人気ブログランキング |

カテゴリ:庭園( 6 )

伊豆旅行 ①

先週の三連休

家族で伊豆方面に温泉一泊旅行。

来月早々、日本を離れる息子夫婦の送別を兼ねての旅でした。

出発前で何かと忙しいので

観光地をめぐるというより、旅館で温泉に入って美味しいものを食べてのんびりするのが目的。

伊豆長岡温泉の三養荘へ。


伊豆旅行 ①_f0374092_11584854.jpg

昭和4年旧三菱財閥、

岩崎彌太郎の長男久彌氏の別邸として建築された

数寄屋造りの瀟洒な建物。

庭園は

京都の庭師、小川治兵衛が手掛けた壮大な美しい庭園です。

小川治兵衛は、平安神宮の神苑や無鄰菴の庭園、など造園した著名な庭師。







伊豆旅行 ①_f0374092_12032862.jpg

無鄰菴でもそうですが、芝生と水の流れを利用して設計されています。





伊豆旅行 ①_f0374092_12034398.jpg

春には枝垂れ桜、秋の紅葉

初秋

芒や

伊豆旅行 ①_f0374092_12111433.jpg

彼岸花

伊豆旅行 ①_f0374092_12155957.jpg


夏のなごりの百日紅



伊豆旅行 ①_f0374092_12112425.jpg


伊豆旅行 ①_f0374092_12113899.jpg

伊豆旅行 ①_f0374092_12175015.jpg



伊豆旅行 ①_f0374092_12181086.jpg




伊豆旅行 ①_f0374092_12041890.jpg

高台から庭園を眺めると

美しい景色が広がります。




伊豆旅行 ①_f0374092_12115000.jpg



伊豆旅行 ①_f0374092_12120500.jpg


宿泊した翌日、晴れたり雨が降ったりと

不安定なお天気でしたが、

チェックアウトの前に

ゆっくりとお庭を散策できました。





タグ:
by teineinakurasi | 2019-09-27 12:24 | 庭園
Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13242011.jpg
港の見える丘公園の会場での

美しいバラやそのほかの花を紹介します。



Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13254247.jpg


イギリスの庭からは、薄っすらですが

横浜の港やベイブリッジが見えます。


Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13265343.jpg

バラのアーチの下には

百合や季節の花々が美しく咲き誇っていました。


Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13283516.jpg



Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13290000.jpg

白いジキタリス、ベルのような形の花がたくさん。

イングリッシュガーデンと言えば

ジキタリスが一番に思い浮かびます。

Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13304548.jpg

こちらは釣鐘草

カンパニュラ

Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13273295.jpg

薔薇の苑の向こうには。。。

幸せそうなカップル


Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13342104.jpg


イギリス館

正面から撮りたかったのですが

人が多くて断念しました。


Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13331307.jpg



Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13320933.jpg



Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13332143.jpg


カクテルという名前の薔薇

カクテルグラスのような形なので

そのような名前になったのでしょうか。



Garden Necklace Yokohama 2017 ②みなとガーデン_f0374092_13334912.jpg



港の見える丘公園の出入り口にある

コンテナガーデン


さて、次はランチを食べに、

人も多いし、一度行ったことがありますが

穴場的なお店だし、写真もOKなので

Cafe
& Ima へ

向かいました。





タグ:
by teineinakurasi | 2017-05-19 07:49 | 庭園
Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22174645.jpg


全国都市緑化よこはまフェア開催中。

2017、3月25日~6月4日

Garden Necklace Yokohama 2017

里山ガーデン、みなとガーデン2か所の会場で

花と緑、自然、美しい街並み、里山を

ネックレスのように「まち」と「人」をつなぎ合わせていくイベントです。


Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22194362.jpg


薔薇の季節がやってきました。

薔薇は横浜市の花です。


今年は、横浜の「港の見える丘公園」のイギリスの庭へ。
 
昨年リニュアルされてオールドイングリッシュローズが増えて

綺麗になりました。


港の見える丘では、

「ハンギングバスケット」の丘と題して

色鮮やかなハンギングバスケットが

飾られています。


Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22091158.jpg


Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22010479.jpg

Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22012255.jpg

Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22015111.jpg

ミニチュアの山手の洋館も作られていました。


Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22022897.jpg

薔薇のアーチに囲まれたベンチ





Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22040115.jpg

Garden Necklace Yokohama 2017 ①みなとガーデン_f0374092_22093880.jpg


まだまだ

横浜の記事、続きます。








タグ:
by teineinakurasi | 2017-05-18 08:01 | 庭園

ジェームス邸へ

今日は朝から冷たい雨模様。
神戸の友人と
塩屋の
ジェームス邸へ行きました。
今回もスマホからの投稿です。

ジェームス邸へ_f0374092_20110196.jpg
英国人貿易商ジェームス氏が建てた
スパニッシュ様式の迎賓館で神戸の有形文化財です。
4年前からオーナーが代わり
現在は海や美しいお庭を眺めながら
フレンチ料理をいただくことができます。

ジェームス邸へ_f0374092_20191752.jpg

ジェームス邸へ_f0374092_20211614.jpg

ジェームス邸へ_f0374092_20245521.jpg

今までの画像を見て、
どこかで見覚えがあると思った方は
朝ドラ通の方です。
「べっぴんさん」のヒロインが少女時代
過ごした家のロケ地です。

ジェームス邸へ_f0374092_20300214.jpg
三階の展望台

タイルも泰山タイルが使われています。
ジェームス邸へ_f0374092_20344401.jpg
フランス料理
アミューズ
ジェームス邸へ_f0374092_20493241.jpg


前菜
ホタテ貝のムース、鯛の昆布締め、ブルーチーズのソース

ジェームス邸へ_f0374092_20412262.jpg

スープ
マッシュルームのスープ

ジェームス邸へ_f0374092_21003815.jpg


メインは魚料理を選択
桜鯛のポワレ

ジェームス邸へ_f0374092_20424795.jpg


ジェームス邸へ_f0374092_20465254.jpg
デザート


ジェームス山は、神戸の北野の異人館街にすみきれなかった
外国人が眺望が良い高台に移り住んだ場所です。

今日は雨で淡路島や紀伊半島の景色は見えませんでしたが
天気がいい日は最高の眺めです。



by teineinakurasi | 2017-04-11 20:05 | 庭園

東京国立博物館庭園へ

3月28日

東京上野の国立博物館の庭園が春と秋の2回

庭園が開放されていると知り

お花見を兼ねて行ってきました。

東京国立博物館庭園へ_f0374092_22585980.jpg

国立博物館の建物をバッグにしても見劣りしない

美しい江戸彼岸枝垂れ桜

まだ咲き始めなので

花の色は濃いピンク色で

青空に映えてとても綺麗。


前日27日の真冬のような気温から今日は少し肌寒さは少し残るものの

当日の暖かさで少しずつ

蕾もほころぶかしら。。。



東京国立博物館庭園へ_f0374092_23005501.jpg


東京国立博物館庭園へ_f0374092_23030874.jpg

白壁をバックに咲く桜は

多分「大島桜」でしょう。

東京国立博物館庭園へ_f0374092_23040956.jpg

庭園内には

お茶室が移築されていました。

東京国立博物館に行くときは

大きな人気の展示の時が多く

いつも人の波に酔いそうなくらいでしたが

こんな緑に囲まれた静かな場所があったとは知りませんでした。

春と秋だけの公開ですが

秋もまた来てみたいです。

上野の雑踏からも想像できない静けさなのです。



東京国立博物館庭園へ_f0374092_23042844.jpg

東京国立博物館庭園へ_f0374092_23075856.jpg

春、桜が咲く頃になると「乙女椿」が華やかな時季を迎えますね。


東京国立博物館庭園へ_f0374092_23085458.jpg

こちらのお茶室のガラス戸にも

桜の花が映り込んでいました。


江戸彼岸枝垂れ


東京国立博物館庭園へ_f0374092_23101109.jpg

東京国立博物館庭園へ_f0374092_23102890.jpg

蕾もいっぱいしばらく楽しめそう。。。

東京国立博物館庭園へ_f0374092_23115929.jpg

東京国立博物館を後にして

お花見ランチを予定していた

浅草、蔵前方面に向かいました。





by teineinakurasi | 2017-03-30 17:15 | 庭園

水戸偕楽園へ




水戸偕楽園へ_f0374092_17482023.jpg



2月のことになりますが

友人と初めての日帰りバス旅行

目的は、水戸の偕楽園の梅と




茨城県立近代美術館で開催されている

「東山魁夷、唐招提寺御影堂障壁画展」に行くことでした。

東京駅を朝9時半に出発し、お昼前に水戸に到着

昼食を食べてから

日本三大名園である水戸の偕楽園へ

水戸偕楽園へ_f0374092_17483931.jpg
紅梅、白梅の淡い靄がかかったような美しい景色


梅の名所でも知られる偕楽園は

早咲き、中咲き、遅咲きが

植えられて

今回は中咲きが見ごろを迎えていました。



今回は、美術館見学もあり、

デジイチをもって行かなかったので

鮮明な写真は撮れませんでしたが

水戸偕楽園へ_f0374092_17493539.jpg

好文亭

こちらは、徳川斉彬公が

文人や家臣、領地の人々を集めて

詩歌や養老の会を催しました。

「好文」は梅の異名で

晋の武帝の「学問の親しめば梅が好き、学問を廃すれば開かなかった」という故事に

基づいて名付けれたそうです。




好文亭、各部屋には

四季折々の花木の襖絵が描かれています。



水戸偕楽園へ_f0374092_17210390.jpg


水戸偕楽園へ_f0374092_17402784.jpg

庭園の梅も満開で

好文亭3階からの眺めは格別です。


水戸偕楽園へ_f0374092_00134294.jpg
向うに見えるのは千波湖です。




味わいのある梅の老木

枝ぶりの美しさ

空に向かって伸びやかに咲く梅は

青い空をバックに映えて



水戸偕楽園へ_f0374092_00171178.jpg
紅梅と白梅の競演も

また美しいです。

水戸偕楽園へ_f0374092_00173148.jpg

水戸の偕楽園を約1時間散策した後は

バスに乗って

今回のメインのイベントの美術展で

現在、奈良の唐招提寺の御影堂

修復工事の為

襖絵障壁画が関東で見ることができるなんて

とても夢のようなお話で

奈良県の唐招提寺

昨年の秋に父と行きました。


鑑真和上法師の命日前後の3日間だげ

特別公開があるのですが

昨年から工事が始り障壁画は全国の美術館を巡回しています。






中国の僧侶鑑真が

仏教伝来の為、来日を何回か試みますが、

度重なる嵐や舟の難破で

何度も失敗し、ようやくたどり着いた時は

盲目になったというほど過酷な旅でした。

1970年代にこの大仕事の依頼を受けた東山画伯は

鑑真和上のご苦労や過酷な旅に想いを寄せて

もし、目が見えていたなら

日本の美しい山と森、海の美しい風景を見てもらいたい願い

構想を練るために日本各地にスケッチ旅行にでかけます。

そして残り半分の障壁画は、

鑑真和上の故郷、中国の美しい風景を

初挑戦であった墨絵で

魂のこもった力作を仕上げて

唐招提寺に奉納されたのでした。






画伯の代表作ともなる素晴らしい障壁画。

奈良唐招提寺に奉納され、一般公開は数日のみで

なかなか見ることができない貴重な機会を

鑑賞できるチャンスに恵まれて幸いです。

以前東京の近代美術館で公開があり

鑑賞しましたが、たくさんの人出でした。

今回、茨城の美術館では

あらゆる角度から

静かにゆっくりと鑑賞でき有り難かったです。

唐招提寺の御影堂の中にいるかのような雰囲気も十分に味わえました。

途中仕上げるまでの工程とかも公開されて

気の遠くなるような大掛かりな

制作だったのがよくわかりました。

ますます、東山魁夷画伯の絵に対する愛が強くなり、

まだ気持ちの冷めぬうちに

画伯の絵を見に行きたいと思います。




水戸偕楽園へ_f0374092_17190089.jpg
今年は、

大好きな東山画伯の絵が

山種美術館で京都の絵数枚「京洛四季」の一部が
公開中ですし

長野の美術館にもぜひ行ってみたいなと考えています。







by teineinakurasi | 2017-03-10 20:52 | 庭園