母から娘へ繋がる料理レシピ

今日の関東は、真冬の寒さ。
久々にダウンコートを着てでかけました。

明日の朝はまた、雨と風が強いみたいで。。。

そのあとは暖かくなるようですね。

冬の料理もそろそろ終わりですね。



f0374092_22400250.jpg

寒い日は、温かな食べ物が美味しい。

冬の食材もそろそろ終わりだけれど

冬の食材を使って温かなごちそう和食。

牡蠣ごはんにふろふき大根


鯛のかぶら蒸し

父が京都の錦市場から送ってくれた「甘鯛」の一塩の干物を焼きました。


関西では「ぐじ」と言います。

(写真は魚を焼く前なので甘鯛の塩焼きは、撮っていません)


f0374092_22302161.jpg

昔は洋風料理一辺倒だった私。

普段の日は、主菜、副菜、お味噌汁

時間に余裕のある週末は、買い出しの食材など

京都の和食にちょっとチャレンジしたりしています。

ここ数年、冬になると作るのが

かぶら蒸し

鯛を一塩して、蕪をすったものと卵白を混ぜ合わせ

蒸し器で蒸し、

最後にくず粉で溶いたお出汁の餡をかけていただきます。

f0374092_22312821.jpg

かきご飯は

以前牡蠣料理のレストランでいただいたものを自分なりに

アレンジしたもの。

ご飯は生姜と昆布を入れてお醤油で味付けしたものを炊き

牡蠣は、別鍋で少し濃いめの出汁と生姜であまり火を通し過ぎずに煮たものを

ご飯が炊けてから牡蠣を添えます。




生前母が、父と旅行したり、出かけて美味しいご飯をいただいた時に

感謝の気持ちで数日後凝ったお料理を作ってサプライズをしてくれて嬉しかったと。。。

母が亡くなってから、よく父が私に話してくれました。

父の行為に感謝し、母もまた父にまごころこめて料理を作る。
そして、心から母に美味しかった感謝の気持ちを表す。

当たり前のようなことだけど
口に出して「ありがとう」と伝えるのは、なかなか難しいこと。







f0374092_22403852.jpg

デザートは、

この時季旬を迎える柑橘類を使って

伊予柑とネーブルでゼリーを作りました。

伊予柑のゼリーは、生前母がよく作っていたデザートで

母が亡くなって遺品を整理した時に

母が書いていたレシピノートが2冊出てきたので

今回の蕪蒸しも、ゼリーもそのレシピを見て作りました。

まだまだ母のレベルには、

到達できません。

女性が活躍する時代に逆行しているような私ですが

家庭料理をしっかりと作っていきたい。

ひそかな、私の今年のテーマです。


f0374092_22441405.jpg




f0374092_22455174.jpg



器も大好きなので、

食卓にどんどん活用させて使っていきたいです。

母からもらった赤い朱塗りの「おひら」と呼ばれる蓋物は、

蓋物のほかにお菓子を盛ったり、いろいろな使い方ができます。


秋冬は、土ものの食器が多くなりますが

春に向かって、陶磁器や絵や柄物も登場の機会が増えます。


f0374092_22455930.jpg



HOTな食べ物教えて!

[PR]
Commented by HiroPhoto1690 at 2018-03-08 21:45
こんばんは^^
冬のふろふき大根はご馳走ですね。
柚子味噌でいただいて清涼感があります。

牡蠣ご飯も美味しそうです。
牡蠣は1月が旬ですね。
暖かくなると大味になります。

お母さまのレシピで作られたのですね。
お母さまの味を覚えている、それもすてきなことですね^^
Commented by boheme0506image at 2018-03-08 22:08
sakuraさん、こんばんは~♪
今週は季節が逆戻りしちゃったね~。
関西は昨日と一昨日が寒くて、また明日が寒いみたい。
気温の差が激しいからsakuraさんも体調に気をつけてね。
お母様からの赤い朱塗り素敵すぎるなぁ、おひらっていうのね。
お母様はお料理を記録してノートにメモもしていたのね。
几帳面だったか、それとも研究していたのかなぁ?
そのノートは大事な宝物ね。
sakuraさんは男所帯だけど、いつかお嫁ちゃんに
繋がっていけたらいいね。
伊予柑とネーブルのゼリー、老松のゼリーみたい。
最初写真を見た時はそう思ったくらい。
何かの機会に、sakuraさんの食器棚とキッチン関係の
引き出しを見たいわ~♪

Commented by teineinakurasi at 2018-03-08 22:37
◇hiroさん◇
こんばんは~♪
コトコトじっくり煮た大根は、甘味もあって美味しいですね。
牡蠣は、寒い時季が旬だから、2月ぐらいまでですね。
最近の牡蠣は大ぶりなものが増えたような気がします^^

かぶら蒸しや、伊予柑ゼリーは、母のレシピです。
料理好きの母にはまだまだ追いつけませんが
レシピノートで
またいろいろ作ってみたいなと思っています。
Commented by teineinakurasi at 2018-03-08 22:46
◇さおりさん◇
こんばんは~♪関西は、今日は暖かだったのね。
明日が寒いのね。。。
来週になると暖かな日が続くから、
梅もどんどん咲いて、桜の開花も早いのかしらね~
赤い朱塗りの骨董市で買ったみたいよ~
お椀ほど大きくないけど
形も色もかわいいよね~
母は几帳面でテレビの料理番組のレシピとかいろいろメモしていたみたい。。。
とても几帳面だったと思うわ~
鎌倉に来て食べた料理とかも、メモして残してあったり。
友人を招いた時の献立とかも。。。書いていました。
食に貪欲な人だったのよね~
老松のゼリー、めったに食べられないけど
ほんと、美味しいよね~
初めて食べた時は感激しました^^
食器棚やキッチンの引き出し、収納苦手だからな~
片づけてもすぐぐちゃぐちゃになっちゃうの~

Commented by nararanran at 2018-03-09 10:16
sakuraちゃん
素敵な、素敵な言葉がひとつひとつジンワリ染み込んできました。
sakuraちゃんもお母さまと同じ道を歩んでいるんですね。
お母さまも嬉しいでしょう。

器もすてきで
母娘2代で使うのって、ほんとに幸せ♪
1日を大切に暮らさなダメやなぁ~って感じます。

わたしも時代に逆行してるかもしれないけれども
こんな家時間が好きです。
ニュースみながら「男性を社員にして、きちんと家庭を養える給料にすれば、女性は家で子どもを育てれるのになぁ」って怒っています。
みんながみんな外で活躍したい女性ばかりじゃないと思うもの。
女性が家で子育てをできる選択肢が最近はないように感じる。
Commented by teineinakurasi at 2018-03-09 17:22
◇らんちゃん◇
こんにちは~♪
私も、心に沁みる嬉しいコメントありがとう^^
そうね、私も、母と同じ道を歩んでいるみたいね。
若い頃は、逆行していたけど
年を重ねると、母のありがたさがしみじみと
わかります。
いろいろ伝えたかったみたいだけど、母は決して無理強いはしなくて
今になって、もっと早く理解していればなと思ったり。

器も使ってこそだものね。
まだまだ見習わなきゃいけないことがいっぱいです^^

らんちゃんも「家時間」好きなんやね~
嬉しいな~
今はみんな外で働くのが当たり前の世の中だけど
そういう人ばかりじゃないと思うの。
男性を正社員に雇用して家族を養えるだけのお給料にしないと、若者は結婚できないし、子供も産めない、育てられない、ますます出生率が下がるばかり。
らんちゃんの気持ちに同感だわ~
安心して子育てできる世の中にしてほしいね。
by teineinakurasi | 2018-03-08 21:17 | 料理 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura