カテゴリ:旅行( 10 )

北海道旅行 美瑛

少し間があいてしまいました。。。

北海道旅行、3日めは

美瑛の丘

色とりどりの作物が植えられた丘、

畑の作物の色の違いがパッチワークのような景色になって

北海道ならではの雄大な風景

そして、昭和のCMで使われた木々や丘なども

人気スポットになって

こちらも日本人だけでなく海外からの観光客も

人気のようです。

f0374092_17521864.jpg

ぜるぶの丘




f0374092_17524865.jpg
ケンとメリーの木

4代目日産スカイラインのCM
「ケンとメリーの木」シリーズに登場したポプラの木

樹高約31m

f0374092_17553488.jpg

畑の色がそれぞれに異なり、パッチワークのよう


f0374092_17565838.jpg

北西の丘公園の展望台からの風景



f0374092_17580064.jpg




f0374092_18011053.jpg

f0374092_17581805.jpg

マイルドセブンの丘

丘の頂にカラマツの防風林が横一列に並んで

1977年マイルドセブンのパッケージに使われた観光名所になった。




f0374092_18003916.jpg



f0374092_18014753.jpg

麦が青く美しい


f0374092_18024162.jpg

じゃがいもの畑は白い花が咲いていました。




f0374092_18034939.jpg

セブンスターの木


1976年タバコ

セブンスターのパッケージに採用されたカシワの木

こちらも人気の撮影スポット





[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-20 18:11 | 旅行 | Comments(8)

北海道旅行 青い池

f0374092_18175579.jpg

白金 青い池

真っ青な水面の神秘的な池。

十勝岳の火山泥流対策工事の際にでき

アルミニウムなどを含んだ地下水が美瑛川の水と混じることによって

こうした色になる。

残念ながら、午前中から午後にかけて晴れていたのに

富良野方面についてから

雲行きがだんだん怪しくなって

青い池の駐車場についた途端に

雨が降り出し

なんとか数枚写真を撮りました。




f0374092_18182375.jpg


立ち枯れた
カラマツの木々が

幻想的です。


f0374092_20471888.jpg



[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-17 20:49 | 旅行 | Comments(4)
f0374092_18204274.jpg


富良野と言えばラベンダー畑

十勝岳連峰と夕張山地に挟まれた富良野盆地は北海道のほぼ中心に

位置するので「へその町」とも呼ばれています。

ファーム富田

昭和33年からラベンダーを栽培。

昭和51年急国鉄のカレンダーに使われて富良野のラベンダー畑が

全国的に広まるようになりました。

12万㎡園内の7つの花畑があり中でも

トラディショナル ラベンダー畑は、

園内で一番歴史のあるラベンダー畑

約1万㎡の斜面が

ラベンダー一色に彩られて丘の上からも

美しい風景が楽しめます。




f0374092_18344871.jpg


ホワイトバランスを変えて

ちょっとブルーを濃くして撮ってみました。。。



f0374092_18343155.jpg


f0374092_18405399.jpg


ラベンダーの効用は、気持ちを落ち着かせ沈静作用があること。


売店で「おかむらさき」という

精油を買いました。

別に買ったラベンダーのポプリを

布袋に入れてラベンダーピローを枕に入れると

安眠できるようです。


f0374092_18411562.jpg

f0374092_18413117.jpg




f0374092_18415009.jpg


f0374092_18421418.jpg

f0374092_18422935.jpg

f0374092_18424456.jpg

夏のお花も咲き始めて

f0374092_23190009.jpg

彩り豊かな花畑の景色も楽しめます。


富良野のハイーシーズンは7月中旬ごろ

少し早かったですが、

ラベンダーも咲き始めていたのでよかったです。

(2017,7,1)


[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-15 23:45 | 旅行 | Comments(6)
北海道旅行、二日目

富良野にある

「風のガーデン」 に行きました。

倉本聡さん脚本でテレビドラマで放送され

その舞台となった「風のガーデン」

ドラマのために作られたガーデンです。

ガーデンのデザインは、上野ファームの上野砂由紀さんが手掛けました。



f0374092_14102126.jpg

グリーンハウスを中心に

メインガーデンがあります。


f0374092_14201766.jpg


f0374092_14055703.jpg
初夏の花

カンパニュラやルピナスなどが咲き

緑のグラデーションとの対比が素晴らしい。



f0374092_14124202.jpg




f0374092_14131629.jpg


f0374092_14133175.jpg


f0374092_14142537.jpg


庭園の入口には、今咲いているお花を詳しく写真入りで紹介。

今まで訪れた、上野ファーム、大雪森のガーデンなども同様に紹介していました。


f0374092_14194553.jpg


グリーンハウス

f0374092_14043703.jpg

ドラマの主人公白鳥家が暮らしていた家がそのまま残されて

内部は見学できます。

f0374092_14073893.jpg

ドラマの数々のシーンがよみがえってきます。



f0374092_14075712.jpg
押し花を紹介


f0374092_14094745.jpg



f0374092_14172903.jpg

庭園の奥のエリアには

バラ園があって

f0374092_14222252.jpg

オールドローズや薔薇の原種などが咲き

ドラマの登場人物の名前の薔薇もあります。

「ルイの涙」や「岳の夢」など


f0374092_14212179.jpg



f0374092_14274438.jpg


f0374092_14280606.jpg

自然のままのような

お花畑もあったり、


f0374092_14301718.jpg



f0374092_14302860.jpg
可憐な花々が

咲いて


f0374092_14304006.jpg

緑の中でのんびり散策できるガーデンでした。


「風のガーデン」は新富良野プリンスホテルからシャトルバスで5分ほど。


ホテルの敷地には、


いろいろなクラフトが売られています。

奥には、珈琲「森の時計」があって

ドラマ「優しい時間」で主人公が営む喫茶店も

現在も営業続けています。

富良野も外国人の方に人気のスポットでした。



「森の時計」の珈琲屋さんにも行ってみたかったのですが

この後は、

富良野のお野菜を使ったスローなカフェ

cafe ゴリョウへ。。。




[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-13 14:53 | 旅行 | Comments(4)

大雪森のガーデン

雄大な大雪山を一望できる

北海道の大自然を生かしたガーデンです。



f0374092_16221731.jpg



森のガーデン

入口テラス


f0374092_16230301.jpg

ここは、入口ですが、帰り際

閉園時間に撮ったので


ひっそりとしています。


f0374092_16202448.jpg
二つのエリアに分かれていて

「森の花園」は、前回紹介した上野ファームの

上野さんが手がけた
大自然と花を融合させたガーデン


f0374092_16235474.jpg
カムインミンタラ

神々が遊ぶ庭





f0374092_21353968.jpg

f0374092_21364500.jpg


f0374092_21374333.jpg




f0374092_21384316.jpg



f0374092_21420838.jpg



f0374092_21413078.jpg


f0374092_21433988.jpg


f0374092_21441790.jpg




f0374092_21453923.jpg


f0374092_21463082.jpg


後ろに立つと花のドレスを身に着けているような写真が撮れます。

関西から来た中年のご婦人グループが楽しそうに写真を撮られていました。

私も友達同士だとノリで

ツインドレスのところで絶対、撮っていたような気がしますが。。。

今回は、景色のみで

でも人が後ろに立った方がドレスのように見えるかもしれませんね^^


大雪森のガーデンで

大きな収穫がありました。

以前からずっと見てみたかった

ヒマラヤの青いケシ(メコノフシス)

に出会えたこと。

標高の高いところにしか育たないので

植物園で撮られた写真は父から見せてもらったのですが

自分の目で咲いているところを見たのは、初めてで

鳥肌が立つくらいの感動でした。

「天上の妖精」とも呼ばれ

深い青色が

神秘的な美しさです。




f0374092_21470595.jpg


f0374092_21474119.jpg



f0374092_21484969.jpg




f0374092_21501845.jpg

ピンクの花

花の名前がわからないですが

あまり、こちらでは見かけたことがないです。


f0374092_21511394.jpg

閉店ギリギリでしたが

季節のジェラートをいただきました。



北海道旅行

一日目は終わり、ちょっとしたアクシデントがあったりしましたが

まあ、いい経験だったなと。。。


二日目は富良野方面を散策です。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-12 14:28 | 旅行 | Comments(4)
上野ファームガーデン

NAYA cafe
f0374092_21571455.jpg
大きな古い納屋を改装したカフェは

築65年以上経っています。

古い佇まいを残しつつ

店内には、上野ファームのグッズが売られています。


f0374092_21582750.jpg

お庭の緑を借景に

ランチをいただきました。

f0374092_22000741.jpg

店内の写真も撮りたかったけど。。。

お食事をされている人もたくさんいてやめました。



季節の野菜キーマ風、薬膳カレー


f0374092_22062381.jpg

ベンチを使った花あしらいも素敵


f0374092_22073341.jpg


f0374092_22075939.jpg


鳥のオブジェと矢車草



f0374092_10335502.jpg


f0374092_22090252.jpg

鳥の巣箱がありました。

スズメかな、木の枝にとまっています。


f0374092_22110096.jpg




f0374092_22113389.jpg



f0374092_22153577.jpg

淡いピンクのジキタリス




f0374092_22135762.jpg

白樺の小径

白樺は、少女の頃から

おとぎの国に迷い込んだような

気持ちになる。。。

年を重ねても同じ。。。




f0374092_10322610.jpg

ベンチをからめて写真を撮るのが好き。。。



f0374092_22160014.jpg
ラムズイヤーなど

グリーンのグラデーション



f0374092_22175840.jpg

赤い花はポピー



f0374092_22182885.jpg
最後に。。。



上野ファームの入口

また、季節を変えて

訪れたいです。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-11 10:39 | 旅行 | Comments(6)
6月30日~7月2日まで北海道へプチ旅行。

今回は、私が以前から行きたかった場所

道央にある旭川から帯広にかけてのガーデン街道めぐりと

富良野、美瑛の丘、そして最近話題のスポット青い池にも足を延ばして

最後は旭山動物園へ行ってきました。

6月30日

雨の羽田を出発、旭川は快晴、

気温は、30度近くありました、

お昼ずぎ、旭川に到着、

レンタカーを借りて最初に向かったのは、

北海道のガーデンブームの火付け役となったお庭

「上野ファーム」



イングリッシュガーデンをベースに

北海道の気候風土にあった花や木が植えられ

6月から7月にかけては、薔薇やルピナス,

ジキタリス、矢車草、

初夏を代表する花々やまだ見たことのない鮮やかな花など色とりどりに彩られた美しいガーデンでした。




f0374092_14250997.jpg
サークルボーダーガーデン


f0374092_15312586.jpg

上野ファームは

代々続く開拓農家でこの地で農業を営んできたそうです。

ガーデンづくりのきっかけになったのは、

お米の販売を始めてお客さんが農場や

農場の風景を楽しんでもらおうとあぜ道や農道の脇にハーブや花を植えたのがきっかけで

景観づくりを行うようになり、のちにマザースガーデンで

小径を作り花を植え

上野ファームのきっかけになったそうです。


f0374092_14271366.jpg




f0374092_15131365.jpg





*********************************




f0374092_15055592.jpg

マザーズガーデン

上野ファームが始まった園内で一番古いエリア、

「マザーズ」と呼ばれるのは

上野さんのお母様が手掛けるガーデンだから

お母さまのお人柄を表すようなおおらかで

自由でカラフルなお花がたくさん植えられています。


f0374092_14353016.jpg



f0374092_14422841.jpg


f0374092_15374591.jpg

f0374092_15400735.jpg

ホタルブクロ


f0374092_15405225.jpg


クレマチス

f0374092_15414629.jpg

********************************


木の声が聞こえる庭

f0374092_15291371.jpg

f0374092_15430504.jpg




**********************************



射的山
f0374092_14484906.jpg

屯田兵の射的の練習場だったファームの後ろの丘にある小さな山


ルビナスの花がちょうど見ごろを迎えて

緑にカラフルな花の色が映えて

山のお花畑のような雰囲気




f0374092_14493635.jpg




f0374092_14521760.jpg


射的山の頂上からの眺めも雄大で気持ちよく


今度はこちらから下って

ノームの庭へ




****************************


2016年にグランドオープンした「ノームの庭」

ノームとは、

ヨーロッパに古くから伝わる小人の名前

ノームの家の

周囲には、色とりどりのお花が植えられて

いろいろな角度から愉しめます。

f0374092_15000235.jpg


f0374092_14554519.jpg




f0374092_15032804.jpg

f0374092_15343159.jpg


次へ続く。。。


[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-09 15:59 | 旅行 | Comments(4)

北海道へ

f0374092_16591615.jpg

週末、二泊三日で

北海道の道央方面に旅行に行っていました。

一日目旭川の上野ファーム、大雪山グリーンガーデン、
青い池

二日目は、フジテレビドラマ
「風のガーデン」の舞台になった

風のガーデンと、青い池

二日目は午後から天気が急変して

午後は雨が降り、青い池も少しだけ見て写真を撮っただけで終わってしまいました。

三日目も変わりやすいお天気でしたが


美瑛の丘、富田ファーム富良野

旭山動物園を巡ることができました。

今週は前半用事もないので

ゆっくり写真の整理ができると思ったら

写真の設定を夫が現地で変えたら

家でパソコンに落とすと

写真を取り込めなくて、、、

週末から来週にかけてぼちぼちと更新します。

北海道の写真

アップできたらなと思います。

とりあえず、富良野のファーム富田の

トラディショナルラベンダー畑のラベンダー







[PR]
by teineinakurasi | 2017-07-05 17:13 | 旅行 | Comments(6)

長野 善光寺詣り



f0374092_17222737.jpg

二日目、長野善光寺詣りです。

こちらは、仁王門前

初夏に紅く染まるもみじと青もみじのコラボ

美しいですね。

善光寺に以前来たのは、まだ20代の頃

信州の山に行った帰りに寄ったけど

大きなお寺で確か絵馬は買いましたが、

あまりその時の記憶がなくて

信州大の学生さんと写真を撮った記憶しかありません。

わかい頃は、おしゃべりに夢中で

その時その時楽しければいいというだけで

今回は、しっかりと記憶に残る大人な旅にします。




f0374092_17234216.jpg


朝、少しずつ参道もにぎやかに


f0374092_17242898.jpg

六地蔵


f0374092_17244660.jpg

山門の前まで来ました。









f0374092_17345436.jpg

山門の下から本堂を眺めます。






f0374092_17353294.jpg


善光寺 本堂

1707年に再建された善光寺本堂は江戸時代中期を代表する

仏教建築として国宝に指定されています。



f0374092_17354518.jpg
善光寺の

文字の中に4羽の鳩と牛の顔が隠れています。
(5羽の鳩)


さあ、見つけられるかな?

(答えは最後に書いてます。)

今回は、本堂の中に入り

「お戒壇めぐり」をしました。

お戒壇めぐりは、ご本尊の安置される瑠璃壇下の真っ暗な

回廊を通り、中ほどに懸かる

極楽の錠前を探り当てて

秘仏のご本尊と結縁する道場です。

真っ暗な暗闇で前も全然見えなくて

頼りになるのは壁を伝って歩くこと

友人と途中はぐれそうになり不安になりましたが

何とか手をつないで錠前も探り当てて

無事に上まで上がってこれて安堵しました。

ご利益あるといいのですが。。。




そのあとは、

有料ですが山門の上まで登れるとのこと

以前、京都に行ったとき、南禅寺の山門に上ったことがあって

階段の傾斜が急でした。

今回も京都の南禅寺ほどではありませんがかなり急な階段を上り

山門の上へ。

後ろの仏像の写真はNGですが

景色の写真はOKということで記念に。



f0374092_17372766.jpg




「牛に引かれて善光寺参り」ということわざはよく知られていますが

意味は

信心のない老婆が布に角をかけて走っていく牛を追いかけて

ついに善光寺に至り

その後老婆は信仰を厚くするという話で

思ってもいないことや

他人によって良い方向に導かれるというたとえです。





境内を散策していると

某乳業メーカー 協力

「善子ちゃん」と「光子ちゃん」

本物の牛には出会えませんでしたが

かわいい牛と出会えて記念撮影しました。



「かどの大丸」


参道の角のお店の手打ちそばのお店に入りました。

300年以上創業の店で

f0374092_21083797.jpg

長野県産と国産のそば粉を使った二八そばです。

更科そばをいただきました。

あっさりしてとても美味しかった



f0374092_17582633.jpg

信州に来たからには、お蕎麦は、外せませんね。。。


f0374092_18001406.jpg

参道前は、古い昔の街並みを残した地域で

郵便局もこのようなたたずまい

宿坊もたくさん建ち並び

お寺の門前町の風情を醸し出していました。




そんな中でも異彩を放っていたのは、ソフトクリームのお店

生産地にもこだわっています。

f0374092_21095810.jpg

私たちがたのんだのは、

とてもフォトジェニックなお地蔵さんをトッピングしたソフトクリーム

CHILLOUT &ソフトクリーム


「六地蔵のソフト」

f0374092_16102441.jpg


長野で最後に寄ったのは

歴史のある建物で

明治時代の文化人や総理大臣も宿泊したところ。

現在はウエディングとカフェレストランになっています。

その続きは次回に。。。




牛の顔 善光寺の(善)の文字が牛の顔に見えるように

鼻の穴が書かれています。

鳩五羽 は、水色の〇印です。


f0374092_16325288.jpg


[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-11 00:36 | 旅行 | Comments(2)
GW明けになりますが

友人と一泊旅行で長野市に行ってきました。

旅の目的は、

5月末で休館する長野しなの美術館、東山魁夷館に行くこと。

f0374092_15231311.jpg



休館するとしばらく開館まで具体的なことが決まっていないようなので

いつか行ってみたいという漠然な気持ちだったのが

友人と私の気持ちを動かし先月の中旬に急きょ決めた旅でした。

本来なら長野に行ったら、周辺のいろいろな場所を訪れて観光するのが

本筋なのかもしれませんが

今回の目的は、1日めの午後長野に着いてから

しなの美術館と東山魁夷館で作品を見ること。

東山魁夷館は、世界で一番東山魁夷の作品や、習作、スケッチなどを所蔵する美術館です。



東山画伯は、皇居の壁画や、

奈良唐招提寺の障壁画、ドイツ、北欧を旅してのヨーロッパの旅の絵

川端康成からのすすめで描かれた「京洛四季」


そして、東山魁夷の絵で

八ヶ岳、蓼科の高原の湖に佇む白馬の絵といえば

ご存じの方も多いはず、、、

「緑響く」


信州の山々の風景や自然、に大きな影響を受けた画伯は

晩年、画伯の作品を長野県に託すことに決め

長野県が東山魁夷館を建て現在に至ります。

しなの美術館の老朽化で今回の長期休館が決まり

東山魁夷の絵が好きな私たちは居ても立っても居られず

休館前に、念願の画伯の絵画、多数を観ることができました。

f0374092_15235437.jpg



都内の大きな美術展によく通う私たちですが

素晴らしい名画なのに、

押し合いへし合いの状況で

無意味なおしゃべりや雑音、周りを顧みない行動などで

絵画を見に行ったのか疲れに行ったのかわからないときがあります。


地方の美術館では、都会の美術館では味わえない利点。

来館者は落ち着いていて少なめですが、その分、

作品をこころゆくまで、対峙して鑑賞することができます。

館内でゆっくりと鑑賞しながら、奥へ進むと

私の好きな京洛四季の「花明かり」(円山公園の桜を描いた絵)や

「唐招提寺月明」などの(唐招提寺の月夜を描いた)

習作などが展示されている場所で佇んでいると

1階の映像室からモーツアルトのピアノ協奏曲の第二楽章が流れてきました。

自然と目に熱いものが流れてきました。

東山さんの絵画は、自分が行った場所もそうですが

まだ行ったことのない場所に自分がその場所にいるような感覚になります。

そして観るものの心を穏やかに心鎮めさせてくれるような。

寺院や教会に入って神聖な気持ちになるという感覚に似ているような気がします。




*****************************

今回は、電車の旅なので

重いカメラはやめてコンデジとスマホで写真を撮りました。


東山魁夷館は善光寺の近くにあります。

途中城山公園で

白い藤が満開になっていました。



f0374092_15255785.jpg
f0374092_15292090.jpg



f0374092_15210584.jpg
善光寺の参道もすっかり人の通りも少なくなって

お店も閉店時間か、

昼間の賑わいもなくなりました。


さて、翌日は、長野の善光寺参りと善光寺近辺をぶらっと散策、そして最後に

もう一度魁夷館に行きます。



[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-10 16:23 | 旅行 | Comments(4)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura