<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

実家で

毎年のように母がハロウィングッズを飾っていたので


今年はハロウィン前の10月下旬に帰省したので

少し飾り付けをしました。


f0374092_17154348.jpg


母が集めたかぼちゃの入れ物

大、中、小に並べると

雰囲気が出ます。

実家の庭の紅葉した桜の葉を一緒に並べて

深まる秋の雰囲気を愉しんでみました。

f0374092_17294541.jpg


f0374092_17172853.jpg


9月のウサギ人形も一緒に


かぼちゃの器やオレンジ色のキャンドル

母お手製の布のかぼちゃを配置してみました。


布で作った朱色の実は

母手作りの

からす瓜

秋になると毎年のように

飾っていた母


母が亡くなった後は父が毎年母を偲んで飾っていましたが

今年は私も一緒に飾りました。

そして

父が知人の方と宝塚のダリア園に行き

そちらで花摘みをしてきました。

1本50円でダリアを買えるそうで

家で翌日

ダリアを平皿に生けて

花の写真を撮りました。


布を紅い色と黒い色の2種類で敷き

f0374092_17291012.jpg


f0374092_17292534.jpg


奈良の旅の記事は、また、次回に。。。






[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-31 15:12 | しつらえ | Comments(0)

奈良の旅 

奈良の旅

二日目は、春日大社に参拝して

鹿と出会うこと。

奈良では、万葉の時代から鹿は神の使いとされて

奈良の人々に大切にされてきました。


f0374092_15160346.jpg

たくさんの鹿さんと出会った中での私の中のベストショット

はにかんで

優しい眼差し 幼さが残る 子鹿でしょうか。


3年前に鹿寄せを見た時

ホルンの音を合図にお行儀よく並んでやってくる鹿たちと触れ合って

楽しかった。



3年前は、観光オフシーズンだったからか

日本人が多かったけど

ここ数年、奈良もずいぶん海外の観光客が増えました。

たくさんの外国人が

鹿煎餅をあげて、鹿と触れ合ったり、写真を撮ったり

奈良の観光を楽しんでいるのをみると

ほほえましい光景です。

鹿センベイをもらう時ルールがあり

鹿がお辞儀するのですが、その姿が

外国人に人気があって

最近はそのかわいい姿を見たいために

わざとじらしてなかなか煎餅やらずにいると

鹿が逆に怒ったりしてしまうことがあるようです。

鹿センベイ以外のものも

鹿にあげてしまう子供たちも多くて

思わず、「鹿さんがお腹こわすからだめだよ」と

注意してしまいました。

「神の使い」の奈良の鹿さんには

優しい思いやりのある態度で接してもらいたいですね。




f0374092_15183922.jpg

親子の鹿さん

母鹿と子鹿でしょうか。。。

母鹿の後ろにくっついて

あどけない表情がかわいいです。

f0374092_15191754.jpg


何をさがしているの?


f0374092_15195137.jpg


探し物はみつかった?


f0374092_15202089.jpg

まだまだ幼さも残るけど

りりしい顔立ちをしています。


f0374092_15210953.jpg

こちらは、大人の鹿さん


いいお顔しています。

たくさんのかわいい鹿さんと出会った後は、

式年遷宮で賑わう春日大社へ。。。


この日はたくさん歩きました。



奈良旅行には、スニーカーが大活躍してくれました。









[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-30 15:13 | 散策 | Comments(0)

奈良 西ノ京 薬師寺

唐招提寺から歩いて数分のところに

薬師寺があります。

古都奈良の世界遺産

東大寺、興福寺、春日大社

春日山原始林、元興寺、唐招提寺

平城京跡。

その中の一つ西ノ京位置する薬師寺は、



平城京、遷都の時代には
南都七大寺の一つとして
金堂、東西両塔、講堂、回廊が建ち並び
「竜宮造り」と呼ばれたそうです。

f0374092_14562527.jpg
豪華な絢爛といった印象は


高校生の頃、訪れた時もそういう印象でした。


f0374092_14565046.jpg



f0374092_14585433.jpg

金堂、大講堂


f0374092_14595046.jpg

白鳳時代の国宝東塔は

現在大修理中で

大きな覆いをかぶっていたので
撮影しませんでした。


f0374092_15012329.jpg


今回は日本画家

平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成させた壁画を観たかったのです。

薬師寺玄壯三蔵院 大壁画

シルクロードを描いた大作を傍で感じることができ感動しました。





[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-29 14:39 | 寺社散策 | Comments(0)

奈良西ノ京 唐招提寺


11月の紅葉まで帰省の予定はありませんでしたが

夏以来、すっかり体調を崩してしまい、

まだ、本調子とは言えないのですが



ふと奈良を訪れてみたくなり

数日帰省することになりました。

訪れたのは



日本に仏教を伝来した中国の高僧、鑑真和上が開いた古刹です。

苦難を乗り越えて

6度目にして日本にたどり着いた鑑真和上は

その時は、目も見えなくなってしまったという話はあまりにも有名で

歴史の教科書にも載ってご存知の人も多いはず。

こうして日本に仏教が伝わったこと。

固い信念を持って苦難を乗り越えた鑑真和上の偉業は

今のような簡便に世界を移動できる世の中で生きているものにとって

少し立ち止まって考え、訪れてほしいお寺です。






f0374092_10353742.jpg



f0374092_11091227.jpg

南大門

f0374092_11085521.jpg



f0374092_11081582.jpg

金堂



平成の大修理を終えた美しい伽藍の数々




f0374092_11111435.jpg


f0374092_11112736.jpg


f0374092_11114536.jpg





f0374092_14535982.jpg


f0374092_14534147.jpg
f0374092_11102517.jpg

美しい土塀



f0374092_14542487.jpg

f0374092_11105181.jpg

もう、つわぶきの花も咲いていました。


境内には、ひとあし早く

紅葉している場所も


f0374092_10515440.jpg

そして御影堂近くの

道端には、萩の花が楚々として咲き誇り



f0374092_10512936.jpg


美しい瓦屋根

これも奈良の心打つ風景のひとコマ


f0374092_11100244.jpg




f0374092_10520733.jpg

宝物館で見た木の仏像はじめ、金堂のしびや勅額など

天平の息吹きを感じることができる宝物ばかりでした。


f0374092_14552413.jpg

特にその美しさに感動したのは、

頭部両手部分を無くしてしまった

「唐招提寺のトルソー」と云われる仏像


京都や鎌倉で見る仏像とは

異なり

奈良の木彫の仏像の「素」の美しさに感動しました。


静謐な境内を散策しながら

なにかしら

心の中に少しエネルギーをいただいたような気がします。

こうして

古刹や四季の花々を撮ることが

私にとって

やはり心落ち着くことだなと改めて思いました。






[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-28 11:49 | 寺社散策 | Comments(0)

ホワイトのハロウィン

f0374092_18084003.jpg

今年のハロウィンはちょっと大人っぽくシンプルにコーディネートしてみました。

お花屋さんで白いかぼちゃをみつけて

ハーブのリースや

大好きな白い器と合わせてみました。


f0374092_18101563.jpg

壁に飾っている刺繍は

母が作ったもの。

刺繍が大好きだった母、

ちょうど秋にぴったりな色合いで

刺繍を見ながら母のことを想いだしたり。


f0374092_18124162.jpg

[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-21 18:06 | しつらえ
f0374092_17592492.jpg


先日青山に行った時

cafe shozoでスコーンを買いました。

ことしの秋は長雨と暑さで

なかなか秋を実感する日々がなくて

ようやく温かな紅茶を飲みたくなり

ほっこり一人でTEA TIME です。

お気に入りのバーレイ社のキャリコのC&S

アルディンのリネンクロス

イギリスのポットブラウンベティで。。。

いただきました。

体調を崩してから珈琲た紅茶もしばらくクリームやミルクを入れて飲んでいます。

f0374092_18040003.jpg

一番右側の風景の絵皿は日本製

日本が戦後輸出していた時のものだそうで

外国の食器と置いても違和感なく溶け込んでいます。



[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-19 17:57 | TEA TIME | Comments(2)
先週、フラワーアレンジメントの教室がありました。
八ヶ岳高原で

お花を栽培されている花農家さんから


先生がダリアと千日紅を仕入れてくださいました。

今回はアルミのトレイにオアシスを乗せて

低く生けました。

当日、や翌日ゆっくり写真を撮る時間がなくて

残念なことをしました。

もっと新鮮な時に撮れていればよかったのですが

ここ数日バタバタして余裕がない私です。



f0374092_17350486.jpg
他の花材は、

マムやケイトウ、キバデマリ、丁子草、千日紅、かぼちゃ

紫式部ににたような実はシンフォリカルボスの仲間ですが

名前を忘れてしまいました。



深緑色の一見黒ぽく見えるかぼちゃを

前に配して

オアシスが見えないようにしました。

以前に買った白いかぼちゃと一緒に置くと

シックな組み合わせになり気に入っています。

アレンジメントの後、

友人をよんで

急遽用意したランチでおしゃべりタイム

メニューは秋を意識したサーモンパイと

コリンキーのスープ

葡萄のゼリー

f0374092_17405132.jpg



[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-17 17:55 | はな

秋バラの布花

9月のことになりますが

布花教室があり、参加してきました。

f0374092_20595811.jpg
今回はシックな色の秋バラを作りました。

家に帰って

布花を入れる適当な箱がないかと探していましたが

イイホシユミコさんの食器の箱が

大きさもちょうど良くて中のペーパーともマッチしました。

f0374092_21021503.jpg

お気に入りのコットンパールのネックレス

軽いので

普段使いに愛用しています。


f0374092_21031247.jpg


f0374092_21033011.jpg

向こう側に見えるのは

憧れのカゴバッグをようやくお迎えすることができました。




[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-15 21:05 | 布花

焼き菓子

先日、プレゼントで

サダハル*アオキの焼き菓子をいただきました。


久しぶりにテーブル*コーディネートしてみました。


f0374092_18034972.jpg

バターや洋酒、アーモンドの香りがきいた

フロランタン

レモンの香りとバターの香りが豊かなマドレーヌ





f0374092_18032760.jpg

さすがパリのパテシィエの焼き菓子

とても美味しくいただきました。





白をメインに自作のパッチワークのテーブルクロスや

フェリシモで作った

ホワイトキルトなども使って

温かみのあるホワイトコーディネートです。



f0374092_18070131.jpg

洋食器は

イギリスのスポード社のもの。

水差しはフランスのアンティークです。


ピンク色の実は

シンフォリカルボス

優しい秋色ピンクです。

f0374092_18124224.jpg



f0374092_18130181.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-13 18:15 | テーブルコーディネート

秋桜

3連休の最終日

横須賀の久里浜「花のくに」へコスモスを見に行きました。

5分咲きという

門の前の看板に少々テンションは下がり気味でしたが

中に入ってみると

そこそこに可憐なコスモスが風に揺れて咲いていて

愉しめましたよ。

f0374092_17110955.jpg

吹く風も秋の涼しい風が吹き抜け


f0374092_17113219.jpg


女子カメラ風に

ふんわりとやさしい感じに。。。



f0374092_17152154.jpg

風に揺れるコスモスは、

かわいいですね。


f0374092_17130895.jpg



f0374092_17143991.jpg

園内を走っているミニトレイン



f0374092_17124939.jpg




[PR]
by teineinakurasi | 2016-10-10 17:20 | はな | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura