カテゴリ:カフェタイム( 7 )


横須賀にある焙煎珈琲店

豆と焼き菓子のみの販売のお店

「宍戸珈琲」へ行きました。

コスタリカの中煎りの豆と

マスカット、ピオーネのタルトを買いました。




f0374092_21170993.jpg

葡萄に合わせてお皿はイイホシさんの限定のパープルのお皿

そしてアラビアのパラティッシ





f0374092_21193535.jpg



f0374092_21195941.jpg


f0374092_21202510.jpg


前日に来客があったので

葡萄ゼリーを作って最後の一つ。


f0374092_21214192.jpg


f0374092_21232710.jpg


今年の秋はバタバタしているので

お菓子づくりもゆっくりできないかもしれません。

何より悲しいのは

今までゼリーやジャム用に使っていたブドウ

ベリーAやキャンベル


昔からの葡萄、昨年までは

安売りの八百屋さんに行けば簡単に入手できたのですが、

最近の甘くて種なしの美味しい葡萄ブームで

加工用の葡萄も取り扱わなくなり

加工用葡萄探しの放浪の旅が始まりそうです。

私の葡萄ゼリーを楽しみにしてくれている友人のためにも

何とか入手しなければ。



[PR]
by teineinakurasi | 2018-09-26 08:18 | カフェタイム | Comments(8)

真夏のデザート

f0374092_13074179.jpg

ひまわりを見に行った帰り久しぶりにケーキ屋さんへ。

お店に入った途端、一番に目をひいたケーキは

まるごと桃のタルト。

ラストワンだったのでもちろん一つ買いました。

そして

彩がかわいいメロンのムース



f0374092_13083431.jpg

もって帰る途中、箱を傾けてしまって。。。。

クリームが崩れてしまい、

とりあえず上にのせてしまいましたが

写真を撮るには、不格好なので

ベランダのミントの葉を置いて、隠しました。


f0374092_13122050.jpg

桃のコンポートも一切れ分残っていたので

薄いピンク色のシロップをかけました。

美しいアンティークのお皿は、私の下手なお菓子をカバーしてくれるので

必須です。


f0374092_13134234.jpg

飲み物は、

アイスティーにしました。


くるみっ子も大好きな鎌倉のお菓子です。



f0374092_13135303.jpg


[PR]
by teineinakurasi | 2018-08-09 13:18 | カフェタイム | Comments(4)
f0374092_16595873.jpg

川崎大師の帰り道で

RINGOのアップルパイの





甘い焼きたてのパイの香りにつられて買いました。

電車に乗って帰宅して

さっそくカフェタイム。。。


f0374092_17015440.jpg


切った方が美味しそうに見えるかな・・・

アイスクリームを添えてみました。


練習中の二層のカフェラテ

アイスカフェラテを作りました。



f0374092_17024846.jpg

蛍光灯モードで撮影すると

涼し気ですが、

パイは、美味しそうには見えないですね。。。




f0374092_17033810.jpg

このストロー

今環境問題で話題になっている

プラスチック製ではなく紙製なんです。




[PR]
by teineinakurasi | 2018-07-30 21:06 | カフェタイム | Comments(4)


今年もこのスイーツをいただく季節がやってきました。

f0374092_23152943.jpg


ガレット*デ*ロワ

キリストの生誕を祝う公現祭に

フランスでは、毎年街中のパン屋さんで作られる伝統のお菓子。




そして

ガラスドームの中に入っているのは

「マカロン*バスク」

一般的に知られる「マカロン*パリジャン」よりも300年位以上前に焼かれた

マカロンの原型といわれるもの。



以前は、パイシートやアーモンドプードル等で自分で

作っていました。



フランスの美味しいパン屋さんが作ったガレット*デ*ロワを

ぜひ一度いただいてみたくて

昨年末、青山方面に行った時、

RITUEL(リチュエル青山フラッグシップショップ)で

買ったパンがとても美味しくて

ここのガレット*デ*ロワなら間違いないと確信しました。



そして予約販売があることを知り

今年初めに予約をして先日、取りに行ってきました。



昨日、日曜日、夫と二人久々のおうちカフェタイム。



f0374092_23250655.jpg


パイの上に乘っている王冠は、

パイの中に(フェーブ)という陶器の人形などが入っていると

「当たり」になり、王様として王冠をいただけるのです。



最近は、子供の誤飲とかの影響も考えてフェーブの別添えが普通になっていて

こちらのお店もそのようでした。



フェーブを入れない場合は「アーモンド」が一個入っていて

これがフェーブの代用にもなります。



わが家は、もともと入っていたアーモンドと

私がパイの下からランダムに差し込んだフェーブとで2個当たりが入っていたのですが

2個とも夫のパイに入っていました。



f0374092_23255718.jpg


パイ生地の中には

ラム酒とグランマニエを利かせたアーモンドクリーム



f0374092_23293656.jpg

四人分でしたが、

夫と私だけで

フェーブ(別添え)とアーモンドがどこに入っているかドキドキ

アーモンドもフェーブ、両方、夫の

パイに入っていました。


f0374092_23321235.jpg

フェーブはフクロウのような鳥でした。


このゲームの勝者は夫。

今年は、夫にとっても新しい環境になったりと

変化の年なので

新年早々、幸先の良いスタートになり

喜んでいました。




f0374092_00000401.jpg





f0374092_23333534.jpg

ガレット*デ*ロワのお供は

コーヒーで


f0374092_23342383.jpg

エルサルバドル産の浅煎りのコーヒー豆は

京都のKURASUさんのコーヒー

ストレートで飲みやすくて

とっても美味しかった^^さおりさんありがとう。


京都のコーヒーは、ほんと美味しいコーヒーが多いのです。

京都は、和のお菓子や抹茶、日本料理というイメージが

ありますが、パンや牛肉、コーヒーなどの消費量が全国的に上位に

いつもランクされています。

古いもの大切する文化や伝統が息づく街ですが

新しい文化にも敏感です。




f0374092_23272282.jpg


f0374092_23363320.jpg

f0374092_23455408.jpg

ガラスドームは、RITUELの帰りに

青山のスガハラガラスで

買いました。

ケーキやクッキーなどを入れておくのにちょうどいい

大きさで気に入っています。


(パン・スイーツ部門で応募します。)



第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by teineinakurasi | 2018-01-08 15:24 | カフェタイム | Comments(10)

コーヒーの香り、焼き菓子の焼ける甘い香り。

私の一番リラックスできる時間です。

f0374092_17081066.jpg

今月は、私の誕生月で

お友達のさおりさんから

素敵なお誕生日プレゼントをいただきました。


f0374092_17182149.jpg

京都にある老舗

辻和金網さんのコーヒードリッパー

辻和金網さんへは、以前

友人と京都旅行した時に

焼き網と茶こしを買い、今も毎日の生活で

大活躍してくれている品々です。




f0374092_17092075.jpg


ドリッパーの金網は、手作りで作られたもの。


職人さんの手仕事の技が光ります。


使いこむほど味が出て馴染んでくる道具類

京都には、そういう職人文化が昔から根付いているのです。


コーヒードリッパーは、辻和金網さんでも売られていますが

以前、手しごとのお店で見つけた時、

いいな。。。と思いながらも

コーヒーグッズは家にあるので

諦めた経緯があって。。。

でも、またいつか京都に行った時に買いたいなと思っていたお品でした。



f0374092_17172060.jpg




そして奈良の「TABIコーヒー」さんのコーヒー豆


コーヒー豆を開けた日

アップルケーキと一緒にいただきました。



深煎りだけど飲みやすくて

香りが良くて私の好みの味です。



f0374092_17193047.jpg


さおりさん、優しいお心遣い、ありがとうございました。



f0374092_17231935.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2017-11-12 10:16 | カフェタイム | Comments(10)

おやつの時間


最近お気に入りのベーカリーで買った

クグロフとショコラ*フランボワーズ

f0374092_15362152.jpg


病院の帰り、途中下車して


こちらのパン屋さんに 行くのが

楽しみになっています。

ハード系、デニッシュ生地のスイーツ系、

季節の野菜をたくさん盛り込んだ食事系と

バラエティに富んだ構成です。


若者が営むベーカーリーは、駅の一角にある小さなお店。


祖父からの代々のパン屋を引継ぎつつも

若き店主のポリシーは、

地域に密着しつつ、地産地消の野菜や素材を生かした食事パンを

SNSを駆使して

地域の人のみならず、全国に発信してパン好きの輪を広げています。

彼が作り出すパンは、少しずつ知られ、今や大人気。

都内のパンのイベントにも出店し

新しい形態のベーカリーをめざしています。


f0374092_16050421.jpg


******************************************







f0374092_15513477.jpg


ある日の家でのランチ

なんだか朝食メニューみたいですが

前日の残り物のポテサラとオムレツ、ウィンナー、グリーンサラダ


この日は、大きなフランクが美味しそうだったので

こちらの食事パンにしました。

こちらのフランクも地元のお店のものを使っています。



*****************************************


備忘録として。。。

4月の終わりに友人と行った鎌倉散策




f0374092_16384875.jpg


食べたストロベリーババロア

f0374092_16400445.jpg

お皿は、オクシモロンオリジナルです。

カレーを提供する鎌倉小町通りにあるオクシモロン コマチは、雑貨も販売。


オクシモロンオリジナル

イイホシユミコさんのお皿は、いつも人気で
完売。

人気でなかなか買えません。


f0374092_16423080.jpg


鶴屋吉信さんの季節の和菓子

「岩根つつじ」

ちょっと贅沢な生菓子を買ったときは

お抹茶を立てていただきます。



洋菓子はもちろん大好きなのですが

最近は和菓子が

お腹にひびかないので

和菓子を買うことが多いです。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-16 16:23 | カフェタイム | Comments(4)

コーヒーグッズ

以前は紅茶党だった私ですが、

最近コーヒーも同様に好きで

年齢を重ねてブラックコーヒーを飲めるようになりました。


f0374092_15025459.jpg


ここ数年友人と都内の東日本橋

都内 浅草 田原町




横浜 元町


北鎌倉
横浜 港北







京都






横須賀などのカフェめぐりをしていて

一昨年の秋、横須賀のtsukikoya
という

カフェに行き、カフェの2階にあるアトリエで

カッコイイカフェグッズを見て以来、

挽いた豆だけでなく自分も時々

豆を挽いてコーヒーを入れることが好きになりました。

f0374092_15434711.jpg


友人からいただいたケメックスのコーヒーメーカー


opaのケトル、北欧のものです。



茶筒に見えますが

これは、京都の開化堂さんの

コーヒー入れです。

京都のことが好きになってから、寺社や文化、工芸品などにも

興味をもつようになり、

長い間、ずっとほしくて。。。

東京でも六本木のミッドタウンや

高島屋などデパートに行けば買えるのですが

買う時には京都のお店で買いたかったのです。

一昨年五条方面に行くことがあり、

少し足を伸ばして

念願の開化堂さんに行ったのは、もう1年半も前になります。

開化堂のお店の方が

「この茶筒自体が冷凍庫のような役割をしてますので

けして冷凍庫には入れないでくださいね。

そして毎日やさしく触って育ててください」と言われました。

数年、経ったら、私色に育ってくれるでしょうか。


f0374092_15030696.jpg
おやつにいただいたのは

桜のクグロフをベリーのデニッシュパイ





コヒー用の茶筒には、軽量用の

コーヒースプーンがつきます。

f0374092_15035047.jpg

恥ずかしながら、初にお見せします。

築年数の経ったキッチンですが。。。


最近北欧のケトルをお迎えしました。

友達に一番ほしいキッチン雑貨は?と聞かれて

ケトルがほしいけど

「理想のケトルに出逢えない。。。」と

いつも漏らしていたのですが

1年ほど前ネットでこのケトルを見つけたのですが

ずっと欠品中で

ようやく何年経ったことでしょう。

理想のケトルがわが家にやってきました。

映画「かもめ食堂」にも登場したケトルです。

これなら、注ぎ口が細いのでコーヒーも淹れることができます。



それぞれ大切に使っていきたい宝ものです。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-04 15:40 | カフェタイム | Comments(10)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura