重陽の節句


9月9日

f0374092_16370593.jpg

旧暦の9月9日は、菊の節句

五節句のうちの一つです。

江戸時代の五節句と呼ばれるようになりました。

五節句とは、

1月7日は七草の節句3月3日は桃の節句、

5月5日菖蒲の節句、7月7日は笹の節句のように一般的には

知られていません。



古来より奇数は縁起がいい「陽」の数字でその中で一番数の大きい「9」が重なると書いて


「重陽の節句」と呼ばれています。



旧暦の9月9日頃は、10月半ば。

本来は、この時季

菊が美しく咲き始めます。

中国由来の宮中の行事として伝わり

平安時代から「重陽の節句」を行事としてされてきました。


不老長寿や繁栄を願う行事は行われて

邪気を祓って

菊の花を飾ったり、お酒に菊の花びらを浮かべて

お酒を酌み交わしてお祝いしたそうです。


中国由来の宮中行事で平安時代から受け継がれてきましたが

新しい暦になってから

菊の花の咲く時期と合わないことで

段々と廃れていったようです。

日本古来の美しい節句、

少しでもたくさんの方に知ってもらいたいです。

f0374092_16362135.jpg





f0374092_16413783.jpg

京都のお友達からいただいた

亀屋良長さんのお干菓子

伊勢木綿の京都SOUSOUの布に入ってかわいいです。



重陽の節句に合わせて

お干菓子を菊のお皿にのせてみました。

菊のお皿は、母が健在だった頃祇園祭りの菊水鉾のお茶席でいただいた菊の形のしたお皿。

毎年、色が変わって、紫や水色、桃色、などお皿の色が年ごとに変わります。





[PR]
# by teineinakurasi | 2017-09-09 16:55 | 季節のこと | Comments(6)
9月の最初の週末。

9月の初めとは、思えないような、涼しい日が続き

秋のフルーツで久々のお菓子づくり。

(簡単なパンケーキですが・・・)

見栄えも良く家族も喜ぶので

季節のフルーツを添えました。



f0374092_21231369.jpg

パンケーキの粉は

鎌倉のLONG TRACK FOODSさんのを粉を使っています。




f0374092_21234775.jpg


パンケーキに添えたのは生クリームと

今人気のシャインマスカットと無花果、キャンベル(加工用のもの)

アメリカンチェリーのコンポート



f0374092_21271388.jpg

テーブルクロスは


木綿のクロスをパッチワークしたものの上に

パープルギンガムのリネンを

敷いています。



f0374092_21300700.jpg



f0374092_21400010.jpg



f0374092_14283201.jpg

秋のフルーツは、

高台のお皿に置くだけで

インテリアとしてもサマになります。

本格的な葡萄の季節がやってきました。

今年も山梨に行ければいいのですが。。。








[PR]
# by teineinakurasi | 2017-09-08 14:34 | お菓子作り | Comments(10)

葡萄ゼリー

f0374092_21335400.jpg


6月の梅の季節になると

梅酒や梅シロップ、梅干しづくりなど

「梅しごと」をする方が多く

秋は、「栗しごと」

栗の渋皮煮やら、甘露煮など

栗の保存食を作られる方も多いですよね。

私の場合、栗しごとをして昔指を切ってから

栗しごとがトラウマになっています。


秋は「ぶどう」最近出回っている甘い巨峰や、ピオーネなどの高めのものでなく

ジュースやワインなどの加工用のものを買って

ゼリー作りを20年以上続けています。


大したことではないのですが、

ただ自分が濃厚な葡萄ジュースで作ったゼリーを食べたいだけなのです。

今週初め、八百屋で山形産の「キャンベル」という

加工用の葡萄を見つけ箱買いしました。

一部、同じく葡萄好きな父に送り

残りは、これから

秋の間、葡萄果汁を作って冷凍し、

ゼリー作りを愉しみたいなと思っています。

f0374092_21463584.jpg

この葡萄が出るタイミングが合わないと

なかなか出会うチャンスがなくて

毎年走り廻って探すことが多いのですが

今年は運よく早めに見つけることができてよかったです。


f0374092_21480618.jpg


今年は、多めに葡萄を買えたので

友人にもおすそ分けできるかな。。。

とりあえず、家族用に

今年の初の秋の味

葡萄ゼリーできました。






[PR]
# by teineinakurasi | 2017-09-06 21:54 | お菓子作り | Comments(4)

秋の草花を生ける


小菊や竜胆、ワレモコウ、

秋の草花を籠に生けるのが好きです。


f0374092_20554238.jpg


クッションも秋色の

パープルのリネンのクッションをプラスしました。



f0374092_20565322.jpg


この籠は、日本のカゴではありません。

普段は雑誌などを入れて使っていますが

モロッコ製のカゴです。




f0374092_20592547.jpg


私のブログに登場するリビングのコーナー



赤紫のリネンに衣替え



f0374092_21012110.jpg


季節が変わり始めると

視覚も

夏の明るい色や涼し気な青色から

紫や、茶色、赤、黄色などの秋色に

目が向きます。


涼しさや落ち着き、感じるから不思議ですね。

私は、秋生まれなので

秋が好きです。

日本には、美しい自然に恵まれているので

四季を感じることができます。

今年の秋は、赤や赤紫系の色が流行るようですが

年々似合う色が少なくなってきて

ボルドー系の色を着たいなと思っても

顔移りが悪く、好きな色は似合わないようになってきました。








[PR]
# by teineinakurasi | 2017-09-05 21:08 | はな | Comments(8)

京都のコーヒー


京都は、昔から独特の喫茶文化があり、

カフェもいわゆる喫茶店から、

店主のこだわりをもったあらゆるジャンルのカフェが存在します。

私がまだ中学生か高校生の頃

父とお寺巡りの帰りに寄った街中のコーヒーの店、

周囲を大きなカウンターに囲まれたお店で

お店の名前は憶えていないのですが、

たくさんの人が入れ替わり立ち代わり、入って人気のお店でした。

今まで苦くて大人の味だと思っていたコーヒーが

この時初めて美味しい飲み物だなと。。。

これが人生最初の京都のコーヒーとの出会いです。




そして年を重ねて

ゆっくりコーヒー店やカフェめぐりをできるようになった今、

旅先でいただくのもやっぱり珈琲。

そして、京都のコーヒーは、特に美味しい。

京都のお水は軟水でコーヒーには向いているそうで

コーヒー店の店主は、良いお水が出る井戸から毎朝汲んでいるという。。。




ブログを通じてお友達になったさおりさんから

先月の帰省で会った時

京都のWIFE&HUSBANDのコーヒー豆をいただきました。

さおりさんのブログたIGにも登場していた素敵なカフェで

ブロカントも販売している人気店なのです。



私の好きな中深煎りを選んでくれて

スッキリとした味は、とても好みの味。



f0374092_14291877.jpg



かわいいコーヒー柄の紙物は、

ラッピングと一緒に入っていてとてもかわいくて

カフェタイムを盛り上げてくれます。



刺繍のリネンクロスも、マリベルのクッキーも

さおりさんから



f0374092_14293264.jpg


コーヒー豆を入れている木のスプーンは

「木と根」さんに行った時、お買い物しました。

木のスプーンの横にある木の小さなお皿はさおりさんが

ブロカントショップで見つけてプレゼントしてくれました。

コーヒータイムの時のスプーンを置いたりするのに

使わせてもらっています。

ありがとうございました。

お互い、コーヒーが好き、カフェが好き、ブロカントが好き

焼き菓子、パン好き、京都が好き、

再会した時は、積もる話もたくさんして

ぜひ、いつか、鎌倉のカフェも素敵なところがいっぱいあるし、

お花の美しいお寺もあるので

案内できれば嬉しいです。


今年の夏、初めて

ハリオの水出しコーヒー用のグッズを買って

家で初水出し珈琲を作ってみました。

f0374092_14455777.jpg
京都のコーヒー豆でいただく

水出し珈琲はさっぱりとした飲み心地でした。

ごちそうさまでした。



f0374092_16183948.jpg


[PR]
# by teineinakurasi | 2017-09-04 14:52 | 京都 | Comments(2)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura