カテゴリ:テーブルコーディネート( 13 )

3月14日は、ホワイトデーでした。

この前の週末、久しぶりに国産ネーブルが手に入ったので

クレープシュゼットを作りました。

クレープは、息子たちが小さかった頃は

生クリームといちごをはさんだりして作っていましたが、

こうして作るのは、久しぶり。

秋はリンゴの甘煮を入れていただくのも美味しいです。

近所に外出して

三時過ぎに帰宅した夫。



f0374092_11555424.jpg




ホワイトデーだからと

桜味のロールケーキを買ってくれました。

f0374092_18244567.jpg

諸事情により

ロールケーキのアップの写真は、

ありません。

************************************



先日、横浜のフランス菓子のお店で買った焼き菓子も

いただきたかったので

お菓子尽くしの賑やかな

テーブルになりました。


f0374092_12021173.jpg

クレープシュゼット

お店では、目の前でフランベしてくれますが、

家では、オレンジの果汁、バター、砂糖の中に

クレープを入れて火を通し、洋酒で風味付けして器へ。



f0374092_12023559.jpg

HERRIOTTさんの

カヌレ


f0374092_12030232.jpg


イースターの時にいただく羊の型で焼かれた

フランスのお菓子


Agneau pascal(アニョ・パスカル)

柑橘系のドライフルーツが入ってとっても美味。



f0374092_11550695.jpg



f0374092_12040677.jpg

イースター風の色や形のかわいいマカロンや卵型の

メレンゲ菓子や、焼き菓子



tomokoさんの作られるお菓子は、上品な甘さで

美味しいです。







f0374092_18190568.jpg


冬から春、季節も変わり、甘いものも

食事も、旬のものやフルーツを取り入れて作りたくなります。

桜の開花(ソメイヨシノ)も始まり、

今年は桜前線が早まりそうなので

帰省も例年より早くなりそう。

それまでにやっておけなければいけないこともあるし、

ゆっくりと春を楽しみたいけれど

今年の春は、駆け足で通り抜けていくような気がします。








[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-18 18:04 | テーブルコーディネート | Comments(4)

ミモザ色の食卓 

f0374092_17152006.jpg

先週末

3月の週末ランチ

先日作ったミモザのリースを

キャンドルホルダーにして

f0374092_17341082.jpg


ミモザ風のランチョマットやコースターをポイントに

テーブルを春にコーディネートしてみました。

春は、黄色の花からと言われるくらい黄色の花を見かけますが

なんといっても一番の人気はミモザですね。


ゆで卵を使ってミモザのサラダ

f0374092_17343206.jpg


周囲にリーフレタスやツナ、オリーブを飾り

中身は

カリフラワーを茹でて細かく刻み、レモン汁やドレッシングで合えたものを入れ

その上から裏ごしした黄身とみじん切りした黄身をかけました。


パスタは、春らしい色合いで

ピンクとグリーン

桜エビと水菜とスナップエンドウ


f0374092_17361227.jpg

パスタの味付けは、にんにく、鷹の爪、アンチョビ、塩



f0374092_17365238.jpg


黄色の四角いお皿は作家さんのものですが、

和洋の料理に使えます。




f0374092_17335309.jpg

器も私にしては、冒険でしたが、

黄色のお皿は、意外と

お料理が映えて使えます。

春を演出してくれます。




[PR]
by teineinakurasi | 2018-03-17 08:43 | テーブルコーディネート | Comments(8)


f0374092_17391609.jpg


大倉陶園の器は2019年に100年を迎えるそうで

今回は「百花譜」と呼ばれるシリーズが限定製作で販売されるのにあたっての紹介でした。

f0374092_17432068.jpg

器に描かれた花々はペインターが一点、一点丁寧に描き

周囲の金色のふち飾りは「金盛り」という技法が使われています。

f0374092_17472416.jpg

f0374092_17474923.jpg

秋の七草もこんなエレガントに描かれて

うっとり。。。

f0374092_17483899.jpg

どのお皿も美しくてため息がでます。

f0374092_17492787.jpg


f0374092_17495487.jpg

こちらは、伊藤若冲のシリーズ

f0374092_17505141.jpg
伊藤若冲と言えば鶏の細密画ですよね。


f0374092_17514059.jpg
大倉陶園と言えば

「金彩」とブルーのぼかしが美しい・・・

日本を代表する洋食器ブランドの最高峰ですね。
f0374092_17520514.jpg
百花譜など美術品級の食器ばかり。

目の保養をさせていただきました。

長々と引っ張ってきましたが。。。

テーブルコーディネートの記事は、これで終わりです。

最後まで見ていただきありがとうございます。



小さい春、み~つけた!



[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-28 12:00 | テーブルコーディネート | Comments(2)

テーブルウェアフェスティバル

彩の暮らし

各界著名人が日々の暮らしを彩る


f0374092_22392898.jpg

タレント
小倉優子


f0374092_22432136.jpg
俳優
石坂浩二
f0374092_22421041.jpg

いけばな作家
竹中麗湖

f0374092_22441890.jpg
黒柳徹子、田川啓二

f0374092_22450496.jpg
雅楽師
東儀秀樹
f0374092_22474674.jpg

f0374092_22454128.jpg
ハープ奏者
篠崎史子

f0374092_22461583.jpg
書道家
紫舟

***************************

器に息づく用の美

f0374092_22491450.jpg
益子焼

f0374092_22494032.jpg
濱田庄司

f0374092_22503714.jpg
宮田竜司

f0374092_22511648.jpg

伊藤剛司

f0374092_22525482.jpg

笠間焼

阿倍慎太朗
f0374092_22551647.jpg

最後は、「大倉陶園」の記事です。



小さい春、み~つけた!


[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-28 09:57 | テーブルコーディネート | Comments(2)

1904年に誕生したノリタケは

日々の生活の寄り添うテーブルウェアを展示

(今回は写真多いです。)

f0374092_22241535.jpg

有名和洋菓子店のお菓子と一緒に楽しむTEA TIME とノリタケの器



f0374092_22255457.jpg




f0374092_22261601.jpg



f0374092_23572439.jpg




f0374092_22264294.jpg



オードリーのお菓子も飾っています♪





f0374092_22271530.jpg



自由学園を設計した建築家のデザインを生かした

アールデコの食器たち。



f0374092_22290637.jpg



f0374092_22292631.jpg

道化師やサーカスのテントのような

デザインのカップが印象的


f0374092_22301521.jpg


f0374092_22303959.jpg

スイートな乙女チックなデザインの食器


f0374092_22315846.jpg

コーヒーのドリップの器具が

木を基調にして素敵でした。


f0374092_22331562.jpg


ガラスと木と陶磁器の融合

f0374092_23534501.jpg
ヴァレンタインにぴったりな情熱的な器


f0374092_23544604.jpg

アフタヌーンティー
金色の薔薇の模様がエレガントでゴージャス。



f0374092_23553365.jpg
ノリタケおなじみのフルーツのシリーズ




f0374092_23564096.jpg


f0374092_23565950.jpg

温かみのあるイエローのコーディネート



f0374092_23573612.jpg

竹製品と器の涼やかなコーディネート


f0374092_23591389.jpg

ビタミンカラーのオレンジやレモンが爽やかなテーブル


ノリタケの食器は、

かわいらしさや親しみがありつつも、

安心感がある日本の誇るべき洋食器ブランドですね・。


次回は、有名人のテーブルコーディネートの記事です。



ほっとフォトコンテスト



[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-27 11:53 | テーブルコーディネート | Comments(4)
すっかり、テーブルウェア展の更新が延び延びになってしまいました。

今日の記事と合わせて4日分あるのですが、一日、二日分投稿します。

各国の陶磁器、ガラス、クリスタルのブランドの器を

コーディネートした華やかな空間

スミレの花、パープルがテーマカラーの

ハンガリーの名窯ヘレンド

f0374092_22002023.jpg



f0374092_22024834.jpg


f0374092_22033024.jpg
ロールセリニャック

薔薇やリボン柄など

王妃をイメージしたエレガントな器

f0374092_22045062.jpg
ピンクがテーマーカラー



f0374092_22051981.jpg


ベルナルド

f0374092_22060299.jpg
マカロンツリーには

ピンクや白のパステルカラーが似合います。


f0374092_22073520.jpg

ロブマイヤー


f0374092_22084319.jpg



f0374092_22092257.jpg


f0374092_22094759.jpg


f0374092_22101379.jpg
琉球ガラス


f0374092_22110552.jpg

グラステイスティングコーナーがあって

展示会で紹介されているグラスで

白ワイン、シャンパン。スパークリングワインなどを

飲めるコーナーがありました。

モーゼルというグラスで

ワインをいただきました。


次は「ノリタケ食器」の記事です。






ほっとフォトコンテスト



[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-27 10:06 | テーブルコーディネート | Comments(4)
f0374092_22361684.jpg


英国スタイルの食器

会場には、現代のもの以外にヴィンテージのものや

ティーポットや紅茶のコレクションも展示していました。


今回も写真をざざっと紹介します。




f0374092_22375554.jpg



f0374092_22384816.jpg





ウエッジウッド
f0374092_22391327.jpg





ロイヤルクラウンダービー
f0374092_22394309.jpg



バーレイ
f0374092_22405657.jpg



f0374092_22441472.jpg


ハロッズ
f0374092_22444146.jpg



ヴィンテージ
f0374092_22454045.jpg



**********************


ヴィンテージのC&S



f0374092_22471399.jpg

イギリスの女性陶器デザイナー

日本でも1990年代ブームになりました。

私もスージークーパーがきっかけで

イギリスの陶器からアンティークに興味をもつようになりました。

左側のグレイのウエッジウッド社から日本限定で発売されているシリーズ「グレンミスト」



ロイヤル・アルバート社や(右側薔薇模様)

シェリー窯
f0374092_22505268.jpg

f0374092_22533742.jpg

左側、ピンクは、スージー・クーパー

ボーンチャイナで作られたシリーズ

クロス・ステッチの模様の薔薇のシリーズは

実家で母が集めていたものと同じです。



f0374092_22575007.jpg

シェリー窯は現在はありませんが


パーシー・シェリー、フレデリック・リードなど様々な革新的な磁器のシリーズを生み出しました。

1925年から40年代まで最盛期を迎え各国に輸出されましたが

戦後一旦再開されましたが1966年窯は閉鎖

数人のデザイナーによって生み出される

アールデコや風景画、花柄などの作品が優雅なティータイムを演出します。


f0374092_23074849.jpg




f0374092_23081317.jpg

f0374092_23111899.jpg

ミントン、

(右側)スージークーパー

スージークーパーは、年代ごとに

陶器のデザインも著しく変わり

初期はアールヌーボの要素が強く、

色もはっきりした色合いだったりしましたが

スージーが陶器デザイナーとして開花したころの作品は、代表的な

「ドレスデン・スプレイ」や「パトリシア・ローズ」などの象徴される

女性らしい淡い優しい色使いや植物のモチーフを使い

代表的な作品が多いです。

私も、最初はそういうスージーのデザインが好きなんですが

最近はその後の少しシックで抑え目な色調や

ボーンチャイナとコラボした作品にも惹かれます。

ただ、アンティークは出会いもあるし、お値段も張るので

なかなか自分の手元にはありませんが。。。

ヴィンテージの食器には、

現代ものにない、朽ちで風化した美しさ、優しさがあります。





[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-14 11:40 | テーブルコーディネート | Comments(2)
TABLEWARE FESTIVAL 2018

2月4日~12日まで東京ドームにて開催されました。


今年はイギリスの食器の特集でした。

友人と食器の祭典へ。

今回はコンデジのみの撮影です。

画像も多いのでざざっとご覧ください。。。

展示ブランドの説明は、パンフの中の文章を抜粋しています。


スポード

世界で初めてボーンチャイナを量産に成功。
英国陶磁器の世界的ブームをもたらしました。
1806年英国王室御用達を拝命
「ブルーイタリアン」は、歴史的ロングセラーになりました。


f0374092_22123250.jpg

私が好きなバーレイ社の食器が、チケットの写真に使われたり、

開催前から楽しみにしていました。



バーレイ

バーレイ社は1851年William Leighによって1851年設立されて
銅板転写方法で陶器を生み出してきました。
原料を英国製にこだわり、英国内の唯一の工場で
全ての製品を手作りで製造。
手彫りの銅板転写で商品一つ一つで絵の位置や色濃淡が異なります。


f0374092_22030819.jpg
リーガル・ピーコック
(Black)

今回の出店の際に作られらたブラックのシリーズ


f0374092_22082263.jpg

バーレイ キャリコシリーズ

バーレイ社は1851年WIlliam Leighによって1851年設立されて

銅板転写方法で陶器を生み出してきました。


*********************************


Heartley Greens & Co

ピアスド・ウェア



f0374092_22134500.jpg



*********************************************

ウェッジ・ウッド


英国陶工の父「ジョサイア*ウェッジウッド」によって
1759年に創立された英国王室御用達ブランド
上品なデザインと品質で世界を魅了し続けています。

f0374092_22194965.jpg


f0374092_22164693.jpg


f0374092_22193615.jpg




*****************************

ハルシオンデイズ


1950年に創設され、3つの英国王室御用達を所有する
格式高いブランド
f0374092_22212091.jpg

***********************************:


エインズレイ


1775年創設以来、ヴィクトリア女王、エリザベス2世を始め
多くの皇族、貴族に愛されてきたブランド。


f0374092_22240006.jpg


******************************



デンビー


英国国内で200年以上製造するストーンウェアブランド。
オーブンから冷凍庫まで使用できる耐久性のある
実用的な食器を作っている。

f0374092_22231876.jpg

*****************************



ロイヤル・ドルトン

1815年に誕生したロイヤルドルトンは
1901年に王室御用達の栄誉を受けた歴史あるロイヤルブランド。
デザイン性と機能性を兼ね備えた食器が揃っています。



f0374092_22250231.jpg


*********************************


エマリッジ・ウォーター


英国陶磁器発祥の地、ストークオントレントにて
1985年から創業を始めた。
実用的ながら日々の生活に温かさをもたらす食器づくりをしている。



ファクトリーを訪れた
キャサリン妃もマグカップの型押しを体験したそうです。



f0374092_22254828.jpg



f0374092_22261179.jpg


************************



リチャード・ブレンドン

プロダクトデザイナーであるリチャード・ブレンドンがロンドンを拠点に2013年創立。
現代的なデザインに伝統的な職人の技術を結集。


f0374092_22273461.jpg


************************


ロイヤル・クラウンダービー



英国ダービー州に1750年創業。
国王ジョージ3世より「クラウン」を
ヴィクトリア女王より「ロイヤル」の名を賜る唯一の陶磁器ブランド。



f0374092_22291422.jpg


************************


ウィリアム・ヨーワード クリスタル

f0374092_16344628.jpg

英国の伝統と歴史を彷彿させるジョージ王朝のエレガンスをモダンに蘇らさた。

美しく機能性に優れたクリスタルコレクション。
英国王室御用達ブランドの正式認定を受ける。



f0374092_16312247.jpg


テーブルウエァ展レポは

まだまだ続きます。

次回は、イギリスのヴィンテージ食器とポット




[PR]
by teineinakurasi | 2018-02-12 16:40 | テーブルコーディネート | Comments(2)
TABLEWARE展
最後の記事は

日本を代表する洋食器メーカー

ノリタケ

1904年創業。

ノリタケのブースの中で

神戸出身の私が特になつかしさと感激した場所は

神戸を代表するベビー、子供服メーカーfamiliarの食器も展示されていました。



f0374092_23385876.jpg

わが息子たちも出産祝いにいただいたfamiliarの食器に

離乳食を入れて、子供の頃お世話になりました。

デザインはfamiliar 生産はノリタケだったのですね。


f0374092_23441791.jpg


f0374092_23423362.jpg
朝ドラの「べっぴんさん」は
神戸で1950年にベビー子供服を創業した4人の女性企業家の物語




神戸ブランドの子供服やベビー服や
かわいいアップリケや刺繍の服や小物、ファミリアチェック
かわいいファミちゃん

憧れのブランドです。


f0374092_23480751.jpg

4月3日まで銀座familiarに於いて

familiarの軌跡展が開催されているので

足を運ばなきゃ。。。



他のノリタケ製品も紹介



ノリタケの食器は甘いパステルカラーのかわいいものから


f0374092_23381321.jpg
優しい人気の花柄


f0374092_23512283.jpg

デザインがシャープで

スタイリッシュな食器まで

f0374092_22294167.jpg
f0374092_23510486.jpg

f0374092_22295255.jpg

飽きのこない上質なブランドです。


そして

日本を代表する洋食器メーカー

大倉陶園


f0374092_22330763.jpg

今回のテーマーは

至福のおもてなし


花や鳥など自然を大倉陶園の美意識で表現されて

日本らしい美しさに魅了されました。




f0374092_22341548.jpg



f0374092_22344550.jpg


2016年サミットで使われた

食器も展示されていました。


f0374092_22353887.jpg

最後は至高の饗宴

伊万里鍋島焼と輪島塗の饗宴

f0374092_22394467.jpg

f0374092_22413402.jpg


f0374092_22422136.jpg

f0374092_22423789.jpg



f0374092_22425580.jpg

漆器は憧れの器




お値段も素晴らしいので


いつも目の保養だけに終わってしまいます。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-02-10 22:47 | テーブルコーディネート | Comments(4)
TABLEWARE FESTIVAL

著名人による

テーブルセッティングによる食空間提案

まずは、このフェスティバル

常連の華やかなお二人がタッグを組みました。

黒柳徹子さんと田川啓二さん(ビーズ刺繍デザイナー)

f0374092_20441692.jpg



f0374092_20360334.jpg


お二人の所蔵されている食器を使って優雅なコーディネート


f0374092_20444038.jpg

田川啓二さん制作のビーズ刺繍の洋服

f0374092_20450444.jpg

コーディネーター

加藤タキさんの食卓

f0374092_20482127.jpg
加藤タキさんの母、加藤シヅエさんのお写真も飾られていました。


f0374092_20482867.jpg

海外での暮らしの経験が長い

加藤タキさんらしい洗練された空間でした。


憧れのオードーリーと椅子のコレクション





女優 余貴美子さんの食卓

余さんのこだわりの食器や雑貨で彩られたテーブル

f0374092_20530521.jpg


女優
原田知世さんの食卓



f0374092_20535525.jpg

原田さんらしいナチュラルなテーブル

フランスの陶器アスティエでしょうか・・・

素敵です。


数年前原田知世さんと大泉洋さんと夫婦役で

北海道の湖畔で

パン屋を営む映画のシーンを思い出しました。


f0374092_20540787.jpg


雅楽師

東儀秀樹さんのテーブル


f0374092_20590549.jpg


f0374092_20592502.jpg
楽器の色とコーディネートされたモダンな空間




ピアニスト

花房晴美さんの食卓

f0374092_21003667.jpg

f0374092_21011724.jpg

ピアノと同じ黒いテーブルにあったシックでエレガントな食卓



英国園芸研究家

ケイ山田さん

f0374092_21032066.jpg


f0374092_21033347.jpg


蓼科高原でバラとともに暮らすケイ山田さんのイングリッシュガーデンを再現し

明るくポップな飾り付けがかわいい。





次回は、日本を代表する陶磁器メーカーや日本伝統の輪島塗の食卓

大倉陶園、ノリタケ



今日は、とても寒い一日でした。

アレンジメントの教室でミモザのリースを作りましたが

家に帰って写真を撮りましたが

暗くて、ボツ写真ばかり。。。

天気のいいときに

撮ってアップします。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-02-09 19:01 | テーブルコーディネート | Comments(2)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura