TABLEWARE FESTIVAL 2018 「彩りのある日々を描く」~ノリタケ~


1904年に誕生したノリタケは

日々の生活の寄り添うテーブルウェアを展示

(今回は写真多いです。)

f0374092_22241535.jpg

有名和洋菓子店のお菓子と一緒に楽しむTEA TIME とノリタケの器



f0374092_22255457.jpg




f0374092_22261601.jpg



f0374092_23572439.jpg




f0374092_22264294.jpg



オードリーのお菓子も飾っています♪





f0374092_22271530.jpg



自由学園を設計した建築家のデザインを生かした

アールデコの食器たち。



f0374092_22290637.jpg



f0374092_22292631.jpg

道化師やサーカスのテントのような

デザインのカップが印象的


f0374092_22301521.jpg


f0374092_22303959.jpg

スイートな乙女チックなデザインの食器


f0374092_22315846.jpg

コーヒーのドリップの器具が

木を基調にして素敵でした。


f0374092_22331562.jpg


ガラスと木と陶磁器の融合

f0374092_23534501.jpg
ヴァレンタインにぴったりな情熱的な器


f0374092_23544604.jpg

アフタヌーンティー
金色の薔薇の模様がエレガントでゴージャス。



f0374092_23553365.jpg
ノリタケおなじみのフルーツのシリーズ




f0374092_23564096.jpg


f0374092_23565950.jpg

温かみのあるイエローのコーディネート



f0374092_23573612.jpg

竹製品と器の涼やかなコーディネート


f0374092_23591389.jpg

ビタミンカラーのオレンジやレモンが爽やかなテーブル


ノリタケの食器は、

かわいらしさや親しみがありつつも、

安心感がある日本の誇るべき洋食器ブランドですね・。


次回は、有名人のテーブルコーディネートの記事です。



ほっとフォトコンテスト



[PR]
Commented by 高兄 at 2018-02-27 12:20 x
sakuraさん、こんにちは

本当に、ノリタケの、器お好きなんですね^^

御写真の量に、愛情が溢れていあmすよ♪

お気に入りの食器たちに囲まれてティータイムは

さぞ、幸せな気分になるでしょうね^^
Commented by teineinakurasi at 2018-02-27 18:29
◇高兄さん◇
こんばんは~♪
自分では気が付かなかったのですが、写真の数多いですよね^^;
テーブルコーデが美しいしお花のアレンジとかも
おしゃれなのでたくさん撮ってしまいました^^
そうそう、上から4枚目の写真ですが
白い食器の写真でグラスに白い透明のお菓子が盛られているのですが
京都の御菓子丸さんの「鉱物の実」というお菓子なんですよ。
京都でしか食べられないお菓子なんですが、
偶然葉山で京都の「木と根」さんがイベントに来られて
奇跡的に買えたのですが、宝石みたいに美しく
めっちゃ美味しいです。
Commented by boheme0506image at 2018-02-27 18:34
sakuraさん、こんにちは~♪
ノリタケの食器、名前はもちろん知っているけれど
実はあまりよく知らない、持っていないの。
またまたティーポットや紅茶缶が並んでいて
お菓子も一緒に並んでいるから、よりリアル感あって楽しそう。
カップソーサの数々、家で大きな食器棚に
こんな風に並べるのは理想だなぁ。
こういうの誰がコーディネートしているのでしょうね。
sakuraさんもお手伝いできるんじゃないかしら^^
これだけ揃っているのだから、アフタヌーンティーして
楽しみたいなぁ~♪
Commented by teineinakurasi at 2018-02-27 21:59
◇さおりさん◇
こんばんは~♪ノリタケの食器うちも母は、揃えていたけど
私は、結婚する時お祝いでいただいたぐらいで
少ししかないのよ~
こちらのテーブルコーディネートのブースは
さおりさんの言われるようにリアル感があって
おしゃれだし、日常にも置き換えて考えられるし
お花もいつも素敵で、いろいろな場面を考えるだけで
楽しそう~♪
お菓子もいっぱい揃って本物のお菓子ばかりだから
ほんとアフタヌーンティーしてみたいよね^^
by teineinakurasi | 2018-02-27 11:53 | テーブルコーディネート | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura