パッチワーク



f0374092_17473443.jpg
昨年、秋

少しブログにも書きましたが

パッチワーク

ようやく、今キルティングをしているところです。



パッチワークは、型紙を作り

ハギレや布を型紙と縫い代分を合わせて切り

f0374092_00413636.jpg
型につけた布をアイロンをかけます。


パッチワークのピーシングは
写真は昨年の秋撮ったものの使いまわしですが、

こうした色合わせをする時間が

大変だけど気持ちがわくわくする時間

服は、ベイシックカラーの無地を着ることが多いので

パッチワークの時は

思いっきり明るく、かわいい布に目が行きます

f0374092_00443881.jpg

お花をイメージして布をつないでいき

f0374092_00392827.jpg

少しずつ、少しずつ巻きかがりという縫い方で

チクチク縫ってつないでいく






f0374092_00364238.jpg
お花とお花の間に

緑色の布を葉っぱに見立てて縫いつなげて

ある程度の大きさまで

繋がりました。

キルトを全て

六角形にするか、別の布をたしていくか

試行錯誤しながら



110㎝×150cmの白い布にパッチワークしたトップを乗せて

ぬいつけていくことにしました。

しつけをかけ周囲を縫って

トップと呼ばれる一番上の布を一枚にします。

その後

キルト芯を裏布とトップ布とはさんで

キルティングという作業に入っていきます。



スローテンポながら

ようやくここまで辿りつき


まだまだ先は長いのですが

春を目指して

少しでも形になればと思います。

同時に刺繍もしたりしているので

思うように時間がとれなかったりもするのですが


f0374092_17072883.jpg




六角形のキルティングも始めました。



f0374092_17065476.jpg



周囲を処理するテープも

準備することができたので後は、ひたすら縫うだけです。

針をもつと

自然と気持ちも落ち着きます。



秋から冬にかけて

少しずつ、手しごとを始めることもできたのも

朝ドラの影響か・・・


あとひと月で終わるので

なんだか寂しくなります。


夏になるとバテてしまうので

なんとか夏までには、完成させたいなと思っています。






[PR]
# by teineinakurasi | 2017-02-28 13:01 | 縫い物 | Comments(2)

糊こぼし 南無観椿

f0374092_15442346.jpg


先日、父からお届け物がありました。

先週、父が奈良に行ったので
私が以前から一度いただいてみたいと言っていた和菓子をわざわざ送ってくれました。

冷凍便で来たので
休日にいただきました。


東大寺二月堂の「修二会(お水取り)」の行事は、毎年3月1日~14日まで本行が行われ
別火の練行衆が2月23日の「花ごしらえ」の日に作った造花の椿が二月堂の十一面観音に捧げて祭壇が飾られます。
2月堂下の階段の椿は赤い花に白い斑点が入り、練行衆が糊をこぼしたようだと「糊こぼし」

開山の良弁僧正に因んで「良弁椿」と呼ばれ

奈良「三銘椿」の一つに数えられています。

奈良の和菓子店では、2月初めから修二会が終わる3月中旬まで
販売されており、花弁の部分は練りきり
おしべの部分は黄味餡になっています。

父が送ってくれたのは、ならまちの
中西与三郎菓子司の
「南無観椿」

奈良では、お水取りは済むと春が来ると云われています。


四年前、3月の初め

父と奈良を訪れた時

ならまちの和菓子屋さんでは

美しい椿のお菓子がどのお店でも売られていて

ひとあし早く春を感じました。


f0374092_16040243.jpg


f0374092_16033766.jpg


奈良の麻で作られた椿もテーブルクロスに散らして。。。




修二会の糊こぼしの時に使われた

京都の染匠「吉岡」が染めた和紙を使った椿の絵葉書


鎌倉の東慶寺ギャラリーにて購入しました。


奈良は、遠くて行けませんが


美しいお菓子をいただきながら


はるか、奈良へ春を待つ思いを寄せて


父に感謝したいと思います。




f0374092_16134371.jpg






f0374092_17082842.jpg



[PR]
# by teineinakurasi | 2017-02-26 16:17 | 季節の行事 | Comments(4)

ヒヤシンスの刺繍

f0374092_22582879.jpg

先月刺繍した梅につづき

今月は、ヒヤシンスの刺繍をしています。

暇をみつけては、刺繍をしたり、パッチワークをしたりと

何かしら、手を動かしています。

水栽培は、上手くいかなかったので

芽だし球根を買ってきて

3本綺麗に咲いてくれました。

f0374092_23015260.jpg

茎や葉のところは本ではミシンステッチになっていますが

私はチェーンステッチにしました。

余り布のホワイトのリネンもこの布で最後

ブルーだけじゃ寂しいので

もう1本ピンク系で刺繍してみようかしら。。。



f0374092_23041239.jpg

黄色のまあるいフルーツは

小田原で買ってきた

神奈川県産の柑橘

湘南ゴールド爽やかな酸味と甘さで

後をひくおいしさです。



[PR]
# by teineinakurasi | 2017-02-25 22:27 | 縫い物 | Comments(6)

先週の金曜日

「春一番」が吹いた関東地方

昨日も朝から南風が吹いて「春二番」だそうで

ぐんぐん気温も上昇しましたがか

今日は、一転、北風が冷たく

真冬の気候に逆戻り

最近の天候の変動の激しさ

なんとかならないのでしょうか。

体がついていけません。


f0374092_18243011.jpg
2月は次男の誕生日

2月の前半は、週末ゆっくりケーキを焼く時間がなくて

遅くなりましたが

日曜日、イチゴのロールケーキを作りました。


ベランダのパンジーやビオラを摘んで

クロスに散らしてみました。

(片付けた後は、ちゃんとガラス瓶に生けましたよ)

f0374092_18264331.jpg

f0374092_18322094.jpg


f0374092_18323583.jpg

春は、イチゴが美味しい季節


ロールケーキは今回で作るのが三度目です。

巻き方、まだまだです。




f0374092_18331334.jpg



ケーキを食べた後は

パンジーもビオラも

ガラス瓶に生けました。


f0374092_18333630.jpg

最近、甘党じゃなくなった

次男もイチゴのロールケーキは好きなので喜んでくれました。





花粉も飛び始めて

もうすぐ春も近づいてきているのに

花粉症の私は憂鬱な季節だけど。。。




春は、やっぱり待ち遠しい。

先日、銀座で素敵な春物のスカートを見つけました。

スモーキーピンクとアイボリーとベージュの三色を好きなところで

合わせて着ることができる不思議なスカートです。

コーディネートも増えそうで

ひと目見て気に入りましたが

予約販売商品なので

数をたくさん作っていないそう、、、

お店の人に聞くと予約商品はお取り寄せができないので

サイズに合うスカートを置いている新宿店まで行ってくださいと言われて

すごく迷いましたが

とても気に入ったスカートなので諦めきれず、

後日また新宿まで出かけて行きました。

丈も長すぎず、短すぎずで

優しいフレアースカートです。

ホワイトのブラウスに合わせて

暖かくなったら着てみたいです。







[PR]
# by teineinakurasi | 2017-02-21 17:52 | お菓子作り | Comments(6)

雨水 

f0374092_17352059.jpg
北鎌倉で買った小さな吊るし雛



昨日は二十四節気で雨水。

空から降る雪が雨に変わり

氷が溶けて水になるというそろそろ春に向けての準備が着々と始まっていることを

表す日なのです。

ちょうど、立春から数えて2週間

この日にお雛様を飾ると良縁に恵まれると云われています。



母が作ったうさぎのお雛様

f0374092_17391741.jpg

f0374092_17395636.jpg


自作のアップリケキルトと一緒に

飾りました。


f0374092_17404517.jpg


ぼんぼりや菱餅の入れ物


f0374092_17413098.jpg

鳩居堂の絵葉書



f0374092_17425566.jpg


梅づくしのお雛様


今年は、白金のときのもりに行った時

奈良の一刀彫の優しいお顔のお雛様を見ました。

少々お値段は、張りますが

大人になって選ぶお雛様だなと思いました。






そして、友人と目黒雅叙園の


も見てきました。

一昨年旅行した大分の日田の御殿雛や

福岡、柳川の「さげもん」

福岡県飯塚市の炭鉱王の所蔵する雛人形や全国各地から集めた

珍しい人形や、ミニチュアの祇園祭の鉾、ねぶたまつり、

とても見応えがありました。





[PR]
# by teineinakurasi | 2017-02-19 17:56 | 二十四節気 | Comments(6)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura