<   2017年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0374092_21534834.jpg
新宿御苑

八重桜がたくさん咲き誇り

東京でも4月末までお花見ができます。


f0374092_00032621.jpg


f0374092_21545030.jpg



f0374092_21532992.jpg


御衣黄桜

咲き終わりですが

咲き始めは薄い緑色

咲き進むと白に変わり

ピンクも加わり

最後まで楽しませてくれますね。



f0374092_21560413.jpg


兼六園菊桜希少な桜です。

金沢の前田藩が京都御所から承った歴史のある桜です。

花びらが150~200枚ほどあり

菊のような形状の八重桜

花はほかの八重桜に比べて

少し地位様で葉っぱの下にたくさん花をつけているので見逃してしまいそうですが

この桜を目的に来られているご夫婦がいらっしゃって

教えてあげたら喜んでおられました。

花の中心がほんのり赤くてかわいいです。

兼六園に咲く兼六園菊桜は二代目で

初代(天然記念物)は枯れてしまいましたが

当時の佐野藤右衛門さんが

初代の桜の命を繋ぎ

「接ぎ穂」というやり方で現在も

兼六園で咲き誇っているそうです。








f0374092_21530647.jpg

関山(かんざん)

濃い深緑色の葉に

花も濃いピンク色が特徴


f0374092_21554991.jpg
鬱金(うこん)桜

咲き始めは

緑色で色が白に変わり

最後はピンクに





f0374092_21521603.jpg

f0374092_21520099.jpg
♪この木なんの木♪

(昔のCMに出てきそうな木の形)

気になる、気になる。。。木ですか・

それは、大きな八重桜の木


f0374092_21511904.jpg

関山桜がブランコしているみたい。。。



f0374092_21501086.jpg

まりのようにまんまる


f0374092_21490809.jpg

普賢象桜でしょうか。
(ふげんぞう)

八重桜は桜の終わりの時季に咲くので

ソメイヨシノみたいに

注目されませんが

種類も豊富で華やかですね。

f0374092_21505010.jpg

こちらでは沢山の桜の散った花びらを

花吹雪にする人でいっぱいです。

若い人たちだけでなく

主に海外の観光客かな。


f0374092_00022690.jpg



f0374092_00015817.jpg

散り際も

散った後も美しい。

また、来年に会いましょう。



私の桜ショット&お花見弁当
[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-30 14:48 | 東京 | Comments(4)

おつきあいいただいた

今年の春の桜、

いよいよ最終章になりました。

半木の道から岡崎、そして

平安神宮 応天門をくぐり、

境内へ

本殿の白虎楼の向うに側に見える

紅枝垂れ桜

都の優雅な桜と云えば

「平安神宮の枝垂れ桜」が思い浮かびます。



その優雅な佇まいは

桜の美しさに酔うという言葉が一番あてはまるかもしれません。



f0374092_21354081.jpg


紅の雲と

「細雪」に谷崎潤一郎が表現し

f0374092_21385380.jpg
天から覆い被さるような

一面の紅枝垂れ


今年で三度目ですが、桜の色も濃く紅色に近い状態でした。

この日は午前中、曇り空だったのですが

平安神宮に行ったら

雲が晴れて

青空も見え、

観光客も思ったよりも少なくて

ゆっくりと庭園を見ることができました。

その美しさにため息ばかり。。。


f0374092_21430044.jpg


平安神宮の桜は

3種類の桜の見方があると云われ

2番目の写真のように

仰ぎ観る桜、枝垂れる桜、水面に映る桜




f0374092_21433847.jpg

青丹の社殿に映える

紅枝垂れ桜の美しさに心打たれます。


f0374092_21444753.jpg



f0374092_21450984.jpg

ソメイヨシノや紅枝垂れ、大島桜など

いろいろな品種が美しく融合しています。


神泉苑は、作庭家

小川治兵衛氏によるもの。

池泉回遊式庭園


東神苑まで来ると



枝垂れる桜を

あらゆる角度から眺め


f0374092_21503561.jpg


栖鳳池に出てくると


今度は水面に映る桜


向うに見える泰平閣と一緒に

枝垂れる桜を眺めながら



f0374092_22023572.jpg




簾にかかる桜の愛らしさ



f0374092_21521194.jpg






f0374092_21525149.jpg



このあたりにさしかかると



庭園もそろそろ終わりに近づき



f0374092_21514229.jpg


栖鳳池に映りこむ水面の桜色に

立ち去り難い気持ちになります。


f0374092_21531783.jpg



神苑の外側から白虎楼と八重紅枝垂れ



f0374092_21534871.jpg



f0374092_21542381.jpg



左近の桜は、少し花の時季も終わりを迎えていました。


f0374092_21550131.jpg


今年の私の京都の桜も

これで終わりです。


父と見た桜、思い出と共に見た桜

京都のお友達と見た桜

今年も沢山の美しい桜を魅せてくれて

ありがとう。

次回は東京新宿御苑の

八重桜です。




私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-29 11:08 | 京都 | Comments(8)

京都 半木の道 2017 春



京都 半木の道

賀茂川沿いに

続く800mの紅枝垂れ桜の道

桜守
佐野藤右衛門さんが作られたそうです。


f0374092_16320399.jpg


全て八重紅枝垂れが植えられ

簾ごしに枝垂れ桜が掛かり

京都ならではの風情を醸し出しています。




f0374092_16350122.jpg


北山から北大路までの道を

対岸のソメイヨシノの桜の道と一緒に眺め

道行くひとたちは、

それぞれに記念写真を撮り

今年の京都の桜を満喫している様子。



f0374092_16295228.jpg




f0374092_16363344.jpg


洛北の桜は洛中よりも少し開花が遅く

帰省中に

見ることができるかどうか心配していましたが

咲き始めの八重紅枝垂れ桜は

瑞々しく紅色が濃くて

こんなにも美しいものなのかと

今までここ5年間、

京都の桜を見続けてきましたが

今年が最高の色でした。






雪柳がこんなにたくさん群生していました。


f0374092_16384805.jpg



f0374092_16415898.jpg

川べりをランニングしたり、

自転車に乗ったり、

飛び石を飛んだり、

心安らぐ風景がここにあります。



この桜は少し花びらが細い糸桜

今まで見た時は、

色が白っぽくなっていましたが

咲き始めはこんなに濃いピンク色なんですね。


f0374092_16440276.jpg
こちらの風景を見るといろいろな想いが重なって

涙が溢れてきます。

父も久しぶりに来れて本当によかった。。。






f0374092_16443280.jpg

後世までもずっと残してほしい桜の風景です。




More 半木の道を歩いた後は、岡崎へ
[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-28 06:20 | 京都 | Comments(6)


f0374092_21434714.jpg
京都の桜、後篇です。


私は、4月6日に岡崎から祇園にかけての桜を見ました。



4月12日

今年の春の京都は、二度目です。


父にとっては、今年初めての京都の桜。

私たちにとって、2012年、母と最期に観た桜は

やはり印象深く残っているので

今回は、府立植物園~半木の道~平安神宮のコースにしました。


府立植物園には

JRの京都駅から地下鉄烏丸線に乗り換えて「北山」で下車

半木の道も「北山」の駅から10分ほと歩くと

北山の橋に出ます。


鴨川の流れを聞きながらで桜を見ました

府立植物園は、

枝垂れ桜も、桜も種類が多く

広々とした敷地にのびのびと育ち、

お寺で見る桜とは違った印象で

春の植物との競演もあり、桜の園といった印象です。

撮影 4月12日


f0374092_21493222.jpg

f0374092_21512241.jpg

咲き始めの紅枝垂れは、なんと言っても紅色が濃くて

美しい。。。


f0374092_21521045.jpg


白い枝垂れや紅枝垂れの競演


f0374092_21525068.jpg
緑も加わって

f0374092_21541096.jpg



f0374092_21543249.jpg

f0374092_21545844.jpg

ソメイヨシノ


f0374092_21553197.jpg

八重紅枝垂れ桜


f0374092_21555536.jpg
こちらは、なんと

アメリカの桜です。


桜のほかにも

チューリップも見ごろを迎えていました。

植物園は、広くて

他にもみどころがたくさんありますが

今回次の目的地

(半木の道)に行くために
しだれ桜のところと山桜のところだけ見ました。



f0374092_21564320.jpg

f0374092_21565878.jpg

f0374092_21583249.jpg
半木の道の

紅枝垂れの桜の道は

次回更新します。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-27 11:55 | 京都 | Comments(6)

石上神宮から奈良へ

f0374092_21063520.jpg


石上神宮を後にして

ランチをしたのは、古民家レストランカフェ





駐車場からは、桜が見えます。

石上神宮の敷地の隣にあって、歩いても5分もかからない場所です。

近所の奥様方のランチスポットなのか

平日でしたがとても混んでいました。
f0374092_21121017.jpg


f0374092_21234550.jpg

前菜、メイン、デザートの簡単なコースにしました。

リーズナブルなお値段なのに

お食事もとても美味しかったです。


f0374092_21244470.jpg

(メインとデザートの写真撮り忘れてしまいました。)

ごちそうさまでした。

女性同志なら桜を眺めながらおしゃべり。。。

ですが、私と父は次の目的地へ急ぎました。


ランチをした後、父がもう一度

奈良公園方面に行こうということになり

再び奈良へ。

私、近鉄電車の車窓から見える「大極殿」と「朱雀門」を眺めるのが好きで

奈良へ行くときと神戸へ戻るとき

電車の座席を反対側にして平城京跡を眺めるのが好きです。

父からしてみれば、歴史的な建造物ではなく

現代になって作られて

平城京跡に整備されてから大手ゼネコンが施工したものや。。。

とつれない回答が返ってきますが

頭では、わかっていても

歴史とロマンを感じてしまう場所なんですが

以前玉木宏さんのドラマ「鹿男、あおによし」の舞台にもなりました。

世界遺産(平城京跡)の上に鉄道(近鉄電車)が走っているので

地下化にするみたいですね。。。

地下になったら、こういう風景見られないので

写真を撮れてラッキーでした。



f0374092_21153024.jpg

お土産を買いに再び奈良ホテルへ。。。


f0374092_21413949.jpg
f0374092_21420118.jpg





f0374092_21193298.jpg


f0374092_21354442.jpg

荒池から見える

興福寺五重塔

今にも雨が降り出しそうでしたが

なんとかお天気ももってくれました。



f0374092_21431856.jpg

f0374092_21433541.jpg

浮見堂

4月5日は、大混雑で写真を撮る気力もありませんでしたが


静けさを取り戻していました。


f0374092_21453184.jpg

f0374092_21495301.jpg

この日は、日本人カップル、一組だけで

静かでした。

f0374092_21495676.jpg

ソメイヨシノは白いので

曇り空には、美しさが映えず残念。。。


f0374092_21520606.jpg

こちらの小さな八重桜は

和歌にも歌われた

九重桜でしょうか。。。



「いにしえの奈良の都の八重桜 けふ九重匂いぬるかな」


可憐な八重桜です。

奈良公園には、この八重桜をあちこちで見かけます。


f0374092_21553254.jpg


そして片岡と彫られた大きな石の前で

鹿さんにも会えました。


何気ない奈良の一日でしたが

かわいいニワトリや鹿、可憐な九重桜に出会えて

幸せな一日になりました。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-25 18:55 | 奈良 | Comments(8)

石上神宮へ 2017 春

桜の記事が続いたので、ここでちょっと

小休止。

帰省中に、父と奈良県天理市にある

石上神宮(いそのかみ神宮)へ行きました。

f0374092_13573274.jpg

日本書紀によれば、伊勢神宮と並び日本最古設立の神宮となります。


f0374092_13591270.jpg
重要文化財の楼門


f0374092_14002073.jpg

f0374092_14003337.jpg

f0374092_14020372.jpg

社務所には、

こんな鶏の置物もありました。



f0374092_14413846.jpg

そしてこちらの神宮では、

鶏が神の使いとして大切に保護されています。


今年は、酉年。

昨年末には、こちらの神宮に神のお使いである

「にわとり」を年賀状用に撮りに多くの人が押し寄せたとか。

そのニュースを見て父が

「にわとり」好きの私とぜひ一緒に見に行こうということになった訳です。


これから鶏の写真が続きますので

苦手な方はスルーしてください。


*****************************


f0374092_14060468.jpg

一際目を惹く美しい姿。

伊藤若冲の絵に出てくるような

艶々した立派な羽の出で立ち。

私の中で「若冲」とこの仔を命名しました(笑)


七十二候にちなみ東天紅、烏骨鶏など

約30羽が飼育され境内で放し飼いされています。

鶏は日本古来から暁に時を告げる鳥として

神聖視され「神の使い」とされています。

中でもこの鶏は、私も初めてみた種類で

足の先まで羽で覆われていて

珍しい種類のようで


f0374092_14302965.jpg
縄に囲われて

神域のような扱いの場所に

一羽だけいました。


f0374092_14301452.jpg
f0374092_14375237.jpg
烏骨鶏


f0374092_14151692.jpg
「コケコッコー」と一羽が泣き出すと

ほかの雄鶏も、次々に鳴きだします。


f0374092_14223210.jpg
ウコッケイも

f0374092_14225313.jpg
チャボも

こちらの雄鶏も翼を羽ばたかせて

鳴く準備

f0374092_14243403.jpg

鳴きました。


f0374092_14245395.jpg

鳴き終わった後の

堂々とした姿

ドヤ顔してますね。。。



f0374092_14280073.jpg

こちらの茶色の鶏が一番体も大きくて

神宮の中ではボス的存在なのか・・・

f0374092_14291281.jpg
この雄鶏に向かっていくものはいません。



中でも

こちらの二羽はカップル?と想像したくなるような

仲の良さ

f0374092_14333673.jpg

雄鶏(若冲)と雌鶏が常に一緒にいて

餌を探して地面を突いています。

f0374092_14364829.jpg
白い雌鶏と離れていても片時も目を離さずに

気にしていたようです。

f0374092_14370965.jpg

仲睦まじい二羽なのでした。


子供の頃

ひよこから飼っていたので鶏に対しては

とても愛着があります。

こちらの

鶏たちは、おとなしく、餌場と境内の決められた区域でしか

遊ばないので

社殿まで上がることはない利口な鶏です。

この後午後は、再び

奈良市内に戻る予定なので

1時間あまりしかこちらには滞在できなかったのですが

ちょっと後ろ髪をひかれる思いで

神宮を後にしました。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-24 14:57 | 奈良 | Comments(4)

お花見弁当 2017

関東では、染井吉野はすっかり葉桜になり、今はふわふわ可憐な

八重桜の季節になりました。

でもこの時季、関東近辺では、もうお花見や桜気分の人も少なくなっていますが、

まだまだ八重桜も見ごろなので

私のブログは、しばらくお花見気分が続きますが、

ご容赦くださいね。



先週の日曜

お花見弁当を作りました。

f0374092_00393325.jpg


昨年京都で買った竹かご

豆皿や小鉢にお料理を入れて

京風お花見弁当です。


残念ながら、この日は桜の花を手に入れることができなかったので

桜のコースターや

造花の桜の花びらなどを散らしてみました。。。



f0374092_00453374.jpg


*手前の桜の花びらのお皿には 鯛の昆布〆

*ぼんぼり型の小鉢には わけぎとホタル烏賊のぬた

*桜色のお皿には 出汁巻き卵、菜の花のからし和え、スナップエンドウ、海老、桜の生麩

生麩の田楽木の芽添え

*奥の桜の花びらのお皿、苺

*若竹煮

*鰆の味噌漬け



春慶塗りの重箱にも詰めてみました。

桜湯を添えて。。。


f0374092_00424431.jpg


箸置きもさくら




f0374092_00420327.jpg


御飯は、季節の筍を

炊き込んで「筍ごはん」にしました。




f0374092_00401547.jpg



母が作った縮緬細工も飾りました。



f0374092_00394821.jpg



f0374092_00435588.jpg



f0374092_00454471.jpg


松江のお茶菓子を添えて

春らしい色のお干菓子です。






昨日鎌倉のお花屋さんで八重桜を買い


家で、八重桜のお花見。

明日はお天気も良さそうなので

八重桜を見に行こうかしら。。。




f0374092_16050590.jpg





私の桜ショット&お花見弁当

[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-22 21:23 | 和食 | Comments(0)

桜のお菓子

帰省前のこと。

桜餡と桜の塩漬けを使ってシフォンケーキを作るつもりでいたのに。。。

どこをどう間違ってしまったのか

十分にオーブンで膨らみ時間がきたので

取り出して逆さまに冷やしていたら

型からケーキが落ちてしまい。。。

幸い落ちたところは調理台の上なので

なんとか上向きに修正しました。

わざわざ、取り寄せて買った桜餡だけに

紅茶入れ、週末家族でいただきました。

f0374092_17262420.jpg


なんとも痛い気なこのケーキ

とてもシフォンとは呼べず

リング状なので

「桜のリングケーキ」と命名しました。

プレーンや抹茶を使ったシフォンでは、失敗したことがなかっただけに

ちょっとショックな出来事でした。



f0374092_17291719.jpg

鎌倉のromi-uniの桜のクッキー








[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-22 15:00 | TEA TIME | Comments(0)

祇園白川の桜 2017 春

円山公園の桜に別れを告げて

最後に訪れたのは、祇園白川

少しずつ

日も暮れ始めて

花街の町家の明かりが灯り始めると

昼間の桜とは、また違った

艶っぽさを魅せてくれます。



f0374092_21294895.jpg


紅白の枝垂れが

ちょうど見ごろで、

祇園を愛した歌人「吉井勇」の歌碑が建っています。

「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる」

f0374092_21354096.jpg


ここ数年何度も京都に来ているけど

こんなタイミングよく両方きれいな時に来たのは初めてのような気がします。

祇園白川は、清水寺や他の寺社とともに

京都屈指の観光スポット

柳とからめて撮りたかったけど


最近は写真撮るのも至難の業

かなり体力、精神力が必要。

私は忍耐力がないので難しい。


巽橋付近の染井吉野

f0374092_21372617.jpg

f0374092_21580490.jpg


f0374092_21461656.jpg
八年前訪れたときは、

もう少し静かな界隈だったので

ここ数年でこちらの雰囲気も随分と変わりました。




f0374092_21313171.jpg

今年は人出の混乱を回避するために

ライトアップは中止になったとか。。。



f0374092_21342120.jpg


灯りが

水面にゆらゆら映り、風情があるこの界隈も



撮っている最中は、いろいろな言語が飛び交っているんです。

京都にいながら、ここはどこ?状態です。



f0374092_21564595.jpg
柳がいい感じに屋根にかかって


カフェも祇園白川にお店を出すと

こんな粋な店構えに。。。




f0374092_21445321.jpg

最後は、四条通に出る前に

ソメイヨシノが綺麗だったので

4月6日、最後の京都の桜。。。




さおりさん、桜とともに

想い出に残る一日ありがとうございました。







私の桜ショット&お花見弁当


[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-21 22:38 | | Comments(4)

円山公園の桜 2017 春

f0374092_22043171.jpg
祇園円山公園の桜

数年前は、弱っていましたが、桜守佐野藤右衛門さんのご尽力で

枝ぶりも

美しい形を取り戻し花もたくさん咲き、元気な姿に戻りました。


f0374092_22075471.jpg
一重白彼岸枝垂れ桜


元々、八坂神社にあった樹齢200余年の樹を移植したもの

その後枯れてしまったので桜守佐野藤右衛門氏の父が

種から育てた樹を移植したそうです。

樹齢90年近く経ち、一度は、弱りかけていた樹を

藤右衛門氏が守り抜いてこられたからこそ

こうしてまた華やかな姿に蘇ったのかと

私は感慨もひとしおでした。


f0374092_22100086.jpg

この近くでは、たくさんの人達がお花見をし、写真を撮り、一年の数日間の美しい姿を楽しみにして

年々賑わいを増しています。

その様子をずっと見守り続ける円山公園の枝垂れ桜。

この桜が辿ってきた道を少しでも多くの人に知ってもらえたらと

願うばかりです。




私の桜ショット&お花見弁当


[PR]
by teineinakurasi | 2017-04-21 21:28 | | Comments(0)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura