人気ブログランキング |

カテゴリ:クリスマス( 32 )



今日はクリスマス。

街に出ると今日まではクリスマスツリーが飾られ

ケーキなどが売られていますが、スーパーでは

もうお正月商品も並び始めて

年の瀬を感じます。

今日は、年賀状を投函しました。

明日はクリスマスの飾りを片付けて

28日には、お正月飾りを出し

大掃除まではいきませんが中掃除程度の掃除をして

これから忙しくなりそうです。



今回で横浜山手西洋館のクリスマスの紹介も最後を迎えました。


f0374092_14153805.jpg




f0374092_14173189.jpg

植物とアーティフィシャルフラワーや

いろいろな素材を使って

冬のフィンランドを表現しています。




f0374092_14155731.jpg


異素材同志の組み合わせですが





f0374092_14161242.jpg

冬枯れの植物に雪の妖精が

舞っているようなイメージでしょうか・・・


f0374092_14163966.jpg



f0374092_14165002.jpg




f0374092_14170309.jpg



f0374092_14181370.jpg





f0374092_14162486.jpg




f0374092_14183593.jpg

こちらの西洋館では、許可ありか無許可か

詳しいことはわかりませんが

見学者も多数来館するなかで西洋館の中で

三脚で写真撮りされている人がいました。

許可ありだと、許可書とかをもっているとか

多分開館前に撮影するはずだと思いますが、

非常に撮りづらかったです。

クリスマス展示の説明書も撮影するのに写るのが嫌なのか、

別の場所に置いたりとかなり、自分勝手な行動をされていたのには驚きました。

注意して逆切れされるのも怖くて

見過ごしてしまった自分も勇気がなくて

非常に情けないのですが

最近いろいろな公共の場所で目に余るような事象に遭遇することがあります。






f0374092_14184927.jpg


いろいろな素材で幻想的なクリスマスを創り出していました。



長々と見ていただき

ありがとうございます。



今回はコメント欄、閉じさせていただきます。

↓の記事はコメント欄開けていますので

コメントは↓の記事にお願いします。





by teineinakurasi | 2018-12-25 18:06 | クリスマス

f0374092_14054154.jpg
横浜山手西洋館のクリスマス

最後は、ブラフ18番館

フィンランドのクリスマス


フィンランドの伝統的なクリスマスとスタイリッシュなクリスマス

幻想的に演出しています。

今回は、温かみのある演出のクリスマス。

私が思い描いていた

フィンランドのクリスマスは

スタイリッシュか、素朴でナチュラルな雰囲気だと思っていましたが

赤いテーブルクロスにすると

ぐっと華やかになりますね。


f0374092_14114957.jpg


フラワーアレンジメントが華やかですね。


f0374092_14094075.jpg



f0374092_14095877.jpg

食器は北欧らしいスタイリッシュさで

洗練されています。


f0374092_14101072.jpg



f0374092_14102392.jpg

ヒヤシンス、もうすぐ蕾があがってきそう。




f0374092_14103760.jpg


f0374092_14105969.jpg




f0374092_14112184.jpg


私がイメージする北欧はナチュラルで

洗練されたデザイン



f0374092_14124367.jpg


次回で最後です。


f0374092_17350512.jpg

庭に出てみると


黄葉した木に一面の黄色の絨毯


そして遠くに横浜ベイブリッジが見えます。





f0374092_17361325.jpg

写真を撮りながら

京都、東福寺の重森三玲の

苔と石の庭を思い出しました。




フラワーアレンジを主体にした

幻想的なイメージの北欧のクリスマスです。








by teineinakurasi | 2018-12-25 17:39 | クリスマス | Comments(8)

MERRY CHRISTMAS


横浜山手西洋館の世界のクリスマス、残すところあと1館なんですが、

今日は昨日ひと足早くわが家でクリスマスをしたので

世界のクリスマスは、明日以降、更新します。



昨晩クリスマスイブイブ

わが家でささやかなクリスマスをしました。



今年は次男がクリスマスデートで不在、

そのかわり長男が彼女を連れて家に来てくれました。



こうして、家族で穏やかなクリスマスを過ごせること

感謝です。

f0374092_11133746.jpg

カップボード、食器でぎゅうぎゅう詰めですが。。。
お気に入りの食器ばかりなので処分できません。
料理やお菓子作りが好きなので
器は、大切な宝物。



f0374092_11114267.jpg

毎年、作っているわが家のクリスマスケーキ

ドイツのケーキでキルシュ・トルテ


f0374092_11145126.jpg


朝からケーキを焼いて、人参のクリームスープを作って




f0374092_11192941.jpg




午後からは

簡単ですが、エビや卵でオードブル作り


f0374092_11180490.jpg



f0374092_11183165.jpg



帆立のカルパッチョ



葉山牛でローストビーフを焼き


f0374092_11191058.jpg



f0374092_11175326.jpg

温野菜でバーニャカウダ。



f0374092_11195105.jpg


他にローストチキンも作って

これは、お土産にしました。


f0374092_11330389.jpg

このツリーのクリスマスプレート

新婚時代に2枚買い、

子供が生まれてから枚数を増やしました。

一年に数日しか使わないものなんですが、

クリスマスになると活躍してくれる1枚です。

もう今はそのお皿もデパートとかでも見かけることがなくなって

貴重なお皿になってしまいました。




f0374092_11211234.jpg


メインの照明を消して

間接照明だけにしました。

クリスマス・ソングや讃美歌が流れて、清らかな気持ちになります。




f0374092_11212295.jpg


新しい家族も加わって

今年は思い出深いクリスマスになりました。







by teineinakurasi | 2018-12-24 11:42 | クリスマス | Comments(8)

横浜山手西洋館のクリスマス 外交官の家

f0374092_23235921.jpg

スペインのクリスマス


f0374092_23242162.jpg

パンフレットから一部抜粋

1500年間カトリックの国であるスペインは

クリスマスはとても大切なもの。

f0374092_23284134.jpg


各家庭では、12月25日に家族が集まりキリストの生誕を祝います。



f0374092_23285707.jpg


イタリアやイギリス、

ドイツに比べてシンプルなコーディネート


f0374092_23304250.jpg



家庭では、クリスマスツリーより



f0374092_23291818.jpg



キリストの生誕の人形を飾る習慣があります。




f0374092_23293952.jpg


キリストの生誕を祝う

聖家族の人形

f0374092_23295957.jpg





f0374092_23302425.jpg



f0374092_23310724.jpg




f0374092_23340110.jpg



f0374092_23344295.jpg






by teineinakurasi | 2018-12-24 00:51 | クリスマス | Comments(0)


横浜山手西洋館のクリスマス

ベーリックホールは、ドイツのクリスマス。



f0374092_00125525.jpg


ドイツはクリスマスツリーの発祥の地と云われ

冬でも緑のモミの木やドイツトウヒ、などヤドリギ、ホーリー

りんごなどの木の実を使った伝統的な装飾が見られます。

(パンフレット一部抜粋)

f0374092_00173262.jpg

エントランスは緑や木の実などを使ったゴージャスなアレンジメント




f0374092_00190432.jpg




f0374092_00260439.jpg


f0374092_00192390.jpg

木のおもちゃも伝統的なドイツのクリスマス飾り。


f0374092_00231674.jpg




f0374092_00214293.jpg




f0374092_00201182.jpg

食器はブルー系



f0374092_00211436.jpg


f0374092_00264339.jpg



f0374092_00245002.jpg





f0374092_00204731.jpg


トナカイとソリ

後ろの椅子に座って写真を撮ることもできます。


f0374092_00234650.jpg


子供部屋も夢があります。


f0374092_00252359.jpg


f0374092_00253383.jpg



f0374092_00270290.jpg


ベーリックホール


イギリス人貿易商ベリック氏の邸宅として1930年に建てられた

スパニッシュ様式の建物

戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の価値のある建物だそうです。








by teineinakurasi | 2018-12-22 22:31 | クリスマス | Comments(0)

f0374092_20481036.jpg



f0374092_20442882.jpg


横浜山手西洋館のクリスマス 今回はエリスマン邸

今年のテーマは、モナコのクリスマス。

モナコと言えば、王室、グレイス・ケリー、F1レースや、

薔薇などが思い浮かぶ方も多いのでは。

そんなモナコのエレガントでゴージャスなイメージですが

家族で過ごす伝統的で特別なものだそうです。

グリーンなクリスマスをイメージしてコーディネートされています。



f0374092_20502295.jpg



ゴールドとホワイトでコーディネートされたクリスマスツリー




f0374092_20504468.jpg






f0374092_20505805.jpg


f0374092_20530361.jpg





f0374092_20512690.jpg




f0374092_20514957.jpg

赤やりんごでキュートに

コーディネートされたテーブル

f0374092_20521131.jpg



f0374092_20523161.jpg



f0374092_20524623.jpg


f0374092_20531566.jpg




f0374092_20532730.jpg

エリスマン邸

日本の近代建築の父と呼ばれたA.レーモンドの設計

横浜の生糸貿易商シーベル・ヘグナー商会のエリスマン氏の私邸として

1926年に山手に建てられました。



エリスマン邸の近くには

ケーキや洋菓子が美味しいティールーム

えのき亭があります。


f0374092_20541858.jpg




by teineinakurasi | 2018-12-21 23:41 | クリスマス | Comments(4)



先日、わが家で友人とクリスマスランチ

f0374092_17374510.jpg

数年前まで

友人と手作りの小物のネットショップをしていて

その時は、頻繁にわが家でご飯を食べて

お話する機会も多かったけど

最近はお互い忙しくなり、こうして

わが家にお招きするのは久しぶり。


f0374092_17282277.jpg




ランチは、骨付き鶏肉のポトフ

人参、キャベツ、玉ねぎ、聖護院大根をル*クルーゼで柔らかく煮ました。


サラダは、ポテトサラダと一緒に最近はまっている

地元のお肉屋さんで人気の黒毛和牛のコンビーフ




f0374092_17365750.jpg




飲み物はブラッドオレンジのジンジャエール






f0374092_17313831.jpg


食後のデザートは

友人のリクエストで秋に手作りしたキャンベルの葡萄ジュースを使い

葡萄のゼリーを。

秋にお招きする予定だったけど

時間がとれず、

葡萄は冷凍保存したものでしたが

風味や香りは変わらず喜んでもらえてよかったです。





f0374092_17320039.jpg



f0374092_17351000.jpg



友人からは、鎌倉のロミさんのクリスマスのお菓子をいただきました^^




f0374092_17355654.jpg



f0374092_17361862.jpg


クリスマスソングのCDもかけて。。。





f0374092_17381352.jpg


午前中は雨が降っていましたが


お昼過ぎには

お日様も顔を出してきました。




f0374092_17390518.jpg

レストランでいただくおしゃれなランチもいいですが


家でのんびりおしゃべりできるクリスマスランチも

久しぶりで

楽しかった。



昨日、時間がとれて

ずっと観に行きたかった映画「ボヘミアン・ラプソディー」を

観に行きました。



時間があれば、また観に行きたいです。


クイーンは、弟の友達が好きで

それがきっかけでレコードを買って、BFがロック好きだったこともあり

クイーンの音楽もよく聞きました。

親は、そういう音楽が苦手だったので

親のいない時に大きな音で聞いていたり

少し反抗していた時代、懐かしいです。









by teineinakurasi | 2018-12-21 17:41 | クリスマス | Comments(4)

横浜山手西洋館の世界のクリスマス2018

イギリスの次は

山手234番館のイタリアです。

f0374092_10233454.jpg

まだ紅葉が残っていました。


山手の西洋館の界隈には

趣きのある建物があります。


f0374092_10252432.jpg

山手十番館

(レストラン)




f0374092_10250968.jpg
外国人墓地


f0374092_10261144.jpg

山手123番館



f0374092_10092396.jpg




f0374092_10094309.jpg

パンフレットから抜粋

イタリアは、バチカン市国があり

国教はカトリック。

クリスマスは一年でもっとも大切な行事です。

12月8日にツリーやプレゼーベなどの飾りつけを始め

クリスマス当日は家族や親戚と食卓を囲み厳かにキリストの誕生を祝います。


山手123番館では

イタリアの洗練されたデザインの食器を使った

美しいテーブルコーディネートです。


f0374092_10165734.jpg



f0374092_10182447.jpg

イタリアの食器、リチャード・ジノリを使った

洗練されたテーブルコーディネート




f0374092_10172557.jpg

2階のコーディネートは

温かみのある食卓


f0374092_10174018.jpg




f0374092_10175919.jpg



f0374092_10220734.jpg



f0374092_10185087.jpg


キリストの降誕を祝う置物



f0374092_10283004.jpg


コメントのお返事、ご訪問

遅くなってすみません。

後ほどゆっくりさせていただきます。












by teineinakurasi | 2018-12-20 11:00 | クリスマス | Comments(4)

横浜山手西洋館のクリスマス

ダイニングルームのクリスマスのほかにも

素敵なイギリスのクリスマスシーンがいっぱいです。


タータンチェックの布を使っての素敵なクリスマスアレンジ


f0374092_20553345.jpg

マントルピースには

タータンチェックの長靴下


f0374092_20540327.jpg




f0374092_20563163.jpg


f0374092_20564540.jpg

リボン状にしたものを繋げてディスプレイ



f0374092_20573013.jpg


三つ編みのリースパン



f0374092_20575667.jpg


赤いタータンチェックはクリスマスにぴったり♡


f0374092_20584467.jpg


サンルーム

ユニオンジャックのクッションや柊のクッション

タータンチェックのブランケット

ピクニックセットは

フォートム・メイソンのかしら。。。


f0374092_21002277.jpg

緑のフレッシュなリース




f0374092_21004566.jpg

ヤドリギとタータンチェック

ヨーロッパのクリスマスに

ヤドリギの下で愛の告白をすると願いが叶うと云われていますね。


f0374092_21020841.jpg


イギリス館は、一番最初に回ったからか、

私の好みのインテリアだから

写真がめちゃくちゃ多いです。。。



f0374092_21031457.jpg



f0374092_21034046.jpg


f0374092_21040093.jpg


f0374092_21062252.jpg




f0374092_20533566.jpg

スコットランドの旗



f0374092_20534530.jpg



最近は、ツアーで廻られるているのか、団体客が多いのです。


そういう方たちが、写真を撮り終えて

立ち去られてから、

ゆっくりと見て回りました。





パンフレットより抜粋

横浜市イギリス館(横浜市指定文化財)

昭和12年に英国総領事館として

建築された建物で近代主義を基調としたモダンな形と伝統を加味した

重厚な美しさは、当時の大英帝国の風格をあらわしています。

休館日、第4水曜日、年末年始

9時半から17時


by teineinakurasi | 2018-12-19 15:00 | クリスマス | Comments(4)

今年も、横浜山手西洋館、世界のクリスマス2018

見に行ってきました。



横浜市イギリス館

今回のテーマは、スコットランド

(パンフレットから一部抜粋)

スコットランド国教会は、400年の間クリスマスを祝うことを禁止してきました。

UKとなった今では、イギリスのようにクリスマスを祝うようになったそうです。

スコットランドのタータンチェックをテーマに

家庭で祝うクリスマスを紹介。

f0374092_18274598.jpg




スコットランドの大晦日のお祭り「ホグマネイ」の

パンのリースが紹介されていました。



f0374092_18290239.jpg

三つ編みパンのリースのツリー

タータンチェックをあしらって。。。

まさに

スコットランドですね。



f0374092_18292438.jpg






f0374092_18311357.jpg




f0374092_18315556.jpg


家具は、横浜元町の家具屋さん

ダニエルが提供されています。


f0374092_18331636.jpg





f0374092_18343892.jpg

タータンチェックの布をツリー状にして


アフタヌーンティータイム




f0374092_18332935.jpg





f0374092_18340415.jpg


イギリスの伝統的な食器

スポード社



f0374092_18352650.jpg



シックな家具に赤い食器が映えて


素敵でした。

西洋館のクリスマスに行くと毎回多くの写真を撮ります。


クリスマスまで、あと1週間。


写真もまだ整理ができていなくて。。。


一日複数回投稿するかもです。







by teineinakurasi | 2018-12-18 18:45 | クリスマス | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura