タグ:テーブルコーディネート ( 29 ) タグの人気記事

週末は家でお寿司


f0374092_18251941.jpg


先週末、

地元のデパートやスーパーでお刺身の柵を買って

家で寿司飯を炊き、自分で握って握り寿司を作りました。

私は、時々にわか寿司職人になります。


以前、食べ盛りの息子たちが家にいた頃は、

三浦半島のネタを使った廻るお寿司屋さんに行っても遠慮なく食べるので

廻る寿司屋さんでも結構な値段に、、、なってしまい、

事前に少しお腹に入れていこうとすると

こういう時はなぜか

カンが働くので

「お母さん、今日のおやつはわざと多めにしたでしょう。」と息子たちにダメだしされ

その反動でいつも以上のお会計になることもありましたが



そんなことも今となっては、なつかしい笑い話。。。

食べ盛りの子供がいても

思いっきりお寿司を食べるには家で作るしかないと

息子たちが小学校高学年頃から

家で刺身の柵を何種類も買って

私が寿司飯を握ってネタをのっけて出すと

安上りになりましたが意外と好評で。。。

食通の方からはダメ出しが出そうな下手な握り寿司ですが。。。

夫婦二人の食事でも

我が家の定番です。

夏向きに

竹やインドの敷物、、アジアン風の大皿、ガラスのお皿

藍色の古い鉢などで

コーディネートしてみました。

真鯛、甘エビ、三浦半島佐島の真蛸、

穴子、シマアジ



f0374092_18244825.jpg


カウンターで

余計なことは、考えずに高級なお寿司を食べたいという願望。。。



私の希望はいつ、叶うのでしょうか。。。



f0374092_18403663.jpg


黄色の角皿

京都の「木と根」さんの出張販売で

買えたお皿。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-03 13:00 | 和食 | Comments(0)
6月に作ったお料理ですが



紫陽花の記事が続き

アップしぞびれてしまったので

ざざっと。。。更新

6月4日



f0374092_16494064.jpg




f0374092_16475021.jpg



刺身で使った殻付きのエビ、

残った殻は、我が家は冷凍して

カレーやエビのクリームカレーを作る時

出汁にして使います。


季節の野菜、アスパラやズッキーニなど

バジルを添えて

ちょっとオサレな

ランチになりました。



f0374092_16522728.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-28 16:59 | 料理 | Comments(2)

さくらんぼのタルト

スイーツの記事が続きますが

今週買ったさくらんぼ、アメリカンチェリーは甘かったのですが

さくらんぼは、ちょっと失敗、置いといてもなかなか甘くなりません。

傷んでも困るので最初はジャムにでもしようかと思ったけれど

久しぶりにタルトを作りました。

いつもは甘い食べごろのフルーツを選んで作るタルトですが

今回は、ちょっとすっぱいさくらんぼ。

カスタードクリームとクラッシュゼリー、粉砂糖で

なんとか酸っぱさをごまかせたかな。。。



f0374092_22204945.jpg



f0374092_22212545.jpg




f0374092_22220877.jpg

ずいぶん前に作った

フランスの刺繍のキットなんですが

サクランボの刺繍



f0374092_22232495.jpg
当時は老眼でなかったので

細かい手仕事も全然苦にならなかったのに。。。

今は、ちょっと刺してはすぐ休みっていう感じなのでなかなか刺繍も進みません。


フランスでは、さくらんぼのお酒やジャム

さくらんぼのクラフティなど

いろいろなお菓子や飲み物に加工されているんですね。



f0374092_22234512.jpg



f0374092_22265947.jpg

お気に入りの食器も一緒に。。。




f0374092_22284498.jpg

タルトは、作るのも少し手間がかかりますが

出来上がった時の喜びと

写真を撮る時

フォトジェニックなところが、嬉しい。

これから、夏にかけて

また美味しいフルーツがたくさん出回りますね。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-10 22:36 | お菓子作り | Comments(10)
f0374092_14403743.jpg

実家の父が

瀬戸内の焼き穴子を送ってくれました。

関東では、穴子は生から調理して

煮穴子、穴子のてんぷらで

いただくのが定番

関西では焼き穴子にしてから

寿司やもろもろの料理に入れて使うのが一般的。

江戸前の食べ方も好きですが

やはり、穴子は焼いてある関西風が私にとっては

昔から食べ親しんできた味なのです。

f0374092_14453026.jpg
押しずしには

間にシイタケの甘煮と木の芽を入れて

甘辛にしました。

椀物は、大阪の「ウスイエンドウ」が大量にあったので

柔らかくしてからミキサーでスープ状にし

カツオと昆布出汁で和風に

少々時季外れでしたが

桜葉を巻いた道明寺粉をスープに入れました。

5月の旬のお野菜、豆やアスパラなど

彩りよくゼリーにしてみました。

f0374092_14513233.jpg

緑色のお皿で初夏の食卓を演出してみました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-04 10:31 | 料理 | Comments(8)

生茶ゼリイ


f0374092_14304441.jpg

先週、銀座に出かける用事があって

帰りに、この春new openした

GINZA SIX に行きました。

デパートとか人ごみが嫌いな夫は早々に退散したそうなのに反し

私は、せっかく銀座まで来たのでいろいろお店を見てみたい。。。

今回は、ささっと上から下の階まで見て

次回、ゆっくり女友達と来ることにしましょう。



その日は

京都の宇治茶の老舗

中村藤吉商店が、東京初出店だと知り

カフェに行きたかったのですが

土曜ということもあり

若いカップルなどで

入店待ちの列ができていました。

カフェは諦め、今回は生茶ゼリイと新茶、フィナンシェをテイクアウト。

f0374092_14302237.jpg

カフェは、今度友人といったときにでも


今回はうちカフェで

「生茶ぜりい」をいただきました。


f0374092_14302014.jpg






先月、東山魁夷美術館に行った時

展覧会の図録とともに、モーツァルトの第二楽章を集めたCDと

東山魁夷さんの森と馬の絵のシリーズは

特にモーツァルトの第二楽章をイメージした絵が描かれていて



そして

京都の四季を描いた「京洛四季」のことを書いた

こんな本を買いました。

東山魁夷氏が

川端康成氏に「昔の京都がなくならないうちに京都を描いてください」と云われ

皇居に収める壁画や

海外への写生の旅の合間に

何度か京都を訪れて仕上げた「京洛四季」

絵とともに

解説がついて読み応え十分。


f0374092_15003659.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-02 15:33 | 和菓子 | Comments(6)
f0374092_16130375.jpg

いちごの季節もそろそろ終わりになりました。



f0374092_16105298.jpg

先日デパ地下で並んで

ファウンドリーのケーキを買いました。

最近は、

体重も減ってきたので

たまには、生クリームたっぷりの

ケーキも一日ぐらいなら大目にみてもいいよね。

f0374092_16160576.jpg



f0374092_16162762.jpg


撮りためた写真

蔵出し、しばらく続きます。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-14 17:29 | TEA TIME | Comments(2)

桜色のサブレ

先週末、桜の塩漬けで

桜のサブレを焼きました。

f0374092_23375137.jpg

f0374092_22483738.jpg

以前作った柑橘のタルトや苺のミルフィーユで余った

卵白を冷凍していたのでそれを使って

メレンゲ菓子も焼いてみました。

レースペーパーに敷いた

左側のお皿

f0374092_23381958.jpg

なんだか遠目に見るとエビせんのような。。。(笑)

メレンゲにイチゴのジャム果汁を入れて

ほんのり苺味になっています。


f0374092_23392213.jpg

横浜のデパートの京都展で買った

俵屋吉富さんの「さくらのお餅」も一緒に

和と洋のコラボです。



f0374092_23431510.jpg
桜の葉の塩漬けを刻んでクッキー生地に入れて

絞りだし、メレンゲが入っているので

食感も軽くいただけます。


f0374092_23454155.jpg

桜やピンクいっぱいのラブリーなテーブルになりました。



桜もそろそろ開花もすすみ、

これから4月の終わり、5月の初めまで

桜の季節が日本列島を駆け巡ります。

私も昨日は、ひと足早く

東京の上野でお花見をしてきました。

上野と言っても賑やかな上野公園ではなく

ちょっと穴場的な静かな場所でした。

次は、東京の早咲きの枝垂れ桜を紹介します。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-29 14:30 | お菓子作り | Comments(8)

ストロベリーパフェ

三連休ですね。

今日は、週末なので食材を買い出しに行ってきました。

帰宅して、昼食をとってから

すぐ台所に立ち、3時のスイーツの準備に取り掛かります。

今日はイチゴ普通サイズを1パックと

小さな加工用サイズ2パック買いました。

週末のデザートづくりです。


今月はイチゴのロールケーキに始まり、

フルーツサンド、イチゴのミルフィーユを作り

今、嵌っているパフェを作ってみました。


f0374092_17473961.jpg


下にイチゴ果汁でゼリーを固め、サイドにいちごの切った断面を周囲に巡らせ

真ん中の段は、イチゴのムースを

上に細かく切ったイチゴと

ブルーベリー

アイスクリーム(市販のもの)

そして最後にイチゴとミントの葉をトッピング

f0374092_17511674.jpg

こちらは、アイスをのせずに

今日作ったイチゴのジャムのソースを上からかけました。

f0374092_17573886.jpg
ジャムと言ってもしっかり形が残ったもの

デザート用です。


f0374092_17525832.jpg



f0374092_17532203.jpg
時間がなかったので

ゼリーが完全に固まっていないときにイチゴを置いたので

断面をもう少し綺麗に出せばよかったと

反省。。。


f0374092_17542419.jpg

最近のSNSの画像投稿では

断面萌えという言葉があるらしく

今回は「断面」を意識してみました。

パフェ用の小さなグラスをほしいのですが

ネットで探してもsold outになっているものが多くて

沖縄ガラスのコップでパフェグラスに代用しました。

f0374092_17545049.jpg

インスタグラムを意識して

過剰にイチゴを散らしてみました。



息子は出かけているので

夕食の時に出して驚かせてみようと思います。

イチゴ好き男子の判定はいかに??

ちょっとドキドキの私です。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-18 18:08 | お菓子作り | Comments(0)

イチゴのミルフィーユ

週末は、比較的穏やかな天気でしたが

花粉の飛散が、ピークといういことで

出かけずに

家でデザートづくりをしました。

f0374092_17120467.jpg


イチゴのミルフィーユ


f0374092_17030724.jpg
ケーキ屋さんに行った時

夫が必ずたのむ大好きなお菓子

f0374092_17024616.jpg


以前も作りましたが

市販のパイシートを使い

カスタードクリームは家で手作り。

焼いたパイにカスタードクリームを塗ってイチゴをはさみ

上からパイを乗せて

イチゴを飾って

パウダーシュガーでお化粧します。

今回は、カットすると断面が崩れてくるので


f0374092_17033975.jpg

カットした部分なしの写真ばかりですが

前日にサービス束で買ったピンクのチューリップに

ぴったりな可憐なチューリップ柄のお皿も一緒に

新宿の骨董市で買ったフランスのお皿、




f0374092_17061132.jpg


ベビーピンクのお皿とクリーマー

春になると一番に使いたくなる食器です。

f0374092_17040454.jpg

余ったパイ皮は、四分の一に切って

イチゴとカスタードクリームをはさんで

くるんと包みました。


f0374092_17053389.jpg

チューリップのお皿

こちらは、小皿タイプ

多分デミタスカップ&ソーサーで
カップが割れてソーサだけ買ったんだと思います。



f0374092_17065100.jpg


こちらは、母が神戸のアンティークショップで買ってくれたもの

トランスファーといって

一色で描かれた大人ぽいチューリップ柄
f0374092_17075294.jpg
f0374092_17021718.jpg


f0374092_17102357.jpg
晴れた週末は、イチゴのデザート作りと

写真日和、

窓越しの柔らかな春の光は

なんだかほっとします。


[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-12 17:19 | お菓子作り | Comments(6)
3月最初の週末は、

お天気もよく、寒さも和らいで

花粉の飛ぶ季節でなければ。。。と思います。

スーパーで新鮮な苺があったので

フルーツサンドを作りました。


f0374092_16343906.jpg

苺と国産ネーブル、キーウィで作ったフルーツサンドと

苺のみのストロベリーサンド

スーパーで気に入った花束がなかったので

f0374092_16510955.jpg

花もちのいいストックと

ベランダのムスカリやパンジー、ビオラなどを少し加えてアレンジしました。


f0374092_16373715.jpg


春らしく
英国製のteaセットを出しました。

ポットとC&S

クリーマーが揃っていれば言うことないのですが


f0374092_16381261.jpg

苺サンドやフルーツサンド

それぞれ




f0374092_16435570.jpg
春らしいピンクのお皿や



f0374092_16432166.jpg
縁取りがギンガムチェックのお皿





f0374092_16442545.jpg


そして八角形のアンティークのお皿オクトゴナルで。。。



f0374092_16454716.jpg
ストックの花びらを散らして。。。




*************************************


そして

3月3日

あわてて、作ったちらし寿司

自然光でないので

写真はイマイチですが

記録として



f0374092_16482422.jpg

f0374092_16472760.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-05 16:54 | TEA TIME | Comments(10)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura