瑞泉寺を散策した後

向かったのは、こちらのカフェ



f0374092_21514668.jpg

一軒家のお庭とその一部をカフェにして

奥様が丹精込めた草花が一年を通して

訪れる人を愉しませてくれます。



緑がいっぱいの

お庭のあるカフェです。


f0374092_21542158.jpg
12時を過ぎてお店に入ると

店内は、ほぼ満席。

ギリギリ入ることができ

ラストの残っていた席を確保できました。


この日は急いでいたので

早く食べることができるメニュー、カレーにしました。




f0374092_21570003.jpg

珈琲は、北鎌倉の石川珈琲さんの豆です。

北鎌ブレンドとKaeruブレンドがあって

今回は浅煎りの「Kaeru」ブレンドにしました。




f0374092_21583984.jpg



窓越しに見える緑。



f0374092_21540407.jpg

Kaeruの団扇


f0374092_21530109.jpg

次回は、友人とゆっくり来たいです。

お弁当や定食、ミートパイ

次回はどれをたのもうかな。




f0374092_21594629.jpg


二階堂辺りは、大きなお屋敷が多くて

塀も立派

カーブになった路地は、

鎌倉らしい。。。独特の雰囲気。



f0374092_22022873.jpg

鎌倉には長い塀が続く道が多いようです。


大佛茶廊の辺りも長い塀がありました。


鎌倉の路地裏の塀の写真を撮ったブログです。









[PR]
# by teineinakurasi | 2018-10-23 18:06 | カフェめぐり | Comments(1)

十三夜



今日は十三夜。


久しぶりの秋晴れに


お月様も無事に見えそうですね。




f0374092_18010521.jpg

国営昭和記念公園

こもれびの里、里の農家で

「十三夜」のお月見のしつらえ




f0374092_18005339.jpg




f0374092_18003653.jpg

栗や芋をお供えしていますね。



十五夜は、芋名月。

主に里芋などがお供えされて

十三夜はこの時季収穫する「栗名月」とも呼ばれ

栗が供えられます。

お月見団子も13個

十五夜だけでなく、十三夜もお月見をしないと

片月見と云われ、縁起が悪いとされています。










[PR]
# by teineinakurasi | 2018-10-21 18:17 | 季節のこと | Comments(4)

鎌倉 瑞泉寺 秋明菊



10月の三連休も終わった翌日

久しぶりに鎌倉へ。

台風24号の影響が、色濃く残る鎌倉市街、

銀杏の葉は、変色し、今年は、黄金色の美しい風景は

見ることができないようです。

今回、お昼過ぎにアトリエkikaさんに行く用事があり

その前に

瑞泉寺に行きました。

瑞泉寺は鎌倉でも海から少し離れ、森のような木々がある場所にお寺があって

幸いにも台風の被害はなかったように思われます。



f0374092_21472512.jpg


境内の山門に行くまでには


f0374092_17363315.jpg

↑の階段は通行禁止ですが



ジャングルのような

場所を通ります。


f0374092_17371722.jpg

数々の文人もこのお寺を訪れ、文学や俳句に残しています.




f0374092_17381093.jpg


境内では、白い秋明菊が

咲き始めていました。

昨年よりも少し咲くのが遅いのは、夏の暑さの影響でしょうか。



f0374092_21524712.jpg



f0374092_21495474.jpg



f0374092_21500963.jpg


f0374092_21503020.jpg

濃いピンク色の八重の秋明菊も綺麗です。



f0374092_21512482.jpg

酔芙蓉もまだまだ咲いています。




f0374092_21532657.jpg

こちらは、八重の木槿です。





f0374092_21510215.jpg


十月桜も咲き始め、本格的な秋の訪れです。



f0374092_20525739.jpg

瑞泉寺を創建した夢窓国師が造ったと云われる

岩庭

鎌倉時代に造られました。

京都にあるような雅で美しい庭園とは異なり

鎌倉の自然を生かした野性味溢れる庭園です。




私の写真ではその魅力を伝えられないので

お寺のHPの写真を見て頂ければ。。。

↓をクリックしてください。


普段はこういう状態で観ることはできないのですが、

紅葉の時季は、このような風景になるようです。


f0374092_21025738.jpg


f0374092_21031808.jpg




f0374092_21033452.jpg


千両の実も色づき始めました。


f0374092_21040988.jpg



f0374092_21055883.jpg



f0374092_21062104.jpg

瑞泉寺からの帰り道

色鮮やかな

からすうりを見つけました。


瑞泉寺は、母が上京した時、母とよく行きました。

当時まだ若かった私は、「秋明菊」の花も知らず

母に教えてもらいました。

神戸の家の近くでは、見たことがなかった「からすうり」

鎌倉や横浜で初めて見た母は、その色鮮やかで美しい実に驚き、魅了されました。

瑞泉寺からの帰り道で「からすうり」を見ながら、母娘で会話が弾んだ思い出。

秋、この道を通ると当時のことが鮮明に想い出され

懐かしい記憶が蘇ります。


ちょうど、お昼も近くなったので

緑溢れるカフェへ向かいました。






[PR]
# by teineinakurasi | 2018-10-21 16:12 | 鎌倉 | Comments(1)
f0374092_00121905.jpg


ならまちの老舗カフェの「カナカナ」さんの姉妹店

「ボリクコーヒー」さん

古民家カフェのカナカナさんとは対照的で

こちらは、北欧風の外観のおしゃれなカフェ


f0374092_00144993.jpg

店内は、ロシアや東欧のお人形やアンティークが飾られています。


f0374092_00160155.jpg

ビィンテージのキッチングッズ



f0374092_00163775.jpg




f0374092_00171076.jpg



f0374092_00173072.jpg


マトリョーシカ


f0374092_00175633.jpg



f0374092_00182219.jpg

カフェラテと

和栗のモンブランをいただきました。


栗のクリームの下には、奈良名産の葛を使った

くずきりが敷かれていて

スポンジ台の変わり。

さっぱりとした和栗のモンブラン

美味しかったです。


f0374092_00184929.jpg


マトリョーシカやチェブラーシカのグッズ



f0374092_00142169.jpg


お店を出て

ならまち周辺をちょっと散策


f0374092_00224753.jpg

寧楽菓子司 中西与三郎さんで

父に和菓子を買って帰りました。


f0374092_00232851.jpg


f0374092_00234475.jpg

「なかにし」で買った上生菓子と薯蕷饅頭



*******************

樫舎「かしや」さん

f0374092_00244084.jpg

ならまちで老舗の和菓子屋さん。

今回はこちらには寄らなかったのですが

次回は此方の和菓子も食べてみたいです。



ショーウィンドーを撮りました。


f0374092_00263165.jpg



f0374092_00264875.jpg



f0374092_00270569.jpg


ならまちと言えば

庚申さん


f0374092_00274355.jpg

f0374092_00275969.jpg


f0374092_00281830.jpg



ならまち散策萩の寺散策

さおりさんご一緒してくださってありがとうございました。


関西帰省の記事は
今回で終わりです。



[PR]
# by teineinakurasi | 2018-10-20 13:51 | 奈良 | Comments(2)

奈良 元興寺 秋の花々



石仏と彼岸花


f0374092_23102905.jpg



僧坊前には、たくさんの石仏があり

夏は桔梗と石仏が美しい。

そして秋は萩と桔梗が、咲いています。




f0374092_23064338.jpg




f0374092_23081744.jpg




f0374092_23100208.jpg


f0374092_23084558.jpg



f0374092_23163812.jpg


桔梗と白い萩の組み合わせも清楚な美しさ



f0374092_23093872.jpg


手水舎の花あしらい



f0374092_23111058.jpg

竜胆


f0374092_23113689.jpg


f0374092_23120124.jpg



f0374092_21503576.jpg


藤袴


秋の花々を

一度にたくさん見ることができる貴重なお寺です。



f0374092_23122375.jpg

ここは、元興寺内の休憩エリア

後ろにある塀は、元興寺の萩を刈り取ったものを

京都の職人さんが塀に仕立てたものだそう。


萩の枝の有効利用ですね。







[PR]
# by teineinakurasi | 2018-10-19 20:02 | 奈良 | Comments(2)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura