桜紀行 長谷寺の桜 2018 ②

長谷寺 

山号を「豊山」ぶざんと号し

道明上人が天武天皇のために「銅板法華説相図」を初瀬山西の岡に安置したことに始まる。

西国三十三か所観音霊場として開かれ

長谷詣、長谷信仰が全国に広がる。

真言宗豊山派の総本山

立派な枝垂れ桜が迎えてくれます。


f0374092_16572815.jpg


参拝受付、仁王門に向かいます。

黄色の袈裟を着た僧侶の姿も



f0374092_17012712.jpg




f0374092_17102864.jpg



こんなびっしりと固まって咲く木蓮を見たのは初めて。

花の寺と言われるだけあって

花もスケールが大きいです。



f0374092_16561738.jpg



長谷寺と言えば登廊が有名ですね。

平安時代に春日大社の社司が子供の病気の平癒の御礼に造ったもの。

百八間、三三九段、上中下に分かれ

下、中廊は1889年再建

風雅な長谷型灯籠が吊るしています。




f0374092_17123059.jpg




下廊の横には

4月下旬ぐらいから咲き出す牡丹が有名です。



f0374092_17133665.jpg



登廊を上りながら

満開の枝垂れ桜も見えます。


f0374092_17140490.jpg


枝垂れ桜の下には

ぼたんの花もスタンバイ



f0374092_17180974.jpg

境内の各所に枝垂れ桜や山桜



f0374092_17155638.jpg



早咲きの鮮やかな紅色のおかめ桜も満開です。



f0374092_17210593.jpg

長谷型灯籠

風雅な燈篭の模様が美しい


f0374092_17221104.jpg

下廊の上まで来ました、山も近くに見えます。


振り返ると




f0374092_17232950.jpg

枝垂れ桜、登廊の屋根瓦、石灯籠が綺麗です。


あらゆる桜が一斉に咲き出して

美しいグラデーションとなっています。



f0374092_17253412.jpg


登廊を上りながら


周囲の風景と共に


f0374092_17274932.jpg

念願の長谷寺まで父と詣でることができたのだと

感慨もひとしお。





f0374092_17255835.jpg


桜を眺めながら一歩ずつ、

一段ずつ、想いをこめて

ようやく本堂に到着


多くの歌人や俳人が長谷寺で和歌や俳句を詠んでいます。

「春の夜やこもりし人床」し堂のすみ」 松尾芭蕉

「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香にけるかな」紀貫之





f0374092_17272207.jpg





f0374092_17422553.jpg


本堂を後にして

五重塔に向かう



f0374092_17434410.jpg



f0374092_17440780.jpg



f0374092_17443263.jpg

空を見上げると


紅枝垂れと山桜の共演


f0374092_17464827.jpg

染井吉野も満開で

町に咲く桜とは、全く違う印象に捉えてしまう。




最後に絶景が待っていると父に言われ


そして本坊へ


f0374092_17463379.jpg

遠いけれど、来てよかった。

父の満足そうな様子に私も安堵しました。

そして、ここまで私を連れて来てくれた父にも感謝です。


usaさんの企画に参加します。





春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】

[PR]
Commented by boheme0506image at 2018-04-14 21:21
sakuraさん、こんばんは~♪
本当なら、もう長谷寺だけで7回シリーズくらいできちゃうくらい
見所満載で、自然のあるちょっと山手の立地と建物と
沢山の桜、これだけで大満足なのに、桜の種類もみんな揃って
素晴しい大共演ね。
この調子では、牡丹も早く咲くのかなぁ~?
京都の牡丹はもう一部のところでは咲いている状態で・・・
例年だったらgwの前半くらいなのに。
私もこんな木蓮は見たことがないなぁ。
文章がなかったら、桜の種類なのかと思ってると思います。
お父さまは行動力があるけれど、やっぱりここは遠いし
sakuraさんと一緒に行くことができて
奈良が大好きなお父さまも大満足でしょうね。
登廊はもう、まったく人が途切れずもう諦めちゃいました^^

Commented by teineinakurasi at 2018-04-15 10:03
◇さおりさん◇
おはよう~♪
そうなの、長谷寺では、お花や建物、自然の風景、
撮影するところがいっぱいで
そのうえ、たくさんの桜、いろいろな場所から違った風景が愉しめて、写真のアップ枚数を減らすのは、難しいわ~
①と②に分けたけど枚数減らしてもっとシリーズ増やした方がよかったかな~
昨年、さおりさんのブログで
長谷寺の美しさを知って
今年はぜひ、行きたいと思っていたら
父も奈良の桜を見るには、欠かせない場所だと。。。
牡丹、今年は早いのかな。
花全般、早めに咲いているよね。
長谷寺は山に囲まれて気温は低いところだけど
暖かさが続くようだったら、早まるかもね~
「木蓮」すごいよね~
最大でこの近さまでしかレンズが寄れなかったけど
花が密集しているので何の木か最初わからなかったよ~
そうね、父一人だと、私も不安だし、高低差があるから
足が少し大変なので
付き添って一緒だと安心すると思います^^
奈良の桜井までは、奈良市内よりか遠いので
父もとても満足していました。
この日は、平日(月)で午後2時半くらいに着いたので
午前中とかじゃないか少し空いていたかもしれないね。
父も桜の時季なのに、意外と少なくてびっくりしたと言ってました^^
登廊、一瞬、人が途切れて隙にシャッターチャンスがあってよかったです。
Commented by HiroPhoto1690 at 2018-04-15 17:27
こんにちは^^
黄色い袈裟のお坊さんの写真いいですね。
このロケーションとシチュエーションはなかなか出会えないですね~すてきだと思いました。
長~い階段の廊下ですね。
夜の燈篭の催し物は写真でみたことがあります。
ますます行きたくなりました^^
Commented by teineinakurasi at 2018-04-15 20:15
◇hiroさん◇
こんばんは~♪
いいタイミングで袈裟のお坊さんが通られたので
後ろ姿なら大丈夫かなとカメラを向けました^^
そうなんですよ~
この長い「登廊」が長谷寺、独特の回廊で
美しいですよね。
五月には、ぼたんが咲き華やかになりそうですよ。
夜の燈篭も幻想的で素敵でしょうね~♪
Commented by liberty-es at 2018-04-15 22:15
sakuraさん、こんばんは~^^
お父様とは奈良へ行かれたのですね。
長谷寺は私も好きなお寺です♪
ただ私が行ったのは7月でノウゼンカズラが
咲いていたくらいだったので、
やっぱり桜の時季はいいですね~♪
枝垂れ桜は美しいし、桜の濃淡の風景が素晴らしいですね。
お父様も喜ばれて素敵なお花見になりましたね。
Commented by teineinakurasi at 2018-04-16 13:22
◇libertyさん◇
そうなんです。京都はいろいろな場所で桜を見たので
父とは、奈良に二日間。桜を見に行きました。
長谷寺、libertyさんも行かれたことがあるのですね。
季節によって、お花が変わって夏はノウゼンカズラなんですね^^
私も昔冬に行ったことがあるのですが、
やはり、ここは、桜、牡丹、秋の紅葉が素晴らしいですね。
いろいろな種類の桜が山一面に咲いて、グラデーションが
とても綺麗でした^^
父もとても喜んで満足していたので
いいお花見になりました。
libertyさんもいつか桜の時季に行かれてみてくださいね♪
by teineinakurasi | 2018-04-14 07:04 | | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura