人気ブログランキング |

カテゴリ:フランス料理( 3 )

ときのもり CIEL ET SOL


ときのもり

フレンチ・レストラン CIEL ET SOLで

友人のバースデー・ランチ



ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14132414.jpg





ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14141316.jpg

梅ソーダーで乾杯♪



ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14145359.jpg

アミューズ


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14154725.jpg

三輪素麺に鱧のフリッター魚介のスープ、花紫蘇


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14170523.jpg


とうもろこしの冷製スープ

トマトのソルベ添え


酸味と甘みのバランスが最高



ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14183698.jpg


ヤシオ鱒を低温でじっくり火を通した前菜、奈良の野菜を添えて。



ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14204704.jpg


鮎の焼き物に新生姜とゴーヤー

鮎のお出汁で煮込んだリゾットを添えて


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14230785.jpg

アカハタのポワレ


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14233375.jpg

メイン


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14241903.jpg


デザート

ウフ・ア・ラネージュ

手の込んだスイーツで、爽やかでまろやかで

さっぱりとした極上の味


ときのもり CIEL ET SOL_f0374092_14250911.jpg

食後の飲み物と一緒に

お茶菓子。

材料も吟味され、お料理もとても繊細で美味。



夏の終わりに、充実した時間を過ごせました。











by teineinakurasi | 2019-09-03 14:34 | フランス料理


毎日の暑さで料理を作るのも、手抜きになりがち。

気分を変えて、美味しいお料理を食べに行こうと

三連休の最終日

北鎌倉円覚寺門前に

北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14511527.jpg



openした

フランス料理店「Chez Kentaro」へ



北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_22570588.jpg

表通りから少し入った入口はとても静か。


店内は


北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14411514.jpg


お庭を見渡せる落ち着いた空間

12時過ぎには、満席になりました。

予約必須です。



北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14414745.jpg


まず最初に出されるのは、ウェルカムドリンク


北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14432110.jpg

季節の果汁とスパイス合わせたスパイスウォーターと果汁たっぷりのゼリー


オードブルはバリエーション豊かです。






7品目の前菜が並びます。

どれもワインのお供になる一皿です。


上段左から

鱈のプランタード、キッシュロレーヌ、赤エビにパートブリック包み、
きゅうりとキャベツのヨーグルト和え

下段左から

キャロットラペ、自家製スモークサーモンのタルタル、メトイカのチョリソー


北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14490783.jpg



スープはとうもろこしの冷製スープ

北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14532176.jpg

ポップコーンをキャラメリゼしたものと焼きとうもろこしが

トッピングされて、スープとの調和も抜群


私が選んだコースはメインを1つ選ぶコースなので

お肉にしました。

豚バラ肉を柔らかく煮こんだもの。


北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14535074.jpg

とろとろに煮込まれた豚肉と

ソースの甘酸っぱさがいいバランスで美味しかったです。


デザートは、

ガトーショコラとアイスクリーム

散らしたチョコは、

チョコレートのソルベだそうです。




北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_14575309.jpg


北鎌倉の円覚寺の門前 フランス料理_f0374092_15042686.jpg

海と山の幸、地産地消、巧みに使って出されたお料理。

北鎌倉を訪ねる楽しみが増えました。








by teineinakurasi | 2018-07-21 15:12 | フランス料理

Nabeno Ism へ

上野、博物館庭園のお花見も終わり、

上野から浅草方面へ移動

地下鉄の出口を上がったら



スカイツリーと某ビール会社のオブジェと隅田川の景色が見えました。

お天気も良く

視界良好。

Nabeno Ism へ_f0374092_17073474.jpg

花より団子のお愉しみのランチタイム

二人とも気になっていた蔵前、駒形にある

ミシュラン☆に選ばれた

フレンチ料理 Nabeno Ism



予約を入れていたので

隅田川の見える見晴らしの良い席へ通されました。

隅田川下りの屋形船の往来を

眼下に眺めながらいただくフレンチ料理

時たま、ライン川下りのような西洋的な船の往来があったり

近未来的な宇宙船のような船が通ったりしたので

お店の人に伺ったら松本零士さん監修で

「銀河鉄道339」を模して造られたそうです。

個人的には、屋形船の方が

江戸情緒はあっていいなと思うのですが。。。



シェフは、以前

大阪阿倍野にあるフランス料理の辻調理師学校を卒業され、その後渡仏

ジョエル・ロブションでも総料理長として腕を振るわれ勇退。

昨年、江戸情緒が残るこの地に

お店をopenされました。


Nabeno Ism へ_f0374092_17123272.jpg


お店の名前の上には石板がはめこまれて

渡辺家の家紋が刻印され

Nabeno-Ismは、

料理を学んだシェフの原点の地

大阪の阿倍野(abeno)の文字が含まれています。



最初に出てきたのは、

Amuse


Nabeno Ism へ_f0374092_17160262.jpg
覚え書きとして・・・

感動していただいた料理でも

年のせいか、忘れてしまうことが多く

写真、記録しておくと

読み返した時にまた感動が甦るので

お店からいただいたMENUを書いておきます。


●ブルベリーとグリオットチーズのガスパッチョ
シャルトリューズの香り
●エストラゴンとライムのエキュームをのせて
●浅草老舗との(大心堂雷おこし)のスナック
●アントナン風グリーンオリーヴのマリネ



前菜



Nabeno Ism へ_f0374092_17214996.jpg

●両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をソースエミュルッショネの技法で炊き上げたそばがき
奥井海生堂蔵囲い2年もの昆布のジュレと塩ウニ

ウォッカクリーム、おろしたてのワサビコンビネゾン




江戸伝統野菜とフランス伝統食材の融合

Nabeno Ism へ_f0374092_17255291.jpg

●東京うどのマリネとミモレットチーズのマリアージュ
●山形からの山菜をプレッセ仕立てとマリネ
●富山県産ホタルイカのハーブコンフィ、黒づくりのパテを添えて



ココット



Nabeno Ism へ_f0374092_17312621.jpg
●モリーユの香る豚足入りブーダンブラン
ヴァンジョーヌの香るクリークリュスタッセ
フレッシュモリーユ茸のエチュベとグリーンアスパラガスのココット



メイン

肉料理

Nabeno Ism へ_f0374092_17343878.jpg

●和牛ほほ肉の赤ワインとオレンジで柔らかくプレゼ
プロヴァンス地方料理「ドーブ」の定義に基づいて
ローズマリーの香るジャガイモの入山せんべいクランブルと
ヴァニラオランジュのスュックをあしらって。。。



1皿めのデサート

Nabeno Ism へ_f0374092_17374784.jpg

●凍結させた温州みかんとホワイトチョコレートムース

スパイスとラム酒のソースと共に


二皿めのデザート

Nabeno Ism へ_f0374092_17394259.jpg

●ガトーフロマージュ、ペダルローズ シトロネルのグラス添え


8品ものお料理があり

最後までしっかり食べられるかどうか

最初は不安でしたが

酸味やマリネ、味の変化

和素材や日本の野菜を組み合わせることによって

最後の一皿まで美味しくいただくことができ満足でした。

最後の飲み物は

地元の

台東区日本堤にある「バッハコーヒー」と

駒形をイメージしたお茶菓子をいただきました。


贅沢で素晴らしいお食事

シェフの地元浅草、蔵前、駒形

江戸文化を大切にした地産地消というべき

見事なフレンチでした。

江戸文化に敬意を払い、継承していく

浅草、蔵前、地域

蔵前は、雑貨やカフェなどよく友人と訪れ、古さと新しさが融合した

とても好感がもてるところです。

またフレンチ料理界でも

浅草や江戸文化を大切に継承し

地元のお店の食材を使い

協力して、盛り上げていく

江戸っ子らしい気風の良さを感じた

名店でした。


料理の奥深さ、料理に対する情熱を感じました。

お料理をサーブするサービスマンの方たちも

わかりやすく、素材のひとつひとつについての

調理法、説明もわかりやすくて

スタッフの一人一人に行き届いた

教育がなされ、あらゆる面において

感銘を受けました。





by teineinakurasi | 2017-03-31 17:10 | フランス料理