人気ブログランキング |

京都 源光庵 芒と萩


昨年、父が辿った初秋の萩を散策したコースで

今年は、私一人で散策しました。

二つの窓で知られている源光庵

悟りの窓は

円型に

「禅と円通」の心を表して

「円」は大宇宙を表現しているそうです。


f0374092_16172601.jpg


2012年の紅葉


f0374092_16205645.jpg


山門の両脇に

芒が植えられ円形を型どった窓が

月の形に見え、9月の芒の時季

風情がある。




f0374092_16404139.jpg




f0374092_16394065.jpg



f0374092_16410772.jpg



f0374092_16240177.jpg


山門を

本堂側から眺めると

萩の花が満開。



f0374092_16400954.jpg




f0374092_16244866.jpg


芒や萩など

秋の草花が彩っていた。



f0374092_16243285.jpg


シオン菊も綺麗。

9月26日撮影。





Commented by HiroPhoto1690 at 2018-10-09 21:10
こんばんは^^
山門の両脇の窓も円形で
悟りの窓も円形ですね。
そうなんですね、大宇宙を表現しているのですか。
スケールが大きいですね^^
最後のシオン菊がとっても綺麗です(*^^*)
Commented by liberty-es at 2018-10-09 23:23
sakuraさん、こんばんは~^^
常照寺も源光庵も行ったことないお寺です。
ひっそりとした風情に萩が似合いますね。
紅葉の時季には激混みになる京都ですが
初秋の花が咲く時季にはゆっくりと落ち着いて
お庭を見たり写真を撮ったりできるのがいいですね。
Commented by boheme0506image at 2018-10-10 10:51
sakuraさん、こんにちは~♪
この3連休に、やっとやっと源光庵へ行ってきたよ~。
萩はピークを過ぎつつありましたが、まだ芒の穂も
開いてなくて、シオンも元気。
観光タクシーの方が多かったかなぁ。
悟りの窓を見ると、やっぱりいつも鎌倉の
明月院を思い出します。
もう少ししたら混雑するから、今は貴重な
静の時間を過ごせたのかもしれないね~♪
Commented by primarosa at 2018-10-10 21:03
sakuraさん、こんばんは^^
丸窓から見える緑が美しいですね。
それに、芒と円形の窓が本当に芒とお月様みたいで
粋ですね。
芒の穂も満開の萩の花も風情があっていいなあ。
静かな雰囲気もいいですね(*^_^*)
Commented by teineinakurasi at 2018-10-11 09:53
◇hiroさん◇
おはようございます。
山門の丸窓、本堂内の悟りの丸窓と迷いの四角い窓。
静かな時季には落ち着いて観賞できます。
本堂内にある天井は伏見城の遺構「血天井」もあり、歴史的な一面も見ることができます。
シオン菊も綺麗に咲いていました。
Commented by teineinakurasi at 2018-10-11 10:04
◇libertyさん◇
おはようございます♪
libertyさんは光悦寺に行かれたのですね(^.^)
鷹ヶ峯のお寺、もみじの観光シーズンを除くと比較的落ち着いています。
源光庵、丸窓と迷いの窓口、初秋はゆっくり観賞できました。秋の花が沢山咲いて風情がありましたよ。
常照寺は華やかな桜の頃がお薦めてすが
秋ならではの物悲しい風情も、良かったです。
光悦寺は美しい参道も空いていました‼
光悦寺垣の紅葉し始めた風景
美しいお寺でした。
Commented by teineinakurasi at 2018-10-11 14:06
◇さおりさん◇
こんにちは~♪
さおりさんも源光庵に行ってきたのね^^
芒やシオン菊も咲いていてちょうどいい時季に見られてよかったね。
場所的に遠いし、観光タクシーで来る人が多いのかな~
私は今回初めて緑の時の悟りの窓を見て
二つの窓は、なかなか見ることができないから感激でした^^
11月過ぎると紅葉観光のツアーも増えてきて
今の時季が秋のお花も窓もゆっくり見ることができていいかもね~♪
Commented by teineinakurasi at 2018-10-11 14:10
◇primarosaさん◇
こんにちは~♪
丸窓と緑、一枚の絵画のようで
美しいですよね~
山門の芒も、「粋」っていう言葉がぴったりですね。
こちらのお寺は美しく手入れされたお庭とそれを彩る花々が美しく、雰囲気のいいお寺ですね^^
by teineinakurasi | 2018-10-09 17:07 | 京都 | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura