f0374092_22211269.jpg

横浜イングリッシュガーデン

ガーデンの中では、

グリーンやお花、ベンチ

要所要所でとてもガーデンの重要な役割を担っているのですが


このユニオンジャックのベンチ


カッコイイです。





f0374092_22060090.jpg




秋明菊と水引き草


イングリッシュガーデンと言えば


自然と共生したガーデン

作られたお庭というより

小さな小径があったり


f0374092_22144847.jpg


穂の長い植物や、濃い葉っぱの植物が

秋のガーデンの象徴のようです。



f0374092_22090430.jpg



たわわに実ったクラブアップル


f0374092_22072320.jpg


白いお花をメインに植えてあるガーデン




f0374092_22082984.jpg







まだ、秋薔薇は少なめでした。


f0374092_22101812.jpg

イギリスの代表的な車


ミニクーパー、いったい誰が乗っているのでしょうか?


答えは、

次の更新で。。。


f0374092_22105644.jpg





f0374092_22132065.jpg


ブッドレア


夏から秋にかけて高原などでよく見られます。

こちらの花も蝶々が良くとまっていることが多いです。


秋のローズガーデンの愉しみは

真っ赤な美しいローズヒップに出会えること。





f0374092_22152367.jpg



f0374092_22163527.jpg



f0374092_22171710.jpg


クラブアップルまるで葡萄のように

鈴なりになっていますね。。。


リンゴの赤色を見ると

秋を実感します。




f0374092_22174750.jpg


こちらのオレンジ色の実もかわいい。。。


f0374092_22182717.jpg



初夏に咲く壺の形をしたクレマチスも咲いていました。




f0374092_22191430.jpg



春は、つる薔薇に覆われた

塀ですが

秋は、薔薇の葉っぱがポイントになって

花だけでなく

葉っぱの色も秋のガーデンの主役になっているのですね。

f0374092_22331655.jpg




f0374092_22203610.jpg



そして、今年はなんといっても


秋桜畑がきれいでした。





f0374092_22325125.jpg


ランチは

ガーデン内のレストランで


バイキング方式なのでいろいろなお料理をたくさん食べられました。


f0374092_22342124.jpg


f0374092_22355627.jpg



朱赤の色の葉っぱ

下草の黒色


この組み合わせは。。。

ちょっとおどろどろしいハロウィンカラー

オレンジ×ブラック

次回の横浜イングリッシュガーデンの更新は


ハロウィンの一色に彩られたガーデンです。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-10-12 21:33 | はな | Comments(6)
f0374092_16564597.jpg


向島百花園で咲いていた

秋の花


あざみ


f0374092_16555401.jpg




f0374092_16580616.jpg




f0374092_16574098.jpg
シロバナハギ




f0374092_19433486.jpg

宮城野萩



f0374092_16584482.jpg



f0374092_16552509.jpg


ススキ


f0374092_16544993.jpg

彼岸花




f0374092_20572560.jpg




女郎花




f0374092_21000406.jpg


桔梗



f0374092_16572084.jpg




f0374092_19405038.jpg


秋海棠




f0374092_21013677.jpg

ホオズキ



f0374092_16593168.jpg

ハナトラノオ



f0374092_21024419.jpg


朝顔

「団十郎」



出口付近に咲いていた朝顔の鉢

茶色がかった少し珍しい色で

以前、実家でも育ていた品種と同じでした。

母が大好きだった色の朝顔で

公園の係の方に朝顔の名前を教えてもらったら

「団十郎」という名前だそうで、

江戸の朝顔らしく凛とした美しさでした。












[PR]
by teineinakurasi | 2017-09-18 21:20 | 東京 | Comments(6)
昨日、友人と

東京墨田区にある向島百花園へ行きました。

f0374092_17271976.jpg



秋の七草や萩の花のトンネルがあり

200年の歴史がある江戸の花園。


f0374092_17380756.jpg





f0374092_17505427.jpg


夏のなごりの

江戸風鈴の音色も心地よく秋風に揺れていました。




江戸の文化が花開いた文化文政期骨董商を営んでいた

佐原鞠嗚(さはらきくう)が交遊のあった文人、

墨客の協力を得て開いた草木観賞中心の庭園です。



f0374092_17304452.jpg

萩の花は、園内の至るところで観ることができます。


特徴として、春の七草、秋の七草が

植えられ



f0374092_17321990.jpg



f0374092_17393517.jpg


立札の周辺に秋の七草



桔梗や女郎花、萩などが咲いていました。


秋の草花はわりと小さい花が多くて

緑の中でひそやかに咲いているといった感じです。

そういうところに奥ゆかしさを感じます。




藤、葛、ミツバアケビ、ヒョウタンなど蔓性植物のつる物棚があり


f0374092_17325734.jpg

瓢箪のつる棚




秋には、竹で編んだトンネルに萩を這わせた


萩の花のトンネルが咲くので知られています。




f0374092_17335078.jpg


萩のトンネルの見ごろは、

9月下旬



f0374092_17341878.jpg


水辺には


f0374092_17360530.jpg



萩の花も咲き始め



f0374092_17364804.jpg


スカイツリーと江戸の庭園、新旧の融合



f0374092_17454676.jpg


ようやく、少し涼しくなり始めたので久しぶりに

カメラをもって都内へ出かけました。



風も前日より湿気も少なく爽やかな一日でした。


向島百花園での花々、

次回は、秋の花の写真をアップします。











[PR]
by teineinakurasi | 2017-09-16 17:52 | 東京 | Comments(4)

旧華頂宮邸 庭園 sanpo

f0374092_21562510.jpg



竹の寺報国寺からほんの数分歩くと

鎌倉三大洋館と呼ばれる

旧華頂宮邸があります。

ハーフティンバースタイルと呼ばれる建築様式で

昭和4年華頂博信侯爵邸として

建てられました。


庭園のみですが、火曜日を除いて公開されています。(4月から9月)

一年に春と秋、邸内の公開日があり

見学することができます。


鎌倉三大洋館は

鎌倉文学館(旧前田侯爵邸)

古我邸(レストラン)

旧華頂邸


になっています。




More 美しい佇まいから、映画やドラマに使用されることもしばしば。
[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-21 16:18 | 鎌倉 | Comments(2)

東京国立博物館庭園へ

3月28日

東京上野の国立博物館の庭園が春と秋の2回

庭園が開放されていると知り

お花見を兼ねて行ってきました。

f0374092_22585980.jpg

国立博物館の建物をバッグにしても見劣りしない

美しい江戸彼岸枝垂れ桜

まだ咲き始めなので

花の色は濃いピンク色で

青空に映えてとても綺麗。


前日27日の真冬のような気温から今日は少し肌寒さは少し残るものの

当日の暖かさで少しずつ

蕾もほころぶかしら。。。



f0374092_23005501.jpg


f0374092_23030874.jpg

白壁をバックに咲く桜は

多分「大島桜」でしょう。

f0374092_23040956.jpg

庭園内には

お茶室が移築されていました。

東京国立博物館に行くときは

大きな人気の展示の時が多く

いつも人の波に酔いそうなくらいでしたが

こんな緑に囲まれた静かな場所があったとは知りませんでした。

春と秋だけの公開ですが

秋もまた来てみたいです。

上野の雑踏からも想像できない静けさなのです。



f0374092_23042844.jpg

f0374092_23075856.jpg

春、桜が咲く頃になると「乙女椿」が華やかな時季を迎えますね。


f0374092_23085458.jpg

こちらのお茶室のガラス戸にも

桜の花が映り込んでいました。


江戸彼岸枝垂れ


f0374092_23101109.jpg

f0374092_23102890.jpg

蕾もいっぱいしばらく楽しめそう。。。

f0374092_23115929.jpg

東京国立博物館を後にして

お花見ランチを予定していた

浅草、蔵前方面に向かいました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-30 17:15 | 庭園 | Comments(4)

京都の紅葉 2016 無鄰菴



無鄰菴

明治から大正時代にかけての政治家山縣有朋の別荘で

庭園、母屋、洋館、茶室の3つの建物により構成されています。

庭園は、有朋の指示のもと、

七代目小川治兵衛によって作庭され

芝生を取り入れ、東山を借景に開放的な空間の庭園として

高い評価を受けているそうです。

f0374092_15051468.jpg


以前、6月の新緑の頃に訪れて

秋の紅葉の頃にも訪ねてみたいと思っていました。

母屋から庭園を眺めます。

うっすらと見えるのは、東山


f0374092_15064301.jpg


母屋のなかも

f0374092_15115796.jpg

小さな坪庭があって

f0374092_15194376.jpg

まるで絵画のよう


f0374092_15092514.jpg



f0374092_15163943.jpg


f0374092_15073392.jpg
庭園内には

芝生を多用し、

東山の豊かな自然と水の恩恵を受けています。

水が豊かに恵まれているということは

もみじの生育にも

効果をもたらし、美しさも与えているのです。


f0374092_15110019.jpg



f0374092_15112852.jpg



瑞々しい苔や緑と

はらはらと落ちたもみじの葉


f0374092_15260044.jpg

庭園の小さな石灯篭越に

東山の紅葉もうっすらと

晴れているともっと鮮明に写ったのかもしれません。



f0374092_15124102.jpg


紅葉が美しい秋の昼下がり


母屋では

東山と庭園を眺めながら

人々は思い思いに過ごしていました。


南禅寺の観光客が溢れる場所から

歩いて数分

こんな静寂が

私を待っていてくれました。







[PR]
by teineinakurasi | 2016-11-29 18:42 | 紅葉 | Comments(0)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura