水戸偕楽園へ




f0374092_17482023.jpg



2月のことになりますが

友人と初めての日帰りバス旅行

目的は、水戸の偕楽園の梅と




茨城県立近代美術館で開催されている

「東山魁夷、唐招提寺御影堂障壁画展」に行くことでした。

東京駅を朝9時半に出発し、お昼前に水戸に到着

昼食を食べてから

日本三大名園である水戸の偕楽園へ

f0374092_17483931.jpg
紅梅、白梅の淡い靄がかかったような美しい景色


梅の名所でも知られる偕楽園は

早咲き、中咲き、遅咲きが

植えられて

今回は中咲きが見ごろを迎えていました。



今回は、美術館見学もあり、

デジイチをもって行かなかったので

鮮明な写真は撮れませんでしたが

f0374092_17493539.jpg

好文亭

こちらは、徳川斉彬公が

文人や家臣、領地の人々を集めて

詩歌や養老の会を催しました。

「好文」は梅の異名で

晋の武帝の「学問の親しめば梅が好き、学問を廃すれば開かなかった」という故事に

基づいて名付けれたそうです。




好文亭、各部屋には

四季折々の花木の襖絵が描かれています。



f0374092_17210390.jpg


f0374092_17402784.jpg

庭園の梅も満開で

好文亭3階からの眺めは格別です。


f0374092_00134294.jpg
向うに見えるのは千波湖です。




味わいのある梅の老木

枝ぶりの美しさ

空に向かって伸びやかに咲く梅は

青い空をバックに映えて



f0374092_00171178.jpg
紅梅と白梅の競演も

また美しいです。

f0374092_00173148.jpg

水戸の偕楽園を約1時間散策した後は

バスに乗って

今回のメインのイベントの美術展で

現在、奈良の唐招提寺の御影堂

修復工事の為

襖絵障壁画が関東で見ることができるなんて

とても夢のようなお話で

奈良県の唐招提寺

昨年の秋に父と行きました。


鑑真和上法師の命日前後の3日間だげ

特別公開があるのですが

昨年から工事が始り障壁画は全国の美術館を巡回しています。






中国の僧侶鑑真が

仏教伝来の為、来日を何回か試みますが、

度重なる嵐や舟の難破で

何度も失敗し、ようやくたどり着いた時は

盲目になったというほど過酷な旅でした。

1970年代にこの大仕事の依頼を受けた東山画伯は

鑑真和上のご苦労や過酷な旅に想いを寄せて

もし、目が見えていたなら

日本の美しい山と森、海の美しい風景を見てもらいたい願い

構想を練るために日本各地にスケッチ旅行にでかけます。

そして残り半分の障壁画は、

鑑真和上の故郷、中国の美しい風景を

初挑戦であった墨絵で

魂のこもった力作を仕上げて

唐招提寺に奉納されたのでした。






画伯の代表作ともなる素晴らしい障壁画。

奈良唐招提寺に奉納され、一般公開は数日のみで

なかなか見ることができない貴重な機会を

鑑賞できるチャンスに恵まれて幸いです。

以前東京の近代美術館で公開があり

鑑賞しましたが、たくさんの人出でした。

今回、茨城の美術館では

あらゆる角度から

静かにゆっくりと鑑賞でき有り難かったです。

唐招提寺の御影堂の中にいるかのような雰囲気も十分に味わえました。

途中仕上げるまでの工程とかも公開されて

気の遠くなるような大掛かりな

制作だったのがよくわかりました。

ますます、東山魁夷画伯の絵に対する愛が強くなり、

まだ気持ちの冷めぬうちに

画伯の絵を見に行きたいと思います。




f0374092_17190089.jpg
今年は、

大好きな東山画伯の絵が

山種美術館で京都の絵数枚「京洛四季」の一部が
公開中ですし

長野の美術館にもぜひ行ってみたいなと考えています。







[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-10 20:52 | 庭園 | Comments(2)

曽我梅林

先週末、初めて小田原にある曽我梅林へ行きました。


こちらの梅林の梅は、有名で

実になった後梅干しとして漬けられて出荷されるそうです。



澄み切った青空の週末

早咲きの白梅は、すでに花も終わりに近づき

枝垂れ梅が満開に近くなっていました。


f0374092_18313900.jpg


f0374092_18315924.jpg


f0374092_18411299.jpg


f0374092_18322106.jpg

富士山と梅


f0374092_18324921.jpg

蝋梅としだれ梅


f0374092_18344468.jpg


f0374092_18331844.jpg
枝垂れ梅が咲き揃って

とても華やか

一度にこんなにたくさんの枝垂れ梅を見たのは、初めてで

感激しました。

梅のいい時季を逃してしまうことが多かったので

今回はとてもラッキーでした。




f0374092_18343011.jpg


f0374092_18355671.jpg

f0374092_18362092.jpg


梅の写真を撮る時は

お寺の建物と絡めて梅を撮っていたので

梅だけ撮るのは、とても難しいものだなと感じました。



f0374092_18382710.jpg



f0374092_18384282.jpg

f0374092_18402033.jpg


f0374092_18404060.jpg


f0374092_18434937.jpg
帰りは、海沿いまで出ました。


港の近くの食堂で

海の幸たっぷりの小田原丼をいただきました。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-02-16 18:48 | 散策 | Comments(2)

梅の刺繍

f0374092_23300155.jpg

先日作りかけていた

紅梅の刺繍が完成しました。







額に合わせて

ピンク色のリネンをつないだら

華やいだ雰囲気になりました。



f0374092_23294571.jpg
鎌倉豊島屋さんの梅のお干菓子

「飛梅」の入れ物も一緒に

飾ってみました。



本では、ラフに切りっぱなしのリネンのまま

壁にピンで留めたり、フレームに掛けたりと

ナチュラルな雰囲気で飾っていました。


まだまだ、刺繍してみたい図案があるので

今度は春のお花の挑戦してみようかな。。。





こちらは、ある日の一人昼ごはん

昼ごはんにしては、

豪華ですが、お寿司や茶碗蒸しは

前日の残り物

f0374092_22452877.jpg

お花の教室の時にお友達が差し入れてくださった

金沢の和菓子も家にもって帰っていただきました。

「福梅」

金箔が添えられて金沢らしい拘りがあって

美味しいお菓子でした。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-01-26 22:51 | 縫い物 | Comments(2)

刺繍

寒い日が続いています。

新年になってから家でこもる日が増えて

ようやく、パッチワークのやりかけに取り掛かったみたり、

(私は手作りする時は、気が多いタイプで何点かやりかけのものを同時進行させたり、休ませてみたりしながら作っています。

一度に一作品大作を作るとなるとなかなか集中力とかも最近欠けてきてしまって。。。

そういう方法をとっています。

今は、パッチワークのヘキサゴン、春に向けてしあげようと意気込んでいますが

ちょっと今脱線タイム

あと、数ピース繋げたら、トップは完成ですが

その後、キルティングという大変な作業が待っています。。。

断捨離中に

片付けをしてたら

母が亡くなる三か月前に完成させた「ポピー」の図案の本を見つけて

その本の表紙になっている

梅の花を、刺繍してみようと急に思い立ち

今刺繍しているところです。

ちょうど、早咲きの梅の花もちらほらと咲き始めて

f0374092_21070207.jpg



f0374092_21083849.jpg


なんと図案は24種類もあり、

イギリスで刺繍の活動をされている日本人の方で

アオノビルゾン・ヒロコさん

「花の刺しゅう」より

Botanical Flower Embroidery


ボタニカルアートを主体にした図案なので

わりと飾らずシンプルな図案です。

私が以前手作りのバッグを作る時に買いためた

麻の布が余っていた良い再利用法が見つかったのではないかと思い

時間をみつけて

刺繍できればいいなと思っています。


********************************

今日は

とても寒かったので

インスタントではなく、

ココアパウダーを砂糖を一緒に練り

牛乳で伸ばして

ミルクココアを作りました。

ココアのお供は素朴なキッキーで。


f0374092_21132379.jpg


[PR]
by teineinakurasi | 2017-01-16 21:19 | 縫い物 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura