カテゴリ:クリスマス( 18 )

クリスマスの食卓 2017



f0374092_23233776.jpg

クリスマスの食卓

毎年必ず作るドイツのケーキ
キルシュ・トルテ

わが家の定番のケーキ


f0374092_23264778.jpg

今年はクロスもツリーに合わせて

テーブルクロスは、

ナチュラルなベージュに赤のラインが入ったもの。

八角形のクリスマスの絵柄は、

新婚当初に買ったもの。

そのころから(内容は違いますが)

クリスマス料理は、私にとって一年に一度、

豪華に作ったお料理。

お正月は帰省したらおせちは、手伝うだけでよかったので

クリスマス料理は家族のためだけにに下手ながら

頑張っていたんだなと。。。




f0374092_23271355.jpg


前菜は市販のものを使いました。



ゆで卵のファルシーは絞るとオシャレに見えます・


f0374092_23284771.jpg



真鯛とサーモンでカルパッチョ


f0374092_23293921.jpg



ローストビーフは、少し奮発して葉山牛で作りました。




f0374092_23303761.jpg

三浦半島産の野菜も使って

紅芯大根、黄色や紫色の人参は、蒸すと甘くて美味しいです。



蒸し野菜、バーニャカウダのソースでいただきます。

生クリームとにんにく、アンチョビ、塩、小麦粉で手軽にできます。

f0374092_23322819.jpg



f0374092_23353196.jpg

若い人向きにローストチキン(レッグ)や

蕪のスープも作ったのですが

写真を撮るのを忘れてしまいました。



昨日は、朝はケーキ作り、廣から夕方までクリスマス料理で

キッチンに立っていましたが

美味しい、美味しいと言って食べてくれるので

久々に充実感がありました。




「お料理お弁当部門」


第2回プラチナブロガーコンテスト





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-25 23:54 | クリスマス | Comments(8)

クリスマス*イヴ

f0374092_00093138.jpg


今日はクリスマスイブですね。


手製のミニスワッグ

ヤシャブシの実、

姫りんご、

煌びやかなオーナメントも華やかで好きですが

自然のものを飾ると心が落ち着きます。


わが家は、離れて暮らしている息子も久しぶりに

一緒にクリスマスを過ごしたいと言ってきました。





f0374092_00041093.jpg


12月初めから飾りつけを始めて、あと数日で

お正月飾りに変えないといけないので

慌ただしく、もう少し飾っていたい気分です。

例年どおり

今年もドイツのケーキ

キルシュトルテを焼きました。




f0374092_23024124.jpg

すっかり我が家の定番のクリスマスケーキ

ココアでスポンジケーキを作り

生クリーム塗って

間に、キルシュ(酢漬けのチェリー)を並べます。

生クリームを塗った上に削りチョコを全体的にちらして

出来上がり。





f0374092_23103123.jpg


テーブルには、赤系の花を飾り


f0374092_23033806.jpg


日も少しずつ落ちてきたので

キャンドルを灯して・・・




f0374092_23042041.jpg


北欧の妖精ニッセと

オーナメントたち



f0374092_23054480.jpg

今年の我が家は、かわいい妖精のほかに

久しぶりに息子と彼女も一緒で賑やかなクリスマスイヴになりました。



f0374092_23065415.jpg


キャンドルの火を灯して

賑やかなクリスマスイブを過ごしました。



f0374092_23074444.jpg

クリスマスのお料理は、次回のブログで。。。



「パン・スイーツ部門」





第2回プラチナブロガーコンテスト



第2回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-24 23:22 | クリスマス | Comments(4)
横浜山手西洋館のクリスマス

世界のクリスマス2017

最後は山手111番館、フランスです。

J.Hモーガン設計、1926年にアメリカン人住宅として建てられ

スパニッシュスタイルの赤い瓦屋根、白い壁

建物の中心にある吹き抜けは館の特徴で貴重なものだそうです。

f0374092_18320264.jpg





フランスのノルマンディー地方は

沿岸の温暖な港町でオンフルールの港からは、牡蠣が揚がり

林檎が実る豊かな大地。


f0374092_18385992.jpg

家族が集まる食卓にはシードルやカルヴァドスを煮込ん郷土料理


デザートに
「クルスタッド・オ・ポム」が食卓に並ぶそうです。


f0374092_18375650.jpg


f0374092_18383503.jpg


f0374092_18394189.jpg

姫りんごでこんなかわいい飾りができるんですね。


そして別のスペースではフランス中世のタピストリー

「貴婦人と一角獣」へのオマージュを込めてと題しての

コーナーがあり、


f0374092_18510310.jpg



f0374092_18512170.jpg


f0374092_18514546.jpg

タペストリーとキャンドルのコーナー


f0374092_18521787.jpg

f0374092_18523267.jpg


そしてなんと言ってもクリスマスは


イエス・キリストの生誕


f0374092_18533102.jpg


この情景

今回フランスのクリスマスで初めてみたかな。。。


本来、忘れてはいけないのは、

イエス・キリストの生誕を祝う行事なんですよね。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-21 11:44 | クリスマス | Comments(8)
横浜山手西洋館のクリスマス

世界のクリスマス2017

いよいよあと2館を残すだけになりました。

「港の見える丘公園」の中に位置します。



横浜市イギリス館

1937年英国総領事公邸として建てられました。



f0374092_11340275.jpg

イギリス館

伝統的なイギリスのクリスマスには

お茶のシーンが欠かせません

いろいろなシーンでのお茶のシーン


f0374092_11403779.jpg

イギリスの花、薔薇の花を使ったアレンジメントや

美しいC&S

エインズレイ製です。


f0374092_11382824.jpg


親しい友人を招いての優雅なアフタヌーンティー



紅茶には、もちろん美味しいお菓子とともに

焼き菓子の盛り付けがビスケットと一緒にアレンジされ

柊も添えてクリスマス気分を盛り上げています。


f0374092_11414631.jpg

美しい銀のTEA POT

TEA コゼーもパープルで生地も上質ですね。


f0374092_11431310.jpg



f0374092_11434134.jpg


こちらは、床に置かれていたので


屋外という設定でしょうか・・・


f0374092_11444651.jpg


イギリス館の窓からの眺め



f0374092_11452565.jpg

サンルームでくつろぎのTEA TIME


f0374092_11465170.jpg

夜はベッドサイドでくつろぎながら


編み物を。

椅子にはタータンチェックのブランケット


チョコレートをつまんで




f0374092_11474022.jpg






f0374092_11482508.jpg

翌朝、ベッドの上にプレゼントが、


クリスマスカラーのボックスとリボンが洒落ています。




ナーサーリーにも

クリスマスらしい、飾りつけで

TEA TIME



f0374092_11510577.jpg

女の子のお部屋でしょうか・・・


f0374092_11535297.jpg


f0374092_11550406.jpg


イギリス館のエントランスにも

クリスマスデコレーション





[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-20 18:14 | クリスマス | Comments(4)

エリスマン邸では、ランチができたのですが

あいにく、待っている人がいたので

エリスマン邸から近くの「えの木てい」さんへ。


こちらは、スイーツのお店ですが、お昼時は軽食をいただくことができます。

f0374092_15241574.jpg

こちらのカフェも山手が外国人居留地だったころの西洋館で

赤い屋根と

アーチ型の窓、が特徴

今は、スイーツのお店として人気のお店



f0374092_15281474.jpg

f0374092_15293506.jpg

エレガントな外観

店内では1Fがスイーツをいただけて

2Fがテイクアウトのお店

えの木ていのお菓子を売っています。


f0374092_15311757.jpg


ランチはチキンと野菜サンドイッチにしました。



f0374092_15323547.jpg


断面が見えるように撮ればよかったと反省

疲れてそこまで神経が行き届きませんでした。。。


お店の中もクラシックなインテリアで素敵でしたが

お客さんもたくさんいたので

写真は食べ物のみ



山手通り歩いていたら

カトリック教会があります。

他にもユニオンチャーチや

私立女子校が3校あり、有名大学の付属の男女共学校や

インターナショナルスクールがあり

文教地区でもあります。


f0374092_15352675.jpg
  


f0374092_15355536.jpg
おしゃれなサインボード


f0374092_15414676.jpg

紅葉がまだまだ綺麗




山手234番館


f0374092_15423616.jpg




f0374092_15394140.jpg

アメリカのクリスマスの展示がありましたが


今回は、次の場所へ行くことにしました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-18 17:05 | クリスマス | Comments(6)

横浜山手西洋館のクリスマス デンマーク

エリスマン邸 (横浜市認定歴史的建造物)

「日本の近代建築の父」と呼ばれたA・レーモンドの設計

横浜生糸貿易商シーベルヘグナー商会のエリスマン氏の私邸
1926年に建築されて1990年に復元されて移築。



f0374092_01050028.jpg

デンマークの人々は家族の結びつきを大切にして

食事や灯りの時間を愉しみます。

f0374092_01070177.jpg

北欧の森の妖精ニッセも

テーブルの仲間入り


f0374092_01074123.jpg

そういう暖かなくつろぎの生活を大切にするお国柄

Hygge(ヒュゲ)というライフスタイルを大切にします。


お皿はロイヤル・コペンハーゲン


f0374092_01104090.jpg

f0374092_01112214.jpg

木の実や

アドベントキャンドル




f0374092_01125036.jpg


リースをシンメトリーに

飾った窓

インテリアコーディネートが素敵です。







f0374092_01132775.jpg


家具類はデンマーク製のデザイン性が優れた家具が

配されて

大人の空間



f0374092_01140617.jpg

カーテン越しからの光を利用したディスプレイ



f0374092_01143006.jpg

引き出しにもクリスマスアレンジ



f0374092_01145067.jpg

今回は、ハートがテーマだそうで

ツリーのオーナメントなどにも使われています。


f0374092_01150964.jpg

f0374092_01122699.jpg

ライトもデンマークのもの


f0374092_01222536.jpg


そして


2階の窓からは

黄色に色づいた葉が美しく


1枚の絵画のようでした。


f0374092_01235078.jpg



次はお昼になったのでちょっと休憩

ランチをしたのも

素敵な洋館です。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-17 15:20 | クリスマス | Comments(8)
横浜山手洋館 クリスマス

ベーリックホール
(横浜市認定歴史的建造物)

f0374092_17511125.jpg
スパニッシュスタイルを基調とした
この建物は、英国人貿易商ベーリック氏の邸宅として
1930年に建てられました。


オランダと言えば
すぐに思い浮かぶのが花の装飾、花の産地でもあり

ベーリックホールは、花の装飾を中心に

各部屋のテーマカラーのお花で彩られています。


f0374092_17514493.jpg



f0374092_17521163.jpg


コンサートなども開かれるホールは、

クリスマスカラーである赤色を使った花の装飾


f0374092_17575869.jpg




ダイニングルームでは

2017年のトレンドカラーを取り入れられたテーブルコーディネート


f0374092_17582507.jpg

ゴールドや鹿の角を使った

ゴージャスな雰囲気

f0374092_18001278.jpg

ゴールドのお皿



f0374092_18005402.jpg

f0374092_18011857.jpg

和の雰囲気の棚は

キャンドルスタンドに鹿の角を使っています。




f0374092_18020722.jpg

山帰来の実もアレンジメントの彩りに。。。





2階の子供部屋へ移動



昔塗られていた色に近い壁の色に最近塗り替えたそうで

以前に比べて落ち着いた色調になりました。

窓も個性的て美しい



f0374092_18024764.jpg




f0374092_18045811.jpg


f0374092_18052111.jpg

濃いブルーの壁に白い花が映えます。



こちらは、女性向きの部屋なので壁紙がピンク色でした。

お花も赤系のアレンジメント

f0374092_18060901.jpg



f0374092_18065507.jpg


f0374092_18072146.jpg


f0374092_18073885.jpg



f0374092_23264885.jpg




f0374092_18092788.jpg

美しいアイアンの装飾にリースが映えます。




f0374092_18094670.jpg



アーチ型の窓、美しい装飾が

また魅力的。



f0374092_18105327.jpg

オランダらしい木靴も置いてありました。

オランダの絵本作家ブルーナーのミッフィーです。


f0374092_18123040.jpg

オランダのクリスマスは、一年で一番大事なファミリーイベント

12月25日が1stクリスマスデー
12月26日が2ndクリスマスデーで二日間祝日だそうです。


f0374092_18112516.jpg
ベーリックホール


次回は、エリスマン邸の

「デンマークのクリスマス」です。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-16 18:23 | クリスマス | Comments(4)

横浜山手洋館のクリスマス

2番目に訪れたのは、「外交官の家」と呼ばれる洋館です。

外交官の家(重要文化財)
明治政府の外交官内田定槌邸としてアメリカ人の設計により
渋谷区南平台に建てられ、平成9年に移築されました。

f0374092_16041958.jpg


こちらでは、ルーマニアのクリスマスがテーマ

ルーマニアは東ヨーロッパの国





ルーマニアのクリスマスは

12月25日から3日間お祝いし、24日のイブの日には

子供たちが親戚や近所を回りクリスマスキャロルを歌うそうです。


ツリーは電飾や、キャンディーを飾ります。

f0374092_15122175.jpg

家族で食卓を囲んでお祝いするクリスマスには

f0374092_15555196.jpg

ルーマニアのパン

f0374092_15563567.jpg

くるみとココアとフィリング入ったコゾナックという甘いパンが必ず食卓に上るそうです。



f0374092_15571212.jpg

色鮮やかな織物の上には

ルーマニアの食器

f0374092_15575883.jpg


f0374092_15585598.jpg




f0374092_15583027.jpg


f0374092_15592715.jpg

素朴で温かみのあるクリスマス


f0374092_16001657.jpg


2階には、木彫りの美しい箱もあって

政治的に厳しい時代に耐えた

ルーマニアの人たちの強さや優しさが伺える展示でした。

ルーマニアの手仕事や刺繍などあれば

充実していたのですが

そこが少し残念でした。






f0374092_16050341.jpg

次は

ベーリックホールの

オランダのクリスマスです。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-16 13:55 | クリスマス | Comments(2)

2年ぶりに「横浜山手洋館のクリスマス」の飾りつけ見てきました。



まず最初は、

ブラフ18番館のドイツのクリスマス

それぞれの洋館ごとにテーマが決まっています。


ドイツの冬は厳しい寒さで

それだけにアドベントから4週間クリスマス当日までの

期間は聖夜の訪れを楽しみます。

f0374092_13551416.jpg

暖かみのある赤い色のクロスや食器を中心にした食卓の風景




f0374092_13570205.jpg


棚の上には木製品の飾りをメインにし



f0374092_14053637.jpg

アドベントカレンダーで愉しんだり



f0374092_14001312.jpg


f0374092_14301273.jpg


クリスマスマーケットに行き



f0374092_14064455.jpg

クリスマスの買い物をしたり

(クリスマスマーケットで売られているようなキャンドル立て)


f0374092_14243165.jpg


クリスマスカードを
送ったり・・・

f0374092_14250998.jpg



グリューワインと言ってスパイスを入れた温かなワインや

家族を囲んでのクリスマス。


f0374092_14253620.jpg



f0374092_14035393.jpg


ツリーも赤系のオーナメントでかわいらしく

f0374092_14041183.jpg

こんな素敵なクッションも


f0374092_14051948.jpg

f0374092_14081750.jpg

リースも赤い実がアクセントになってカワイイです。


f0374092_14090989.jpg

フライングリース

エレガントで大人の雰囲気、






別室のダイニングルーム。。。



f0374092_14110321.jpg

こちらは食器もガラスの器もシンプルで大人向き


f0374092_14120634.jpg

ツリーもホワイト系の飾りつけなので

お花も食器もホワイトで。。。





f0374092_14270845.jpg



f0374092_14122458.jpg

窓の飾りつけも素敵です。


f0374092_14310517.jpg


最後にブラフ18番館の外観


横浜市認定歴史的建造物

大正末期に建てられた外国人住宅。
戦後カトリック山手教会の牧師館として平成三年まで使用されていました。

平成5年に移築、復元。
当時の横浜家具を復元展示されています。


f0374092_14123945.jpg


f0374092_14131335.jpg


この日はお天気もよく

山手洋館、ブラフ18番館のお庭からも


みなとみらい地区のビル群もよく見えました。


正面左側の背の高いビルは

横浜ランドマークタワー



この後、ルーマニア、オランダ、デンマーク、イギリス、フランスと廻りました。




明日は素朴で温かみのあるルーマニアのクリスマスを紹介します。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-15 14:33 | クリスマス | Comments(6)
f0374092_15315773.jpg


毎月月初めにアップしている

カレンダーと月初めのディスプレイ

今月はクリスマス月。

バンブーのフックには、

アレンジメントで作ったスワッグの残りの材料で

ミニスワッグを作りました。

f0374092_15344774.jpg

白い棚は明るめのナチュラルクリスマス風のディスプレイにしたので

こちらは、少しシックな感じにしてみました。


f0374092_16244418.jpg

クリスマス前のお楽しみと言えば



f0374092_15360535.jpg

帰省中、

奈良のならまちの鹿の舟で買ったシュトーレン

京都にある

「日曜のごはん」さんのシュトーレン

ここ数年いただいた中で一番しっとりとして美味しい味です。
f0374092_16205916.jpg

少しずついただくクリスマスまでのささやかな楽しみ。


2、3日前からいただいています。


f0374092_16210968.jpg



f0374092_16200514.jpg


クッションは、赤い色系で


f0374092_16202615.jpg

あと、もう1回ほど、クリスマスインテリア更新します。



代り映えしませんが、


よかったらまた見てください。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-12-14 14:04 | クリスマス | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura