タグ:テーブルコーディネート ( 39 ) タグの人気記事

今週末は、片づけやら、旅行の準備やら。。。


冷蔵庫の整理で

バゲットが少し残っていたので

久しぶりに家でフレンチトーストを作りました。

今日は、次男の分も作りました。



f0374092_17020472.jpg

柿や洋梨、シャインマスカットとアイスクリームを添えて


f0374092_17030726.jpg

夫は、呼んでも部屋から出てこないので

アイスクリームが溶けっちゃっていますよ。




f0374092_17033931.jpg
シナモンや粉砂糖、メイプルシロップをかけて。。。

秋の果物と一緒にいただきました。




f0374092_17053174.jpg



++++++++++++++++++++++++


今日から、

一泊ですが、金沢に行ってきます。

戻ってきたら

週末から忙しくなるので

今週もバタバタ落ち着かない日々です。。。




f0374092_17074714.jpg

お友達に本を借りました。


伊藤まさこさんに金沢本です。

兼六園、美術館、趣きのある東茶屋街、

近江市場など。

11月は


夫婦の結婚記念月なので

短い時間ですがめいっぱい愉しんできます。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-11-13 10:35 | お菓子作り | Comments(12)
葡萄、かぼちゃ、

今度は秋の味覚りんごを使ったお菓子です。

リンゴのお菓子と言えばまず頭に浮かぶのは、アップルパイ

f0374092_16542446.jpg

以前から作ってみたかったリンゴの赤ワイン煮

今回は失敗知らずのパイシートの力を借り

パイ型に焼いたパイにリンゴの赤ワイン煮を敷き詰めて

その上から

シナモンを混ぜたスポンジ生地を流し込んで

一緒に焼きます。

若い頃買ったライフスタイル雑誌

もう何十年と経ちますが捨てられません。

今も人気のあるテキスタイルやインテリアも掲載されていたり、

当時人気だった白馬のプチホテルの

焼き菓子特集があり、レシピや作り方も丁寧に写真付きで載っているのです。

白馬のペンションやプチホテルのブームがあった時

ペンションで当時人気だったお菓子をいくつか紹介されていて

前回のパンプキンパイと今回のリンゴパイは

そのペンションのレシピを参考にして作りました。

お菓子もいろいろ流行やブームがありますが

こういった伝統的な焼き菓子は、何年経っても誰からにも愛される味ですね。



f0374092_16522974.jpg




f0374092_16591508.jpg

カットするとこんな感じ。


お友達のさおりさんからいただいたコーヒーで

いただきました。

その記事はまた後日。。。



f0374092_16492265.jpg


テーブルセッティングも真っ赤なリンゴに合わせて

かわいく赤や白の英国やフランスの食器で

少しラブリーにしてみました。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-11-04 17:12 | お菓子作り | Comments(8)

かぼちゃのパイ

f0374092_00034885.jpg

10月31日は、ハロウィンです。

昨日かぼちゃのパイを焼きました。

久しぶりに練り込みパイを作り

型に入れて焼いてから

かぼちゃのクリーム生地を入れて

冷蔵庫で冷やします。

昨日は温度も高かったので

生地がだれてうまくできませんでした。




f0374092_00073764.jpg

お目汚しですが、せっかく作ったので

アップします。

形は今一つですが、味はかぼちゃの優しい甘さが際立ち美味しくできました。

f0374092_00070993.jpg

フォークで

かぼちゃの記事の線を描き

茹でたかぼちゃを飾りました。



f0374092_00172708.jpg


本物のかぼちゃ

紙のかぼちゃ

棚には魔女のお人形と布で作ったかぼちゃは、自作です。



f0374092_00124366.jpg

ハロウィン仕様のアレンジメント


明日もハロウィン料理を更新する予定。。。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-10-28 19:23 | お菓子作り | Comments(2)

白い葡萄の二層ゼリー


秋のグルメは、いろいろあるけど

葡萄は特に好きで

毎年山梨に葡萄を買いに行ったり

葡萄のスイーツを作ったり。。。

葡萄の季節は、何かとスイーツを作っています。

f0374092_17125199.jpg



10月の初めのことですが

「ナイアガラ」という

香りの高い葡萄を父が送ってきました。

この葡萄もスーパーなどで売られておらず、

八百屋さんなどでたまに見かけます。

種が多く、ワインなどの加工用として使われることが多いですが

部屋に置いておくだけで芳醇な香りが立ち込めてくるのです。





f0374092_17115139.jpg
前回9月の投稿では、三層の葡萄セリーを作りましたが

今回は二層。


下の層はブラマンジェ

上の層はナイアガラの果汁を裏ごしして

ゼラチンで固めました。

容器をワイングラスに入れると

ちょっとワンランク上のデザートに変身します。



そして下皿の上に乗せると


f0374092_17181553.jpg


もう、ワンランクアップします。

アンティークのような銀彩のお皿は

鎌倉の人気の器作家

アセビマコトさんのもの。

なかなか入手困難で

半ば諦めていましたが

手に入れられたなんてまるで夢のような。。。

お料理にも映えるので日常にも使っていきたいです。



みんなのおうちごはん・秋グルメ!

[PR]
by teineinakurasi | 2017-10-21 14:52 | お菓子作り | Comments(2)
  



f0374092_16442610.jpg


10月4日のお月見を前に

横浜に出かけた時デパートで

ウサギのお饅頭を買いました。

f0374092_16492998.jpg

お抹茶は一保堂の「月影」

10月4日のお月見の夜にできればよかったのですが

週末、家族の揃う時に早めに作ってしまいました。



f0374092_16484501.jpg

f0374092_15575705.jpg

胡麻豆腐を作り

うさぎの型抜きで月見うさぎを

目は紅生姜、黄色の月は、乾燥菊を戻したもの。



f0374092_16024937.jpg


里芋を蒸して切ったもの。

月に見立てました。

京都では、十五夜、「芋名月」と云われて

里芋をお月見の時にお供えし、

十三夜は栗名月と言われ京都では、

十三夜もお月見をする習慣があり

十五夜だけだと「片月見」と言われて嫌われていたそうです。

十三夜のお月見は、お天気も安定する頃で

「十三夜に曇りなし」と言われたそうです。



十五夜は、中国から伝来してきた風習ですが

十三夜は日本古来の習慣です。



先日作った栗の渋皮煮に素麺を揚げたものを

栗のイガに見立てましたが

まだまだ不慣れで修行がたりませんね。。。

いびつな栗になってしまいました(汗)


f0374092_16544471.jpg

旬の柿、和歌山県産のもの


柿をくり抜いて

柿の果実と乾燥ブルーン、カッテージチーズとヨーグルトと混ぜて

白和え風に。。。

少し甘いのでデザートのような感覚でも食べられます。

これらは、主に前菜です。



夜は、お刺身や烏賊の握り寿司をうさぎ風にして

ほうれん草と菊花の和え物と

お吸い物、息子には、お肉を焼きました。


f0374092_16070140.jpg


f0374092_16532812.jpg


うさぎのお饅頭のほかに

上生菓子の練り切り、秋桜とお月見


f0374092_16072191.jpg

月の満ち欠けのお皿


f0374092_16585394.jpg





秋のお月見は、


ちょっと頑張って作るお料理のひとつ


追記


今日は昨日の天気予報が外れて昼間はずっと曇り

夜、お月見できるか心配だったけど

夕方から少し空が明るくなって東の空にのぼった月を見ました。

その後、また雲が出てきて

だめかなと思ったけれど

ようやく雲間からお月見できました。


f0374092_21580013.jpg



我が家の住まいと暮らし

[PR]
by teineinakurasi | 2017-10-04 17:49 | 料理 | Comments(4)
9月の最初の週末。

9月の初めとは、思えないような、涼しい日が続き

秋のフルーツで久々のお菓子づくり。

(簡単なパンケーキですが・・・)

見栄えも良く家族も喜ぶので

季節のフルーツを添えました。



f0374092_21231369.jpg

パンケーキの粉は

鎌倉のLONG TRACK FOODSさんのを粉を使っています。




f0374092_21234775.jpg


パンケーキに添えたのは生クリームと

今人気のシャインマスカットと無花果、キャンベル(加工用のもの)

アメリカンチェリーのコンポート



f0374092_21271388.jpg

テーブルクロスは


木綿のクロスをパッチワークしたものの上に

パープルギンガムのリネンを

敷いています。



f0374092_21300700.jpg



f0374092_21400010.jpg



f0374092_14283201.jpg

秋のフルーツは、

高台のお皿に置くだけで

インテリアとしてもサマになります。

本格的な葡萄の季節がやってきました。

今年も山梨に行ければいいのですが。。。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-09-08 14:34 | お菓子作り | Comments(10)

京都の乙女なクッキー

ニューヨークのチョコレート専門店

MARIEBELLE さん

日本では、京都が本店のMARIEBELLEは

おしゃれなニューヨークのエッセンスがいっぱいで

店内は、京都に居ながらにしてアンティークの空間が

ニューヨークにいるような雰囲気だそうで

いつか訪れてみたいお店です。


さおりさんから、マリベルのクッキーの詰め合わせをいただきました。


f0374092_21070508.jpg
夢のような

美しいパッケージに包まれたクッキー缶は

「ワンダートレジャー」

さっそく、家に帰ってから

テーブルをかわいくセッティングいていただきました。


キュートな乙女な缶の中には、美しくおしゃれなクッキーが

整然と並んでいます。

f0374092_21135175.jpg

大好きなコーヒーと一緒に


どれにしようか選ぶのも楽しくなります。


f0374092_21083127.jpg


チョコレート専門店ならではの

マリベルオリジナルのチョコを使ったクッキーや

紅茶のサブレや、メレンゲ

フロランタンなど

豪華の詰め合わせです。

どれも美味しくいただきました。

そして、関東ではなかなか手にすることができないコーヒーもいただきました。

その記事は次回に。。。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-09-03 00:33 | 洋菓子 | Comments(4)

夏の冷菓

f0374092_17172575.jpg

夏、以前はゼリーをよく作っていましたが

最近は、休日ぐらいでしょうか。

料理にしても、おやつにしても

食卓を囲むということが年々減ってきて

今回は、父が祇園祭の時に買ってきて送ってくれた

祇園祭の菊水鉾のお茶の席で出される亀廣永製の「したたり」

したたりは、黒糖で作られています。

菊水鉾は、能楽の曲に「菊の露」の「したたり」を呑んで

七百歳の長寿を保ったという中国の故事に因んで作られた鉾です。

近年まで町内の「金剛能楽堂」の庭内には、

洛中の名水「菊の井」井戸がありました。

祇園祭には、この菊水鉾が立ち

能楽「菊の露」したたりにあやかって作られた

不老長寿の銘菓です。



横浜のデパートで買ってきた鶴屋吉信の生菓子「果味爽涼」

ガラスのお皿で

涼やかにコーディネートしてみました。

私は、アイスグリーンティー

息子は、抹茶ミルク




f0374092_17111009.jpg


f0374092_17185603.jpg
オレンジの甘煮、寒天の中に道明寺粉が入って

断面も美しいお菓子です。



最近、お気に入りのミナペルホネンのタイル

ポット敷きにもなるし、

1枚づつ使うと

ナイフ、フォークレストになります。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-08-11 10:07 | 和菓子 | Comments(2)
f0374092_17293241.jpg


週末は、産直のお店に野菜を買いに行きます。

ズッキーニや、トマト、

コリンキー、オクラ、ヤリイカ

夏野菜たっぷりのパスタ

スープは、前回も登場した

きゅうりのガスパッチョ



f0374092_17325896.jpg

赤紫蘇ジュースは自家製

すっきりとした酸味は夏にぴったり


f0374092_17340498.jpg

真ん中のサラダはツナのサラダなのですが

市販のツナ缶ではなく

三崎港に水揚げされたまぐろで

オイル漬けを作られているところがあり

いつもよく伺うパン屋さんに勧められて買ってみましたが

とっても美味しくて

また、今度買ってみたいなと思っています。


f0374092_17381551.jpg

[PR]
by teineinakurasi | 2017-08-09 13:25 | 料理 | Comments(2)

白玉あんみつ

お友達が大納言小豆を手作りで餡子を作って

おすそ分けでいただきました。




料理の下ごしらえやら、常備菜を作ったり、

その合間に、白玉や濃いめの抹茶ゼリーを作って

しらたまあんみつを作りました。



f0374092_17014305.jpg

キーウイや缶詰のフルーツ、赤みが足りないので

手作りのイチゴのコンフィチュールを上にトッピング

少しみえづらいですが

懐紙も金魚柄

黒蜜も黒糖と水でシロップを作りました。



f0374092_17113214.jpg




f0374092_17034922.jpg


f0374092_17051941.jpg


ちょうど、波紋のような、粋なクロスを見つけ

団扇型の小皿

ガラス、モノトーンの小皿

夏向きにコーディネートしてみました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-08-05 10:15 | お菓子作り | Comments(0)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura