カテゴリ:料理( 3 )

f0374092_14403743.jpg

実家の父が

瀬戸内の焼き穴子を送ってくれました。

関東では、穴子は生から調理して

煮穴子、穴子のてんぷらで

いただくのが定番

関西では焼き穴子にしてから

寿司やもろもろの料理に入れて使うのが一般的。

江戸前の食べ方も好きですが

やはり、穴子は焼いてある関西風が私にとっては

昔から食べ親しんできた味なのです。

f0374092_14453026.jpg
押しずしには

間にシイタケの甘煮と木の芽を入れて

甘辛にしました。

椀物は、大阪の「ウスイエンドウ」が大量にあったので

柔らかくしてからミキサーでスープ状にし

カツオと昆布出汁で和風に

少々時季外れでしたが

桜葉を巻いた道明寺粉をスープに入れました。

5月の旬のお野菜、豆やアスパラなど

彩りよくゼリーにしてみました。

f0374092_14513233.jpg

緑色のお皿で初夏の食卓を演出してみました。





[PR]
by teineinakurasi | 2017-06-04 10:31 | 料理 | Comments(8)

春パスタ


家族の食事の時間は、ほぼバラバラで

週末や休日のランチや夕食は

できるだけ手作りするように

心がけています。

お昼だし、買い物帰りだし

面倒なので

外食しようよと言いたいところですが

そこは、ぐっと我慢。。。

f0374092_18315967.jpg

産地直送のお店では、

新鮮な春野菜を、スーパーでは、春らしい食材

桜えびやこの時季美味しいアサリを買ってきて春パスタを作りました。

身がぎゅっと詰まって旬の味。

熊本県産です。



パスタのお店でもないのに

何故、家族3人のパスタ二品を作ったかというと

息子が貝類が食べられないので。。。


でも、2品同時進行で作ったら大変でした。

買い物帰りで、食材の片付けをして冷蔵庫に入れたり

テンテコマイの中で作ったので

久々にクロスを敷いておしゃれなセッテイングをするつもりだったのですが。。。

準備していると

「昼御飯、まだ?」とせかされて


おまけに写真も撮らなきゃ~

カメラ、カメラなどドタバタしてたら

盛り付けがあまり美しくない。

今日は、言い訳ばかりのブログになってしまいました。

休みが続くとお昼ご飯作るのは大変。。。


パンは葉山のブレドールでドライトマトとオリーブのパンです。

f0374092_18322517.jpg

4月の週末の出来事です。






[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-13 15:19 | 料理 | Comments(0)

若葉の季節のお弁当

5月7日

連休最終日

五月の旬の食材と言えば

新緑の季節にぴったりな豆類が豊富に出回ります。

スナップえんどう、そら豆、グリーンピース、きぬさやえんどう、

先日父が「豆ごはん」の時に使う豆

関西、大阪方面でとれる「ウスイエンドウ」を送ってくれたので

連休前、豆ごはんを作りました。

関東では、「グリンピース豆」しか出回っていないので

それしか使うことがないのですが

甘みが多く豆類独特の匂いも少ないので

食べやすくて豆ごはんの好きな夫は大喜び。

連休最後の日は

この豆を使った豆ごはんと旬の素材と豆を生かした

季節のお弁当を作ってみました。

f0374092_14521215.jpg

f0374092_14530483.jpg
うすいエンドウの豆御飯のおにぎり

手前の円錐型の器には

塩ゆでしたそら豆

竹の入れ物には

父が送ってくれた筍で木の芽和えを作りました。

奥は、桜エビとスナップエンドウ、新玉ねぎのかき揚げ





 
f0374092_14524746.jpg


黄色のお皿には

ヨモギ麩の田楽

串に刺したものは、鶏肉の団子木の芽添え、出汁巻き卵、青もみじの生麩

お椀には

グリーンピースのすり流しと海老真丈

デザートは

デコポン、

頂き物の抹茶のパウンドケーキ黒豆入り


f0374092_15030138.jpg

お豆さん大好きの夫

とても喜んでくれました。

息子は、豆が苦手、私はこの二人の間で

いつ豆ごはんを作るかタイミングを見計らっていましたが

息子は日曜日が出かけることになり

夫も休みの日で

私も朝からゆっくりと料理に集中できました。

亡くなった母が

岐阜高山に旅行した時に

気に入って買った春慶塗りのお重箱

私が引き続き大切に使っていきたいです。








[PR]
by teineinakurasi | 2017-05-07 15:15 | 料理 | Comments(8)

つれづれなるままに暮らしや旅の記憶を綴ります


by sakura