鎌倉 一条恵観山荘


5月下旬


f0374092_22141790.jpg
一条恵観山荘


江戸初期、後陽成天皇の第九子であった一条恵観

和歌や書、茶の湯にも秀で

京都の西鴨に別荘となる茶屋を建てたのが

「一条恵観山荘」です。

京都の桂離宮と並び

朝廷文化を伝える数少ない遺構として現存していました。

その後鎌倉へ

茶人金森宗好好みの枯山水庭園とともに移築され

昨年夏から公開されるようになりました。

武家文化の影響を受けた鎌倉の地にも

山荘と庭園は美しく融合し、

自然と共生しつつ

京都の風雅な文化を伝える鎌倉では貴重な場所になっています。


f0374092_17442162.jpg




今回は庭園の入園と建物の見学も申し込みました。

時間までの間、庭園を散策できます。

庭園に入る前でも

日本庭園の美しいしつらえや



f0374092_17415970.jpg



山荘に入る前のアプローチも

日本式の建築で、気持ちも高まります。





f0374092_00410182.jpg




f0374092_22130803.jpg

庭園から山荘正面を眺める

苔の庭や赤松

f0374092_22140195.jpg


青もみじ


f0374092_17472684.jpg

この時季は山紫陽花が咲き始めて



f0374092_17475603.jpg


紫陽花に彩られた鎌倉ならではの風景


f0374092_17484481.jpg

滑川のせせらぎでは、小鳥の囀りが

心地よく響き

薫風、風薫る五月。



f0374092_17500241.jpg


f0374092_17435583.jpg

建物の斜めからも。。。



f0374092_17394808.jpg


庭園を散策していると

建物の案内の時間が来ました。









ここでは、フラッシュを使わなければ

写真の撮影が許されました。

f0374092_17530776.jpg


人形浄瑠璃の前進で

人間一人で一体に人形を操っている様子を描いた板戸

有名な近松門左衛門も、もしかしたら

この板戸を見たかもしれないという、

歴史のロマンを感じる作品です。



f0374092_17521553.jpg

美しい棚も

戸を上下に入れ替えて使うことができるこった作りのものです。



f0374092_17581993.jpg

江戸時代の立花を描いた板戸

京都から昨年池坊の家元がいらして

こちらに立花を生けたそうです。


ほかに、修学院離宮を建立された

後水尾天皇と

弟である一条恵観の書簡も

見せていただきました。


最後に

山荘からお庭を眺めて

建物の説明は終わりました。




f0374092_17523994.jpg

貴重な経験ができ

また改めて、違う季節にも訪れてみたいと思いました。



一条恵観山荘

10時~16時
不定休





[PR]
Commented by primarosa at 2018-05-30 19:14
sakuraさん、こんばんは^^
3枚目の写真、素敵ですね~。
見学への期待の高まりを感じます。
青紅葉や山紫陽花の楚々とした風情が
お庭の雰囲気に合っていて、
せせらぎの上を渡る5月のさわやかな風も
感じられそうです。
建物の見学、とても貴重な経験ですね。
すばらしいです(*^_^*)
Commented by teineinakurasi at 2018-05-30 21:25
◇primarosaさん◇
こんばんは~♪
3枚目の写真、ありがとうございます^^
鎌倉は、武士の都なので
お寺も質実剛健で簡素だったりと
雅な雰囲気な場所は少ないのですが
京都のような日本庭園のあるところに行くと
気分が盛り上がるのです^^
青もみじや、新緑、苔が美しく
山紫陽花が彩りを添えて、川のせせらぎの音が心地よかったです^^
Commented by boheme0506image at 2018-05-31 00:06
sakuraさん、こんばんは~♪
このような建物を、京都から鎌倉へ移築できるっていうのが
とっても不思議でなりません。
桂離宮もまだ行ったことがないんだなぁ。
鎌倉の地だったらとても合いそうだなぁ~。
庭園を見ていると、とっても緑が眩くて
青もみじも松も綺麗ですね~。
これだけ綺麗なのだから、もしかしたら紅葉シーズンも
綺麗なのではないかなぁ~って想像しちゃいました。
敷地内に川も流れているのね。
暑い夏には、青紅葉と川で暑さも和らぐかしら。
なんか北野天満宮の御土居のような感じ。
中の襖ではなく、板戸に描かれた絵もとても美しい。
お庭が綺麗で広そうだから、また少し間をあけて
違う季節に行くのもいいかもしれないね~♪


Commented by francana at 2018-05-31 06:22
京都から移築されただなんて、おもしろいですね。
御陽成天皇、日本史はかなり勉強したのに、記憶がすっかり遠のいてしまって覚えていないのが悔しいです(苦笑)。
あ、後水尾天皇は覚えています!
貴重な見学、説明つきでできるのは良い体験ですね。
浄妙寺のお写真でもそうでしたが、青いもみじがほんとうにきれい。
秋に色づいたらまた美しいことでしょう。
青い紫陽花も開いてきましたね。まだ開ききっていないときも可愛らしいです。
Commented by teineinakurasi at 2018-05-31 22:05
◇さおりさん◇
こんばんは~♪
ほんと、以前からその場所にあったような佇まいだけど
京都から移築された山荘。
建物を解体してから、移築する場所で新たにまた、組み立てるのでしょうね。
ほんと建て直しているところを見てみたいね^^
私も、申込制のところはまだ行っていなくて
御所も修学院離宮も桂離宮も・・・
青もみじも赤松も綺麗よね~
紅葉の季節も絶対綺麗だと思うわ~
苔もたくさんあって、梅雨の時季もお薦めですと
説明の方が言われていました。
ほんと、さおりさんの言うように
北野天満宮の御土居のようね~
御土居のもみじは紙屋川が流れているから
水が豊富でもみじも綺麗だものね~
こちらも季節を変えて再訪してみたいところです^^
Commented by teineinakurasi at 2018-05-31 22:24
◇francanaさん◇
こんばんは~♪
ほんとどういう風に移築したか気になりますよね~
後陽成天皇は、豊臣秀吉が政治の実権を握っていた頃は、秀吉が聚楽第に招待したりと関係は良好だったようですが、徳川に政権が移ってからは、苦難もいろいろあったようです。。。
説明も飽きさせず、興味深い時間でしたよ。
青もみじも5月半ばになると緑も濃くなり綺麗ですよね~
鎌倉の紫陽花も咲き始めました。
明月院、行ってきましたが綺麗でしたよ~
今週末はとても混みそうです^^;
by teineinakurasi | 2018-05-30 18:14 | 鎌倉 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura