<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Nabeno Ism へ

上野、博物館庭園のお花見も終わり、

上野から浅草方面へ移動

地下鉄の出口を上がったら



スカイツリーと某ビール会社のオブジェと隅田川の景色が見えました。

お天気も良く

視界良好。

f0374092_17073474.jpg

花より団子のお愉しみのランチタイム

二人とも気になっていた蔵前、駒形にある

ミシュラン☆に選ばれた

フレンチ料理 Nabeno Ism



予約を入れていたので

隅田川の見える見晴らしの良い席へ通されました。

隅田川下りの屋形船の往来を

眼下に眺めながらいただくフレンチ料理

時たま、ライン川下りのような西洋的な船の往来があったり

近未来的な宇宙船のような船が通ったりしたので

お店の人に伺ったら松本零士さん監修で

「銀河鉄道339」を模して造られたそうです。

個人的には、屋形船の方が

江戸情緒はあっていいなと思うのですが。。。



シェフは、以前

大阪阿倍野にあるフランス料理の辻調理師学校を卒業され、その後渡仏

ジョエル・ロブションでも総料理長として腕を振るわれ勇退。

昨年、江戸情緒が残るこの地に

お店をopenされました。


f0374092_17123272.jpg


お店の名前の上には石板がはめこまれて

渡辺家の家紋が刻印され

Nabeno-Ismは、

料理を学んだシェフの原点の地

大阪の阿倍野(abeno)の文字が含まれています。



最初に出てきたのは、

Amuse


f0374092_17160262.jpg
覚え書きとして・・・

感動していただいた料理でも

年のせいか、忘れてしまうことが多く

写真、記録しておくと

読み返した時にまた感動が甦るので

お店からいただいたMENUを書いておきます。


●ブルベリーとグリオットチーズのガスパッチョ
シャルトリューズの香り
●エストラゴンとライムのエキュームをのせて
●浅草老舗との(大心堂雷おこし)のスナック
●アントナン風グリーンオリーヴのマリネ



前菜



f0374092_17214996.jpg

●両国江戸蕎麦ほそ川の蕎麦粉をソースエミュルッショネの技法で炊き上げたそばがき
奥井海生堂蔵囲い2年もの昆布のジュレと塩ウニ

ウォッカクリーム、おろしたてのワサビコンビネゾン




江戸伝統野菜とフランス伝統食材の融合

f0374092_17255291.jpg

●東京うどのマリネとミモレットチーズのマリアージュ
●山形からの山菜をプレッセ仕立てとマリネ
●富山県産ホタルイカのハーブコンフィ、黒づくりのパテを添えて



ココット



f0374092_17312621.jpg
●モリーユの香る豚足入りブーダンブラン
ヴァンジョーヌの香るクリークリュスタッセ
フレッシュモリーユ茸のエチュベとグリーンアスパラガスのココット



メイン

肉料理

f0374092_17343878.jpg

●和牛ほほ肉の赤ワインとオレンジで柔らかくプレゼ
プロヴァンス地方料理「ドーブ」の定義に基づいて
ローズマリーの香るジャガイモの入山せんべいクランブルと
ヴァニラオランジュのスュックをあしらって。。。



1皿めのデサート

f0374092_17374784.jpg

●凍結させた温州みかんとホワイトチョコレートムース

スパイスとラム酒のソースと共に


二皿めのデザート

f0374092_17394259.jpg

●ガトーフロマージュ、ペダルローズ シトロネルのグラス添え


8品ものお料理があり

最後までしっかり食べられるかどうか

最初は不安でしたが

酸味やマリネ、味の変化

和素材や日本の野菜を組み合わせることによって

最後の一皿まで美味しくいただくことができ満足でした。

最後の飲み物は

地元の

台東区日本堤にある「バッハコーヒー」と

駒形をイメージしたお茶菓子をいただきました。


贅沢で素晴らしいお食事

シェフの地元浅草、蔵前、駒形

江戸文化を大切にした地産地消というべき

見事なフレンチでした。

江戸文化に敬意を払い、継承していく

浅草、蔵前、地域

蔵前は、雑貨やカフェなどよく友人と訪れ、古さと新しさが融合した

とても好感がもてるところです。

またフレンチ料理界でも

浅草や江戸文化を大切に継承し

地元のお店の食材を使い

協力して、盛り上げていく

江戸っ子らしい気風の良さを感じた

名店でした。


料理の奥深さ、料理に対する情熱を感じました。

お料理をサーブするサービスマンの方たちも

わかりやすく、素材のひとつひとつについての

調理法、説明もわかりやすくて

スタッフの一人一人に行き届いた

教育がなされ、あらゆる面において

感銘を受けました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-31 17:10 | フランス料理 | Comments(6)

東京国立博物館庭園へ

3月28日

東京上野の国立博物館の庭園が春と秋の2回

庭園が開放されていると知り

お花見を兼ねて行ってきました。

f0374092_22585980.jpg

国立博物館の建物をバッグにしても見劣りしない

美しい江戸彼岸枝垂れ桜

まだ咲き始めなので

花の色は濃いピンク色で

青空に映えてとても綺麗。


前日27日の真冬のような気温から今日は少し肌寒さは少し残るものの

当日の暖かさで少しずつ

蕾もほころぶかしら。。。



f0374092_23005501.jpg


f0374092_23030874.jpg

白壁をバックに咲く桜は

多分「大島桜」でしょう。

f0374092_23040956.jpg

庭園内には

お茶室が移築されていました。

東京国立博物館に行くときは

大きな人気の展示の時が多く

いつも人の波に酔いそうなくらいでしたが

こんな緑に囲まれた静かな場所があったとは知りませんでした。

春と秋だけの公開ですが

秋もまた来てみたいです。

上野の雑踏からも想像できない静けさなのです。



f0374092_23042844.jpg

f0374092_23075856.jpg

春、桜が咲く頃になると「乙女椿」が華やかな時季を迎えますね。


f0374092_23085458.jpg

こちらのお茶室のガラス戸にも

桜の花が映り込んでいました。


江戸彼岸枝垂れ


f0374092_23101109.jpg

f0374092_23102890.jpg

蕾もいっぱいしばらく楽しめそう。。。

f0374092_23115929.jpg

東京国立博物館を後にして

お花見ランチを予定していた

浅草、蔵前方面に向かいました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-30 17:15 | 庭園 | Comments(4)

桜色のサブレ

先週末、桜の塩漬けで

桜のサブレを焼きました。

f0374092_23375137.jpg

f0374092_22483738.jpg

以前作った柑橘のタルトや苺のミルフィーユで余った

卵白を冷凍していたのでそれを使って

メレンゲ菓子も焼いてみました。

レースペーパーに敷いた

左側のお皿

f0374092_23381958.jpg

なんだか遠目に見るとエビせんのような。。。(笑)

メレンゲにイチゴのジャム果汁を入れて

ほんのり苺味になっています。


f0374092_23392213.jpg

横浜のデパートの京都展で買った

俵屋吉富さんの「さくらのお餅」も一緒に

和と洋のコラボです。



f0374092_23431510.jpg
桜の葉の塩漬けを刻んでクッキー生地に入れて

絞りだし、メレンゲが入っているので

食感も軽くいただけます。


f0374092_23454155.jpg

桜やピンクいっぱいのラブリーなテーブルになりました。



桜もそろそろ開花もすすみ、

これから4月の終わり、5月の初めまで

桜の季節が日本列島を駆け巡ります。

私も昨日は、ひと足早く

東京の上野でお花見をしてきました。

上野と言っても賑やかな上野公園ではなく

ちょっと穴場的な静かな場所でした。

次は、東京の早咲きの枝垂れ桜を紹介します。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-29 14:30 | お菓子作り | Comments(8)
今日は、七十二候の中の

「桜始開」

桜の花がそろそろ咲き始める日のことを云います。

それに因んで

今日は「桜の日」

今日は午前中は月一回の病院があったので

真冬の服装で行きました。

途中、ソメイヨシノの桜の花は咲いているかと探して見てみましたが

蕾は見えたものの

今週後半から期待しましょう。





桜のアーティフィシャルフラワーを買いました。

枝もののお花は、お花屋さんで咲いていても

家に持ち帰る時、途中花びらや蕾が落ちてしまうことが多く。

桜のスイーツを作ったり、桜の食事を作ったり

そういう時の飾りに使ってみようかなと思っています。

最近のアートフィシャルフラワー

丁寧にできていて「造花」という感じはさほどしません。


f0374092_23491452.jpg



f0374092_23494515.jpg

f0374092_23502347.jpg

いつも棚もちょっと春を意識して

ピンクのクロスで


f0374092_23511541.jpg


f0374092_23514400.jpg

今年のトレンドカラーは、ピンク

少し暖かくなってきたので

今年買ったスモーキーピンクのスカートをはいて

春の街におでかけしましょうか。。。


土曜日は、桜の塩漬けで

お菓子を作りました。

また、次回紹介します。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-27 15:23 | はな | Comments(2)

柑橘のタルト

f0374092_23172689.jpg





伊予柑、デコポン、土佐文旦、広島ネーブルオレンジを使って

柑橘のタルトを作りました。

イチゴ同様、春の柑橘類が美味しくなる時季

フレッシュな柑橘類は、

酸味と甘さのバランスがちょうど良いですね。

タルトのカスタードクリームは

オレンジの果汁をたっぷり入れて

皮も擦っていれました。

本当は、タルト生地にもオレンジの皮のすったものを入れるはずだったのが

忘れてしまいましたが、

丁寧に果肉を並べて、ドキドキしながら

粉砂糖をふりかけてお化粧して出来上がり。




f0374092_23235397.jpg

先週の日曜に買ったバーレイの食器で紅茶と一緒にいただきました。


f0374092_23252859.jpg


f0374092_23260791.jpg

ブルー系の食器がバーレイ社のもの

キャリコ

アジアンティックフェザンツ

フェリシア



f0374092_23262335.jpg


f0374092_23270076.jpg

フルーツを使ったお菓子作り

これから、暖かくなって

果物がたくさん出回るのが楽しみです。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-26 15:10 | お菓子作り | Comments(4)

佐倉 Manor House  shop 編

f0374092_17223377.jpg
佐倉 Manor House

shopの中は

イギリスやヨーロッパのアンティークやコレクタブルズ

英国食器など

アンティークや英国食器が好きな人には、魅力的なお店

入口のステンドグラスも

素敵です。

1階部分は食器やアンティーク雑貨が中心で

2階が家具


f0374092_17473253.jpg

f0374092_17511297.jpg


f0374092_17260082.jpg

バーレイ社の人気のキャリコシリーズも

たくさんの品揃え


f0374092_17261632.jpg

いろいろな種類のボウルがいっぱい


目移りしてしまいます。


f0374092_17283538.jpg

こちらは、1990年代

自由が丘の雑貨ショップオーナーの

王由由さんの本で人気に火がついた

アジアンティックフェザンツも

たくさんの種類の色のバリエーションで不動の人気


f0374092_17310022.jpg

こちらのコーナーは男の人好みのシックな食器

秋にコーヒーを入れて飲むと似合いそう。

夫はDenby 社のブルーのマグカップを買いました。



f0374092_17491660.jpg
こちらは、フランスのアンティークやコレクタブルズ



*********************************



2階も拘りの空間

こちらも1990年代にブームになったイギリスのキャニスターや琺瑯製品


f0374092_17334463.jpg

シンプルで美しいロゴがおしゃれです。

f0374092_17484138.jpg


f0374092_17353996.jpg


カップボードも
素敵です。

中に入っているコレクタブルの瓶も1990年代流行しました。

骨董市でも高嶺の花

子供の栄養剤の瓶

私も昔買って花瓶にして使っています。


f0374092_17500719.jpg

2階への階段の場所には


ポップなものも多く


木馬などはドラマや撮影の貸し出しもあるそうです。


f0374092_17512097.jpg
お店の紹介はこれでおしまい。



また、京成のバラ園が近くにあるので


バラが咲く季節にも来てみたいな。。。


庭を今作っている途中とオーナーさんが話されていましたが

いつ完成なのか楽しみです。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-25 17:58 | おでかけ | Comments(4)

佐倉 Manor Houseへ

三連休中のことになりますが
f0374092_18134121.jpg

千葉県の佐倉市内の

住宅街を走り抜けると

イギリスのような佇まいの場所が出現

「佐倉Manor House」

コンサバトリーティールームが隣接しています。

佐倉Manor Houseは、イギリスバーレイー社の食器をはじめ

アンティークコレクタブル、ヨーロッパアンティーク雑貨、アンティーク家具を展示販売されています。

「Manor」とは、邸宅という意味で

イギリスから運ばれてきた資材で作られています。

レンガの壁はイギリスの教会の資材だそうで

この重厚感は、まさにイギリスの邸宅といった感じですよね。



明るい光が降り注ぐ

コンサバトリーでアフタヌーンティーをいただきました。

行った時は、開店まもなくだったので

誰もいなくて

たくさん写真を撮ることができました。


f0374092_18142808.jpg


f0374092_18150665.jpg


最近少しずつ集めている

バーレイの食器が、一堂に見ることができるなんて

ドキドキです。


f0374092_18154023.jpg

私はブルーのキャリコシリーズが好きで

今回少しお買い物をしました。


f0374092_18160699.jpg


f0374092_18155770.jpg

こういう小紋柄や藍色というのは、

東洋的でどこか懐かしく

日本人が魅かれる理由かもしれません。


キャリコシリーズのほかにも

アジアティック・フェゼンツやフェリシティやプルナスがありました。



f0374092_18193013.jpg
コンサバトリーは、木と共存していて

自然と光を感じることができます。



アフタヌーン・ティー

いろいろなシリーズで

ポット、プイレートやミルクピッチャーC&Sが出されて

バーレイの食器のファンとしては、嬉しいかぎりです。


f0374092_18170064.jpg


f0374092_18162921.jpg

お食事もスコーンも美味しく

紅茶も2種類の紅茶をいただきました。

アフタヌーン・ティーは

ホテルや、ティールムいろいろなところでいただいたことが

ありますが、こちらが一番イギリス気分を味わえるような気がします。


f0374092_18205575.jpg

窓ごしに眺める景色を見ながら

ゆったりとした時間が過ぎていきます。

f0374092_18214449.jpg


食事の後は

Manor Houseへ。

アンティークや食器を見にいきました。

つづく。。。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-23 18:30 | おでかけ | Comments(6)

春の柑橘

暑さ寒さも彼岸まで。。。

関東地方、連休はまずまずのお天気に恵まれて

連休最終日はとても暖かくなりました。

その影響かもしれませんが

東京の桜の標準木の染井吉野が5輪以上開花したそうで

気象庁が桜の開花宣言を出しました。

今年の春は、寒い日と暖かい日が交互にやって来るようで

桜の開花もゆっくり進み

満開は来週の半ば以降になるらしいです。

f0374092_21472870.jpg


実家から荷物が届きました。

和歌山の知り合いからたくさん柑橘類を送っていただいたので

おすそ分けです。

デコポンや、伊予カン、土佐文旦、八朔

家にあった広島のネーブルも仲間に入れて

写真を撮りました。

これほど、一度にたくさんの種類の柑橘類が集まったのは、初めてかもしれません。

ビタミンカラーです。

柑橘のフルーツを生かした

お菓子を作ってみたくなりました。



f0374092_21532074.jpg


[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-21 21:58 | 日々のこと | Comments(0)

ストロベリーパフェ

三連休ですね。

今日は、週末なので食材を買い出しに行ってきました。

帰宅して、昼食をとってから

すぐ台所に立ち、3時のスイーツの準備に取り掛かります。

今日はイチゴ普通サイズを1パックと

小さな加工用サイズ2パック買いました。

週末のデザートづくりです。


今月はイチゴのロールケーキに始まり、

フルーツサンド、イチゴのミルフィーユを作り

今、嵌っているパフェを作ってみました。


f0374092_17473961.jpg


下にイチゴ果汁でゼリーを固め、サイドにいちごの切った断面を周囲に巡らせ

真ん中の段は、イチゴのムースを

上に細かく切ったイチゴと

ブルーベリー

アイスクリーム(市販のもの)

そして最後にイチゴとミントの葉をトッピング

f0374092_17511674.jpg

こちらは、アイスをのせずに

今日作ったイチゴのジャムのソースを上からかけました。

f0374092_17573886.jpg
ジャムと言ってもしっかり形が残ったもの

デザート用です。


f0374092_17525832.jpg



f0374092_17532203.jpg
時間がなかったので

ゼリーが完全に固まっていないときにイチゴを置いたので

断面をもう少し綺麗に出せばよかったと

反省。。。


f0374092_17542419.jpg

最近のSNSの画像投稿では

断面萌えという言葉があるらしく

今回は「断面」を意識してみました。

パフェ用の小さなグラスをほしいのですが

ネットで探してもsold outになっているものが多くて

沖縄ガラスのコップでパフェグラスに代用しました。

f0374092_17545049.jpg

インスタグラムを意識して

過剰にイチゴを散らしてみました。



息子は出かけているので

夕食の時に出して驚かせてみようと思います。

イチゴ好き男子の判定はいかに??

ちょっとドキドキの私です。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-18 18:08 | お菓子作り | Comments(0)

こでまりの花

f0374092_16522416.jpg

週末、買った春の花

コデマリに薄いオレンジ色のチューリップ

緑色のラナンキュラス

紫色のお花の名前を忘れてしまいました。


f0374092_16550343.jpg
小さい花が集まってコデマリは4月頃に咲き始め

4月の終わり頃に咲くオオデマリは

「ビバーナム」とも呼ばれ

その花が咲くころは春も終わりを告げ初夏へ向かっていく頃です。

そう、考えると

桜が咲いて、春の柔らかい空気に包まれる頃は

3月の下旬から4月下旬までの

ほんのひと月ほどに。。。

秋と同様、春もまた短い間に過ぎてしまうのかなと思います。



リビングのいつもの場所にしつらえました。

f0374092_16542312.jpg




私には珍しく

シックに白と黒のモノトーンで。。。


数日前に撮ったベランダの写真

f0374092_16583993.jpg



ベランダは暖かいので

ひと足はやく

スノーフレークやムスカリも咲き始めています。


f0374092_17000532.jpg



パンジーやビオラ、プリムラは、今が最盛期


今年は、水仙やチューリップの球根を植えましたが

さて上手く咲いてくれるかドキドキしています。

アネモネは蕾が出てきました。




f0374092_17011352.jpg


先日世田谷美術館で

「暮らしの手帖」


「花森安治の仕事ーデザインする手、編集長の眼」

を観てきました。

昨年春から秋までの朝ドラ

「とと姉ちゃん」のモデルとなった

主人公の上司であり

一緒に婦人、家庭雑誌を立ち上げた

花森氏の

戦後の混乱期に市民の生活を心豊かにするためにされた工夫の数々。

着物や浴衣で作る直線立ちのワンピース、

リンゴ箱で作った収納家具や机と椅子

プロに教わるお料理のコツ

「暮らしの手帖」を彩った毎号の本の表紙絵

当時話題となった電化製品や生活必需品、や乳母車など

あらゆる道具を商品テストして消費者の眼から見た

鋭い考察力で

当時の企業もハラハラものだったとか。。。

現在放送中の「べっぴんさん」もそうですが

こうした戦後の混乱期に

市民のために立ち上がって

より良い生活の工夫や子供服を作った

フロンティアの方々がいらしたからこそ、

今の私たちの豊かな生活があるのだなと心新たに感謝した一日でした。

そして彼の絵や表紙には必ずと言っていいほど

ランプが登場します。

終戦後の暗い時代にこそ、

明るく照らしたランプの灯りが

どれだけの人の心を豊かに明るくしたのか、数え知れませんね。

ランプは、心豊かな暮らしの象徴のようなものなのですね。

そういえば、

私もランプが好きで

部屋のコーナーにもいくつかあります。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-03-17 18:48 | はな | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura