかぼちゃを半分、そして4分の一に切り

イチョウ切りにして煮て

塩を少々、仕上げに豆乳。

シンプルに素材の甘さを生かしていただきました。


f0374092_23283646.jpg

次は胡瓜をピーラーで

皮を剥き

スライサーで薄く切ります。


切れ味も抜群。



f0374092_23295540.jpg

胡瓜とスライスした蛸を

オリーブバージンオイルとバルサミコ酢で

あっさりと。

スライサーは下の受け皿が付いていないので

若干、不安定な感じがしました。

手を切らないようにするガードがついていると

より安心して使えると思います。



f0374092_23331833.jpg



f0374092_23394453.jpg


ナイフで白なすを4等分にスライスし

フライパンの中にオイル入れて茄子焼いてから

ベーコン、チーズをかけて蒸し焼きに。

出来上がりに乾燥パセリとピンクペッパーをかけて出来上がり。



f0374092_23433454.jpg


最後は、人参で

キャロットラペ

いつもキャロットラペを作る時は

千切り用のスライサーで作りますが、

フランス在住のブロ友さんがブログでピーラーで人参をスライスした

キャロットラペを美味しそうに作られているのを見て

ピーラーで作ってみました。







f0374092_23450047.jpg

上の写真のようにどんどん切れます。

オリーブオイル、ワインビネガー、

干しフルーツやナッツを加えます。

f0374092_23493946.jpg



f0374092_23500621.jpg

こちらは夏の余ったお素麺でイタリア風お素麺

冷凍庫のシーフードミックスと

トマト、小口切りしたオクラ



f0374092_23505541.jpg

オクラは、ナイフを使いました。

こちらもよく切れて

スープの浮き身や

お素麺パスタの具にも使いました。

洗い物が終わった後はシャープナーで

刃先を研いで

終了





f0374092_23545632.jpg

冷蔵庫の中食材だけで作った野菜メインのお料理です。

夏の前半は、夏バテしないようにと

お料理をおろそかにしないように

気を配ったのですが、

後半夏バテ気味で

お菓子作りや、お料理も

少し気を抜いてしまいました。

食欲の秋なので、

体調を整えて、料理にも気を配りたいと思います。





[PR]
by teineinakurasi | 2018-09-11 21:32 | 料理 | Comments(18)

ワンプレートメニュー

f0374092_17003610.jpg

ゆっくり時間がある時は、

夕食用と昨日の残り物で

少しだけ贅沢気分な一人ランチができます。





f0374092_17092500.jpg
(トマトはガラスの箸置きです)



朝食の片づけをしながら


午前中に夕飯の下ごしらえをすることがあります。


先日産直のお店で買ったバターナッツかぼちゃを使って

スープを作りました。

夏向きにさっぱりと

生クリームではなく豆乳を加えました。


f0374092_17072316.jpg

あとは、万願寺とうがらしの煮びたし。

キャロットラペ

f0374092_17071022.jpg



昨晩の夕食の残りも使います。

手作りの胡麻豆腐、

たこのパジルソース和え


茄子のひき肉のカレー風味

茄子を半分に切ってくり抜き

細かく切ったものとひき肉をカレー粉で炒め

茄子の中に入れてベーコンを巻いてフライパンで蒸し焼きにします。



f0374092_17073736.jpg

ビールのおつまみにもいいです。



f0374092_17082055.jpg




夏バテで少し食欲が減退中で

少しずつたくさんの種類のものを食べることができるように工夫してみました。






[PR]
by teineinakurasi | 2018-08-10 18:13 | 料理 | Comments(8)

エスニックご飯 ②




f0374092_17541374.jpg
今日から八月。

酷暑はしばらく続きそう。

この暑さですっかり出不精になってしまいました。。。



息子が平日休みの日

カオマンガイを作りました。

無印のカオマンガイのセットを使ったので

炊飯器に米、水、カオマンガイの素と鶏肉を入れるだけで簡単。

f0374092_17521007.jpg

ごはんが炊きあがる間

カオマンガイだけじゃ味気ないので

冬瓜のスープ

f0374092_17515662.jpg

今回はすりつぶしてみました。

以前は冬瓜を柔らかく煮たものをそのまま残しましたが

こちらの方がのどごしも良くて美味しいです。


f0374092_17524052.jpg

デザートにかぼちゃとココナッツミルクで作った

かぼちゃのタピオカを作りました。


f0374092_17490174.jpg

自家製の

赤紫蘇ジュースも添えて。




f0374092_17544151.jpg


夏の食卓は、彩りが華やかになるので

好きです。



花の写真を撮りに行きたい場所があるのですが。。。

普段出かける時でも荷物が多い私。

カメラ持参で電車を乗り継いで都内までとなると

今年はやめた方がいいのか、悩みます。

という訳で最近は

料理ブログのようになってきました。




[PR]
by teineinakurasi | 2018-08-01 16:43 | 料理 | Comments(6)

三輪素麺 三輪の神糸


f0374092_16113695.jpg


シンプルだけど

夏の昼食の定番はお素麺

普段は、兵庫出身なので

揖保乃糸を買うことが多いのですが、

奈良の三輪素麺の繊細な食感も好きで

お出汁付の三輪素麺、「三輪の神糸」をいただきました。

薬味は青ねぎと青ゆずを擦っていただきました。


f0374092_16155822.jpg

素麺がのびてしまうので

写真も少なめ。

いただきます。


三輪の神糸




[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-28 16:19 | 料理 | Comments(4)

蛸を使った夏メニュー




蛸は、一年中出回っていますが、

夏が一番美味しいと云われています。

関東では、ほとんど輸入の蛸が占めていますが

私の故郷神戸では、夏にはよく蛸が食卓に登場しました。


f0374092_16402588.jpg

先週末、スーパーで神奈川県相模湾の佐島の蛸が売られていたので買いました。


酢の物やカルパッチョなど作って残っていたものを

平日の一人ランチでパスタにしました。

夏野菜のトマトやオクラ、枝豆を入れて

蛸は長く火を通すと硬くなるので

出来上がり直前に合える程度に。。。



f0374092_16434481.jpg

手作りの赤紫蘇ジュースも添えて。。。

夏は、キッチンに立つのが億劫になりますが

残った食材でいかに美味しくいただけるか、考えるのも楽しいもの。


f0374092_16463886.jpg


********************************


7月初め

一人ごはんのワンプレートランチ。




f0374092_17572332.jpg


今年の半夏生の日

蛸めしときゅうりと蛸の酢の物を作りました。

酢の物は、食べきったのですが

蛸飯は残ったので

翌日、私のプレートランチに変身。



f0374092_17542091.jpg



サラダを少し、

いんげんの胡麻和え、だし巻き卵

そして蛸飯のおにぎり。

市販の卵豆腐には枝豆をトッピング




f0374092_17582078.jpg

ガラスの器には

コリンキーの冷製スープ。

スープと云っても洋風ではなく、

出汁と豆乳を入れて和風に。。。さっぱりと夏向きにしました。






[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-25 16:50 | 料理 | Comments(6)

エスニックご飯


f0374092_16525652.jpg

猛暑の休日のランチは、

涼しい部屋でエスニック料理

ガパオライス (タイ)

アドボチキン (フィリピン)

生春巻き (ベトナム)

デザート (タピオカ)


f0374092_16552938.jpg


エスニック風のお皿はもっていないので

エスニックのランチョマットでアジアン風に

洋皿や和皿の色物で

夏らしく。。。

夏用のお花のcandleもアクセントに飾ってみました。

(つけるのは、もったいないので、ディスプレイ用です。^^;)




f0374092_16554511.jpg


ガパオライスは、タイ料理ですが、我が家は、唐辛子も香りづけ程度で少なめ。


黄色のお皿のアドボチキンは

栗原はるみさんのレシピを参考にして作りました。



f0374092_16575902.jpg

生春巻きは、エビと大葉、万能ねぎ、サニーレタス、


ビーフンはなかったので日本の春雨で代用。


f0374092_16592187.jpg


f0374092_16594588.jpg

デザートは、


f0374092_17000001.jpg

ココナツミルクで

タピオカが見えませんが。。。

ちゃんと入っています。

夏は、ココナツミルクのパウダーを常備して

カレーやお菓子づくりに重宝しています。








[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-22 17:25 | 料理 | Comments(10)

夏野菜を使った献立


f0374092_21284321.jpg


夏野菜を使って、ある日の夕食。



冬瓜のスープ



f0374092_21233191.jpg



干しエビとチキンスープがベースです。

柔らかく煮た冬瓜のスープは、冷たく冷やしていただきます。



f0374092_21252991.jpg


夏野菜と

先日の京野菜の賀茂ナスや万願寺とうがらしも使って

ラタティーユ風。




f0374092_21273205.jpg

紅鮭ときゅうり、ミョウガ、胡麻でさっぱりとしたお寿司。

出来上がりに大葉をかけます。



f0374092_21212699.jpg




f0374092_21291316.jpg

[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-20 20:02 | 料理 | Comments(6)


f0374092_15054093.jpg

実家から送ってきた

京都の賀茂ナスと万願寺唐辛子。


京都を代表する夏野菜です。


先月帰省した時明石で買った鱧を冷凍してもって帰り

7月になったので

鱧の落としを作りました。


f0374092_17453187.jpg


梅肉を添えています。



お吸い物は、鱧の頭と昆布で出汁を取りました。

お豆腐と椎茸。


賀茂ナスは、横に切って

フライパンで焼き

出来上がる前に、京都の田楽用の味噌を

塗り、火を止めます。

余熱でお味噌が温まり、

なんちゃってですが、京都のおばんざいですが。。。


奥のガラスのお皿には、

地元野菜のトマトやコリンキー

ガラスの鉢には、万願寺唐辛子をおかか醤油で合えました。



f0374092_17451593.jpg



[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-19 15:07 | 料理 | Comments(6)

ビーフシチュー


f0374092_20522944.jpg


温かなお料理と言えば、鍋物、シチューが代表選手でしょうか。

最近の野菜の高騰
3月になってもまだまだ落ち着きませんね。

平日は簡単にキャベツと人参、ジャガイモ、玉ねぎ、フランクフルトで
煮込むポトフ料理や

骨付きの鶏肉で煮込んだシチューもよく作りますが

休日の
ごちそうシチューと言えば
やっぱりビーフシチュー

赤ワインをたっぷり入れて牛肉を煮込み
トマトピューレや小麦粉、香味野菜で風味をつけながらコトコト煮込みます。

煮込む時間も結構長く、
私は、作ったシチューを一日寝かせて
味を浸み込ませてから翌日、いただくようにしています。

牛スネ肉をコトコト煮たシチューは味わい深いです。

デミグラソースの缶にも負けないくらい
コクが出るので
残ったソースは保存してオムライスのソースに使ったりします。


f0374092_18502215.jpg


シチューにはバゲットが合います。

バゲットは地元のパン屋さんで。。。



春の使者、ミモザを飾って。。。



f0374092_20540821.jpg

そして、ワインも。。。。



f0374092_18514849.jpg

f0374092_18540543.jpg


f0374092_18542607.jpg





HOTな食べ物教えて!


[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-10 21:49 | 料理 | Comments(4)
今日の関東は、真冬の寒さ。
久々にダウンコートを着てでかけました。

明日の朝はまた、雨と風が強いみたいで。。。

そのあとは暖かくなるようですね。

冬の料理もそろそろ終わりですね。



f0374092_22400250.jpg

寒い日は、温かな食べ物が美味しい。

冬の食材もそろそろ終わりだけれど

冬の食材を使って温かなごちそう和食。

牡蠣ごはんにふろふき大根


鯛のかぶら蒸し

父が京都の錦市場から送ってくれた「甘鯛」の一塩の干物を焼きました。


関西では「ぐじ」と言います。

(写真は魚を焼く前なので甘鯛の塩焼きは、撮っていません)


f0374092_22302161.jpg

昔は洋風料理一辺倒だった私。

普段の日は、主菜、副菜、お味噌汁

時間に余裕のある週末は、買い出しの食材など

京都の和食にちょっとチャレンジしたりしています。

ここ数年、冬になると作るのが

かぶら蒸し

鯛を一塩して、蕪をすったものと卵白を混ぜ合わせ

蒸し器で蒸し、

最後にくず粉で溶いたお出汁の餡をかけていただきます。

f0374092_22312821.jpg

かきご飯は

以前牡蠣料理のレストランでいただいたものを自分なりに

アレンジしたもの。

ご飯は生姜と昆布を入れてお醤油で味付けしたものを炊き

牡蠣は、別鍋で少し濃いめの出汁と生姜であまり火を通し過ぎずに煮たものを

ご飯が炊けてから牡蠣を添えます。




生前母が、父と旅行したり、出かけて美味しいご飯をいただいた時に

感謝の気持ちで数日後凝ったお料理を作ってサプライズをしてくれて嬉しかったと。。。

母が亡くなってから、よく父が私に話してくれました。

父の行為に感謝し、母もまた父にまごころこめて料理を作る。
そして、心から母に美味しかった感謝の気持ちを表す。

当たり前のようなことだけど
口に出して「ありがとう」と伝えるのは、なかなか難しいこと。







f0374092_22403852.jpg

デザートは、

この時季旬を迎える柑橘類を使って

伊予柑とネーブルでゼリーを作りました。

伊予柑のゼリーは、生前母がよく作っていたデザートで

母が亡くなって遺品を整理した時に

母が書いていたレシピノートが2冊出てきたので

今回の蕪蒸しも、ゼリーもそのレシピを見て作りました。

まだまだ母のレベルには、

到達できません。

女性が活躍する時代に逆行しているような私ですが

家庭料理をしっかりと作っていきたい。

ひそかな、私の今年のテーマです。


f0374092_22441405.jpg




f0374092_22455174.jpg



器も大好きなので、

食卓にどんどん活用させて使っていきたいです。

母からもらった赤い朱塗りの「おひら」と呼ばれる蓋物は、

蓋物のほかにお菓子を盛ったり、いろいろな使い方ができます。


秋冬は、土ものの食器が多くなりますが

春に向かって、陶磁器や絵や柄物も登場の機会が増えます。


f0374092_22455930.jpg



HOTな食べ物教えて!

[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-08 21:17 | 料理 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura